<   2013年 01月 ( 48 )   > この月の画像一覧

目元くりくりオリックス

背景にある柵が思い切り画面に写り込んでしまうため、素通りすることが多いのが
オリックスのところである。ここにはアフリカハゲコウもいるのだが、脱走騒ぎを
起こして以来、ネットが張られて活動範囲が狭められてしまった。そんな理由から
以前ほどカメラを向けることがなくなったのだ。ところが、久々に出掛けて気分が
新鮮だったからか、今回は違った。なんとかできないかと思ったのである。それは
あまり意味のないものかもしれないが、突破口が見つかれば次に繋がると考えた。

で、まずハゲコウをなんとなく狙う。でも、成果はイマイチであった。2羽が近い
距離にずっといたし、切り取りようがなかったのだ。これは次回に回すとしよう。
次はオリックスだ。長い角と体の一部が、肉眼で見ても重なっているのがわかる。
これは時間がかかりそうだと思ったが、けっこう動いていたので待つことにした。
どうやらカラスが体に止まり、毛を抜いていくようなのだ。体を振ったり揺らして
みたりして、これを防御していた。するとじりじり立ち位置が変わる。こちらが、
立ったり座ったりしてポジションを確認すると、期待できそうな位置を発見した。
思い切り小さくなりその時を狙う。足の痺れが限界に来るまで、一発勝負なのだ。

カラスがいなくなって落ち着いたら、傍らの草を食べ始めた。ようやくチャンス。
この位置なら後ろの柵は入らない。それを確認できただけでも収穫だったと思う。
まだ幼いようで、あどけない表情をしていた。カメラにも気付いてなかったのだが
食べようとしたときに目が合って、「あれっ」という顔を見せた。さすがにこれは
こちらには載せられないけれど、別館に掲載。またいつかじっくり撮ってみよう。
b0016600_22395716.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-31 22:40 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

エヴァよりリラックマ

ペンタックスQのエヴァンゲリオンモデルが発売になるそうだ。限定品らしいので
予約しないとまず手に入らないと言われている。が、全くピンと来なかったのだ。
写真でしかまだ見ていないのだが、色使いがなんとも派手である。どこに行っても
このカラーリングならすぐにそれと解るはず。人気アニメの登場人物をモチーフに
したそうだ。発売されるカメラは3種類ある。ファンならすべて揃えたくなるのが
人情だと思うのだが、それをやると15万以上の出費になりそうだ。そもそも数が
少ない限定モデルだし、3つ全部買って開封せずにとっておく。という目的で買う
ファンもいるだろう。どのくらいの早さで完売してしまうのか、興味ありなのだ。

もともとペンタックスはこういう遊び心のある限定モデルを出すのが得意である。
以前にはコレジャナイなんとかだったかな、そんな遊び心のあるモデルもあった。
でも最も印象に残っているのは、PENTAX K-rのリラックマモデルだった。これは
かなり高かったのだが、実はリラックマ好きなので欲しかったのだ。とはいっても
さすがにこれを買って、中古店に売りに来る人がいるとも思えない。そんなわけで
姿を見かけたことすらない。もし店に出て来たら買いそうだ。ああそうかこういう
感覚で買うのだな、このテの限定品って。と思ったらかなり納得できたのだった。
b0016600_7523694.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-31 07:53 | 千葉市動物公園 | Comments(0)
山形県は動物園のない県である。細かいことを言うと、テーマパーク内にあって
ミニ動物園などという名称が付いている場所はあるのだが。水族館が1つだけ、
というちょっと残念なところなのだ。ところが、もう遥か昔のことになるのだが
この県にも動物園と呼ばれる施設があった。まぁ内容は今とそんなに変わらず、
大きなテーマパークの中にあった、というものだが。ひょんなことから知ったが
職場にいる山形出身の同僚に聞いても、その存在は知らないということだった。

無理もないだろう。この施設は「山形ハワイドリームランド」という。1967年
から1971年までの、たった5年間しか営業していなかったのだ。1967年は、
昭和42年。学年ではまさに同級生が誕生した年である 。黒川紀章氏の設計だ。
建物は細胞をイメージしたという。従って、直線がほとんどない不定形だった。
しかもここ、動物園だけではなく水族館、プール、温泉、遊具なども揃っていて
まさに大レジャーランドである。当時は1ドル約360円 。ハワイに行くことは
よほどの金持ちでもない限り不可能であった。そこで、例えばそれが実際と違う
ものだったとしても、「ハワイ」の雰囲気を楽しみたいという庶民の願望が強く
ハワイの名を冠したリゾート施設が姿を現していた、その1つであろう。しかし
競争に敗れるような形で集客が少なくなっていった。そして、経営が傾いたとき
大事件が起きた。飼育動物を、飼育係が園内で射殺処分したのだ。理由は餌代が
捻出できなかったからだという。この一件は事件になり、世間の非難を浴びた。

経営負担を軽くしようとした行為で客を失ってしまうという結果になり、これも
きっかけになって閉鎖。1971年のことだ。経営母体は大赤字だったと思うが、
現在ではこの建物は跡形もない。逆に今日まで続いていれば、動物園と水族館が
一緒になっている、ということでそれなりの注目を集めたはずだ。それにしても
驚いたものである。もし残っていたら、かなり貴重な廃墟だったかもしれない。
b0016600_23221016.jpg

AB+ (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-30 23:22 | 多摩動物公園 | Comments(0)

気になる3台

ここのところ、目立って売れている中古カメラがある。それはEOS5DMarkⅡだ。
つい先日までは、7Dと並んで在庫が豊富に揃っていた。程度もまちまちなので、
価格でも状態でも、拘って探し出すことが出来た。しかし 、ここ最近よく売れて
豊富とは言い切れなくなってきた。理由はいくつか考えられるのだが、やっぱり
最たるものは価格だろう。以前よりもさらに安くなったのである。この機会にと
kissから買い替えたりするケースもあり、フルサイズへの憧れは根強いと思う。

ちなみに価格を見てみよう。新品同様が¥105,000まで落ちている 。性能では
十分なスペックを持っており、まだまだ活躍の場はたくさんあるだろう。並品で
¥101,850、使用感が大きいと¥76,650である。もう10万円を下回るのは、
時間の問題といえる水準だ。これだけ安くなれば、かなり買いやすいといえる。
現行の5DMarkⅢは新品同様品が¥255,150である 。つまりは15万円以上も
差があるわけで、それならという決断がしやすくなったのだろう。今後ますます
目が離せない存在だ。中古カメラ市場の中心は、フルサイズに移行しつつある。

一方、APS-Cでは2つの「セブン」に注目したい。発売されて1年が経過した
NEX-7と、EOS7Dである。ともにAPSシリーズではトップの位置に君臨する。
しかし、これも宿命なのかジリジリ値落ちしているのだ。NEX-7は新品同様が
¥56,700で買えるようになった。使用感があれば¥40,950である。NEX-6の
登場によってやや影が薄くなってしまったようなイメージがあり、そんなことも
安くなってきた要因か。そしてEOS7D。こちらも順調に値を下げていて、相場の
ボリュームゾーンは5万円台になってきた 。新品同様でも6万900円である。

ここまで安くなってくると、手放したとはいえ見過ごせない。これは困ったぞ。
b0016600_22155782.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-30 22:16 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

難易度高めの初訪問

栃木県・宇都宮動物園を訪問しました。なんと初めて。ブログのカテゴリーにも、
久々に新しい場所が追加されたことになります。クルマで2時間ほど走って到着。
トラやライオン、オオカミなどを飼育していると聞き、1度行きたいと思っていた
動物園です。駐車場の隣が入り口で、イメージしていたより小さなところでした。
入園料を払ってふと見ると、悲劇的なメモが貼ってあります。なんと工事のため、
オオカミとドールはお休みとのこと。目的の1つが、早々に消えてしまいました。

まぁ仕方ないかと歩を進めましたが、ここの動物たちは檻の中にいるケースが多く
これはけっこう難しそうだ、というのが第一印象でした。隣で工事をしているので
トラは気になって仕方ない様子。動き回っています。ライオンはでーんと寝てる。
まず一周して様子を見る事にしました。人気を集めていたのは4頭のキリンたち。
有料の餌を買えば、直接あげられることができます。間近に迫ってくるキリンに、
お客さんはビックリ。でもそれはすぐ笑顔に変わります。皆さん楽しんでました。
キリンの前に草食動物がいましたが、ここにブラックバックがいたのは収穫です。
東武でしか見た事がなかったけど、それより間近でした。しかし、撮影はけっこう
手こずりました。これはどの動物もそうですが、檻が思っていたより厳しかったり
柵の間を抜いて撮影したりと、けっこう難易度の高い動物園だと思います。結局、
何度立ち寄ってもチャンスがなかったトラは、最後になってようやくシャッターを
押すことができました。とりあえず、ですが。ただ、こんなこともあろうかと思い
レンズはいつもの600mmでなくFD500mmをチョイス。最短撮影距離が4mだし
狭い檻ならこのほうが有利だと思っていた選択は、間違いではなかったようです 。

さすがにこのままではちょっと悔しいので、また機会を作ってみたいと思います。
b0016600_2018111.jpg

AB (1D MarkⅢ/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-01-29 20:19 | 宇都宮動物園 | Comments(0)

10歳と10周年

千葉といえば、そしてレッサーパンダといえば。そう、風太くんですね。かなりの
時間が過ぎてしまいましたが、再会してきました。なんでも孫が生まれたとかで、
ということはおじいちゃんになってしまったわけです。奥さんのチィチィと一緒に
元気いっぱいの状況には変わりありませんでした。でも、やっぱり老けたみたい。

飄々とよく動き回るところは全くこれまでと変わりません。ただ、立ち止まって、
じっとどこかを眺めていることは少なくなりました。それだけ活発ということか。
お食事とおやつの時間は、説明付きのイベント。この際も変わらぬ愛嬌を見せて、
お客さんも大喜びでした。面白いのは、チィチィとの顔の見分けを大人ができず、
お子さんのほうがちゃんと認識していること。「風太くんはあっちだよ」と指摘を
受けてしまう親がちらほらでしたね。話の流れで知ったけれど、というかすっかり
忘れていたのですが、今年で風太くんは10歳になるそうです。現時点では特に、
イベントなどの予定はないということでした。でも、きっと催されるでしょう。

ということは、なんですが。動物園で写真を撮り始めて4月で10年になります。
いやいや、早いものです。驚いてしまうくらい。まさかこんなに続くとは思っても
みませんでした。熱しやすく冷めやすいのに、不思議なものです。そんなわけで、
風太くんの、ここに載せられる写真をなんとかと思っていたのですが・・・残念。
満足のいくカットは撮れませんでした。別館にはいくつか載せられると思います。
b0016600_6315185.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-29 06:32 | かみね動物園 | Comments(0)

給料日は給油日

これでもサラリーマンなので、人並みに給料日というものがある。しかし、手放しで
喜べないことが多い。理由はいろいろあるのだが、その月の自由になる金額が大して
多くないことを事実として受け止める日、でもあるからだ。振り込まれていることを
確認してまずすることは、支払いである。家賃もそうだけど、今月からは駐車場代が
加算されることになった。これが21,000円。けっこうな出費なのだが、12年ほど
前にユーノスコスモが愛車だった頃は26,000円だった。ちょっと安くなったのだ。

続いて、ネット代水道代ガス代電気代を払う。これでだいたい2万くらい。節約は、
たぶんしていないと思う。そんなに電気も使っているとは思わないのだけど、機器が
古いことも影響しているに違いない。とまあこんな感じだ。そして。順番はあとだが
最も重要なことがある。それは給油。ガソリンをクルマにたっぷり入れるのである。
14年落ちとはいえハイオク仕様だし、ガソリン代はバカにならない 。深夜にセルフ
スタンドに行って入れたほうが安いので、すっかりそういう習慣になってしまった。
そして洗車。24時間営業の洗車店に行き、隣接している寿司屋さんで夕食にする 。

今年はきっと、とても定期的な店通いをすることになりそうだ。楽しい時間だしね。
b0016600_22142350.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-28 22:14 | 多摩動物公園 | Comments(0)

その後のE-3とK-7

ここで何度か取り上げている、オリンパスE-3とペンタックスK-7。安く買える
いいカメラの代表的な2台である。特にE-3はかなり好みであり、定点観測では
ないけれど相場の動きをチェックしている1台なのだ。そこで、最新の相場では
どうなっているかを調べてみた。すると、また安くなっていた。困った展開だ。

まずはE-3から見ていくと、新品同様がなんと¥28,350である。並品になると
¥27,300、使用感ありでは¥21,000となっていた。これはもう完全に買い得。
思わず衝動買いしてしまいそうなレベルである。しかし物事はそううまくいかず
流通台数はまた少なくなっているようだ。相場が落ちてしまったということは、
つまりは買い取り価格も下がっていることになる。持っているユーザーにとって
やや下取りなどで出しづらくなったとも考えられよう。このため、売れているが
全体的な量が減っているようだ。見つけたら即買いしないと手に入らない状況。

一方のK-7。K-5の新型が発売になったので一時的にやや台数が増えたものの、
これまた安くなったことにより売れ行きが進み、なんとこちらも品薄になった。
ちなみに相場は新品同様¥26,250、並品¥25,200、使用感あり¥18,900だ。
以前はE-3よりも高かったような記憶があるのだが 、いつの間にか逆転した 。
加えて、K-7はチャージャーに新旧がある 。端子の数が4つある品を選ぼう 。

ちなみに、ヤフーオークション直近30日落札価格の平均は、E-3が¥30,441、
K-7は¥29,628だった。K-7はレンズ付きの出品が意外と多かったと感じる。
b0016600_7564629.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-28 07:57 | 浜松市動物園 | Comments(0)

耳で棒を消す

スイギュウを撮ろうかと思った。しかし、鉄の棒が思い切り画面に入ってしまう。
どうにかしてこれを消せないかと、立ち位置を変えてみた。しかし無駄な努力だ。
スイギュウの顔の横から伸びているので、カットすることは不可能。諦めようかと
立ち去る準備をしたその時のこと。なんとスイギュウが両耳を広げてこちらを向き
口元を開け始めたのだ。まぁそんなことはただの偶然だと思うのだけど、この時は
助けてくれたのだと感じた。そうすると、この表情も「ほら〜、撮ってみなよ」と
誘われているような気になる。こっちが喜んでシャッター切るのを楽しんでいた、
そんなイメージなのだ。そう考えると、へへへへと笑っているように見えますね。
b0016600_10181985.jpg

AB (1D MarkⅢ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-27 10:18 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

根強い人気のE-P1

オリンパスE-P1。マイクロフォーサーズブームを作った記念碑的モデルである 。
前にも書いたが、こういう新しいコンセプトのもとに作られた製品というものは、
初代こそがやりたかったことをそのまま具現化したものだと考えている。そのあと
出てくる機種は根本的には初代の改良型であり、ユーザーの意見が採り入れられて
変わってしまうことがあるからだ。メーカーがやりたかったことを知りたいのなら
初めて世に問うたモデルを使ってみるのが答えだと思うのだ。そのため、一昨年の
9月に中古でE-P1を買った。偉そうなことを言っているが、実際には使いこなす
ことはあまりない。マウントアダプターを使って撮影することが最大の楽しみだ。

現行型のE-P3とデザインがさほど変わらないこともあり、古さは全く感じない。
それどころか、中古市場では根強い人気に支えられている。購入したときは、割と
程度の良いものを¥16,275で買った。ここから約1年半が経過しているのだが、
相場を見てみると、新品同様はまだ¥12,600である。使用感が大きいものだと、
さすがに1万円を下回る事もある。とはいえ、同じ頃に売られていたパナソニック
ルミックスGF1と比べると、下落の速度に大きな差があるのだ。ちなみにGF1は、
新品同様でも¥7,350で買える。こちらはじりじりと値落ちが進んでいる印象だ。

しばらくはまだこのまま横這いで推移していくだろう。安いし楽しめるのである。
b0016600_125641.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-01-27 01:02 | 多摩動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama