<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

暑い涼

葛西臨海水族園に出掛けてきました。どうも最近は動物園より水族館撮影のほうに
面白さを感じていまして、葛西に行くのは先月に引き続き2度目でした。夏休みと
いうこともあり、館内は親子連れなどでけっこうな混雑ぶり。涼めると思いきや、
暑さを感じるほどでした 。前回の撮影では50mmを多用し 、すこし距離の遠さを
課題としていました。そこで今回は100mmf2.8Lを持ってきたのですが 、予想に
反して使いこなしが難しく、結局は押さえのつもりで用意していた50mmに頼る、
そんな撮影になりました。けっこう難儀したけれど、やはり仲間と撮りに行くのは
とても楽しいものです。それにしても、5DMarkⅡでの高感度撮影には驚きます。

本来ならここで葛西の写真を載せるのですが、やはりこれは「おさんぽ写真館」。
b0016600_2142398.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-31 23:11 | 掛川花鳥園 | Comments(2)

見習いたい接客

近所に蕎麦屋さんがあり、最近よく食べに行く。もともと蕎麦は大好物なのだが、
ここはそれだけではない魅力があるのだ。店に入ると、適度に大きな明るい声が。
ここで注文を取ったり会計をしている女性である 。年は20代後半から30代前半
あたりだろうと思うのだが、とても素晴らしい接客ぶりなのだ。おそらくここで
小さい頃から自営業の何たるかが身に付いているのだろう、実に親しげに、だけど
節度を持った接客なのだ。しかも、いつもニコニコしている。眺めているだけでも
この店がとても好きで、そして楽しく働いているのだろうというイメージが湧く。

極めつけは会計のときなのだが、じっと目を見て話をしてくる。ハキハキとした、
でも親しみのある話し方である。そして、まるでペンギンのようなポーズを見せて
「ありがとうございました」と言われるのだ。店を出るときにも、その声が届く。
同じように接客を仕事にしているわけだが、比較にならないほどレベルが高いので
ついついまた食べに行ってしまう。そばもおいしいし、気持ちよく食事ができる。

お客さんと直接話す時間の長さが違うと言えばそうなのだが、見習いたいと思う。
b0016600_23493385.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-30 23:50 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

何もせず

疲れたので少し寝ます。
寝すぎた時のために、仮更新。

のつもりでしたが、結局動画サイトを見てしまい何もせず終わりました。
写真がいよいよ少なくなって、どうしようかまたも悩むことになりそう。
b0016600_1103222.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-07-29 20:44 | かみね動物園 | Comments(0)

2台持ち

ツアーには必ずカメラを2台持って行く。何が起きるか全く予想できないからだ。
もしも使えなくなってしまったら、それこそシャレにならないからである。ただ、
これまで2台目のカメラを緊急で使ったことはない。それはある意味平和である。
画角を変えるために2つのカメラを使うこともあるが、それはあくまで、故障など
するはずがないという信頼の賜物なのである。ところが、先日の富士見高原では、
まさかの事態が起きてしまった。現地に到着してカメラをセッティングし、さぁて
撮るかと思ったら。なんと40Dのコントロールダイヤルが壊れてしまった。なんの
前触れもなく突然に、である。ノッチが効かなくなってしまい 、むなしく空転する
ばかりであった。最悪の場合はどうにかできるのだが、ふだん使い慣れているし 、
最も信用しているモードが使えなくなった。歩きながら 、なんとか修正を試みる。

すると、少し押し込んで回すと使えないことはない、ということが解った。これで
その日1日はなんとかなると思った。あとのことはツアーが終わってから考える。
歩きながらダイヤルをカチャカチャ回していた。しばらくして、撮影に夢中になり
ダイヤルのことなどすっかり忘れていた。で、絞りを変えようと動かしたところ、
なんのストレスもなく元に戻っていた。全く不思議なものだが、その後はこうした
トラブルが嘘のようであった。普段通り、快調に動いてくれたのだ。店で何度も、
デジタルカメラのトラブルを見てきているが、購入の程度を考えると奇跡のように
ノントラブルなのである。これまで不調で入院したことはただの一度もないのだ。

とはいえ、さすがに今回のケースは焦った。2台持ちはやはり必要だと実感した。
b0016600_7525215.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-28 07:53 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

物欲の周期

物欲の周期というものがある。一定期間で欲しい機材がガラリと変わるのだ。つまり
質か量かというわけで、これを繰り返しながら毎日が過ぎて行くのである。ちなみに
量のときは安いレンズ、即ち古いマニュアルとかジャンクと呼ばれている難あり品を
探して手に入れる。質の場合は文字通り、いいレンズを試したり写りを見たりして、
持っていたらのシミュレーションをするのだ。実にバカバカしいことだけど、これが
けっこう楽しいのである。で、昨日のツアーでお客様が所有していたEF8-15/4Lを
眺めていたら、そして撮れた写真を見せてもらって、とてつもない面白さを感じた。

このレンズはフィッシュアイズーム。しかも、カメラのフォーマットによって撮れる
写真を変えることもできる。幸いなことに、キヤノンの出している3つのセンサーは
すべて手元に搭載機があるので、存分に楽しめることができるのだ。そしてもう1つ
50mmf1.2Lが欲しいのである。この焦点距離はとても好きで、複数本持っている。
その頂点的位置付けとして持ってみたい 。実はこの2つは 、新品と中古の価格差が
なかなか興味深い。50/1.2Lのほうが高いのだが、新品だと3万円もする。しかし
中古になるとこれが1万500円に縮まる。つまりは、中古の値落ち率が高いのだ。

8-15/4Lは新品、50/1.2Lは中古のほうが買い得感がある 。それでも、両方だと
軽く20万円を超えてしまう。これが悩みの種。結局現実に戻り、量の周期になる。
まぁこんなことを常々考えているわけでもないのだが、クルマもそうだけど、結局は
ああだこうだと考えているときが一番楽しいのだと思う。買うと醒めてしまうのだ。
b0016600_2344653.jpg

AB (7D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-07-27 23:04 | 掛川花鳥園

富士見高原ゆりの里

約1か月ぶりとなったツアーは、富士見高原ゆりの里でした。日程のタイミングが
開花とドンピシャだったので、ゆりの花はほぼ満開。天気も超のつく快晴であり、
まさに撮影日和となりました。時間はたっぷり4時間取れたので、まずは3つある
エリアをそれぞれ撮影しながら散策。展望ゆり園はやや開花が遅れていたものの、
白樺ゆり園は満開で、それは見事なものでした。各地から撮影ツアーも来ていて、
散策路はけっこうな賑わいです。途中で休憩する場所があり、そこがまずは人気の
スポットになっていましたが、その奥に広大な白樺林があり、そちらのほうが撮影
チャンスに恵まれていたように思います。すべてを回って1時間ほど余裕があり、
お客様とご一緒に再び白樺ゆり園へ。とてつもなく暑かったのですが、熱い時間を
過ごすことができました。帰りのバスでは即席の反省会を行い、お話を伺ったり、
撮影した写真をすべて拝見してアドバイスさせていただくなど、楽しみつつ学ぶ、
そんなツアーになったのではないかと思います。それにしても暑かった。またまた
すっかり日焼けしてしまいました。おでこがテカテカです。ツアーで撮った写真は
いつものように、そのうち「おさんぽ写真館」に掲載する予定です。よかったら。
b0016600_23102514.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-26 23:11 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

憂鬱

かねてから問題のあったマンションの給排水管については、工事の話が出ていた。
新聞などで施工業者を募り、ようやく決まったらしい。報告会はこれからだけど、
どうやら8月下旬から11月頃までかかるらしい。当然工事は部屋の中にも及び、
風呂場、トイレ、台所の天井は解体するそうである。つまりはその日に不在だと、
ひじょうにマズいことになるわけだ。日程の調整がとんでもなく面倒になりそう。
当然ツアーも入っているし、工事の日と休日をうまく合わせないと、かなり困る。

3か月の辛抱だといえばそうなのだが、これはかなり長い。もう憂鬱なのである。
b0016600_22403387.jpg

AB (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-25 22:41 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

様子見

ここ数日は薬で様子見のため、早めに寝ることにします。なので今日は写真のみ。
b0016600_2311555.jpg

AB (5D MarkⅡ/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-07-24 23:12 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

今年の漢字

年末になると、「今年の漢字」が発表される。1年を漢字で表すというもので、
毎年必ずニュースになる。今年はまだどうなるか不明だが、自らに当てはめると
もうすでに決まっている。それは「咳」だ。今年ほど咳に悩まされているのは、
過去には全く例がない。年始もこれで棒に振った。春先は調子が良かったのだが
先月あたりからまた継続して咳が出ている。病院にも2つ行き、アレルギー性の
ものであるとして吸入ステロイド薬を処方されるなどした。一度これで良くなり
ホッとしていたが、数日後また喉に違和感を感じ、それからずっと続いている。

今回のはちょっと厄介だ。前に出してもらったのと同じ薬がほとんど効かない。
しかも、咳に仕返しされるかのように症状がひどくなった。発作のようである。
喉にイガイガ感を感じたり、気道が閉塞されるような感覚があり、そのあとから
ガバッと咳が出てくるのである。話ができないので、仕事にも影響が出てきた。

そんなわけで、これはもう呼吸器科に行かないとダメなのではないかと感じた。
ネットで調べてみたら幸い近所にあったので、休日を利用し行ってみることに。
驚いたのだが、さして大きくない院内は患者だらけだった。午前11時半段階で
30人はいただろうか。しかも、あちこちで咳込んでいる声が聞こえる。以前に
調べたら、咳が止まらない症状が爆発的に増えているという記載があった。もう
まさにそれを実感することになる。担当医に状況を説明したのち、肺の検査から
始まった。肺活量なども調べた結果、こちらは異常なし。従って、病名の確定が
できないということだ。なので、これまでよりやや強い薬を使って様子を見つつ
血液とアレルギーの検査をすることになった。後から知ったのだが、この病院は
呼吸器科のクリニックではかなり有名なところらしい。結果は来週に判明する。
b0016600_1359354.jpg

AB− (1D MarkⅢ/タムロン180mmf2.5LD)
by keiji_takayama | 2012-07-23 13:59 | あらかわ遊園 | Comments(2)
続いてハイエンドモデルである。こちらのほうは、新商品が発売されたこともあり
下取り交換などで大幅に増加した機種が多くなっている。要注目のカテゴリーだ。

7D (↑) ¥78,750
5D (↑) ¥56,700
5DMarkⅡ(↑) ¥122,850

1DMarkⅡ (↑) ¥60,900
1DMarkⅡN (→) ¥85,050
1DMarkⅢ(↑) ¥149,100
1DMarkⅣ(↑) ¥351,750

1DSMarkⅡ(↑) ¥133,350
1DSMarkⅢ(↑) ¥246,750

ここで注目はなんと言っても5Dだろう。ちょっと前までは7Dとほぼ同じ価格帯で
推移していたのだが、5DMarkⅡの流通量が増えて価格が落ちた影響をモロに受け、
ついに5万円で良品が買えるようになった。フルサイズがこの水準で手に入るのは、
大いに歓迎したいところである。新品時にはとても高かった1D系も、現行型に拘る
ことがなければ、随分と手に入れやすくなった。数世代前とはいえ、フラッグシップ
という地位を与えられていたモデルである。その魅力はまだまだ色褪せてはいない。
b0016600_0575867.jpg

AB (7D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-07-22 00:58 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama