<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

OM-D発売

3月の最終日、オリンパスの新機種、OM-D E-M5が発売された。朝からお客さんが
並んでいたようで、D800やD4の引き取りとともにかなりの混雑だった。開店から
勤務していたわけではないが、出勤途中には電車が停まって、迂回して職場に到着。
慌ただしい1日であった。下取り交換ではD700→D800、D3→D4が圧倒的多数だ。
オリンパスのケースもこれに漏れず、PENシリーズからの買い替えが目立っていた。

予約なしでは購入できない状況だが、いずれは解消するだろう。先日ガッカリした、
E-P2ファインダー仕様に変わるカメラとして、ちょっと注目しているのだ。最初の
イメージはすこぶる悪かったのだが、道具として考えれば形はどうでもいい。いずれ
安くなるだろうし、その時が狙い目だと考えている。あ〜、カメラに嵌ってるなぁ。
b0016600_2253327.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-31 22:52 | 多摩動物公園 | Comments(2)

身延山の春

撮影ツアーで身延山に行ってきました。周囲に広がる枝垂桜を撮る、というテーマ
だったのですが、やはりこちらも開花が大きく遅れています。昨日から、ようやく
ぽつぽつ開き始めたという状況でした。さすがにこれではご案内しづらかったので
代替地として岩本山公園に向かい、まずは富士山と梅を撮影。天気は良かったけど
雲が多く、富士山は見えたり見えなかったり。形の面白い梅の木を狙ったりして、
しばらく過ごしました。そしていよいよ身延山です。まだ満開ではないというのに
観光バスが連続でやってきます。確かにやや寂しい雰囲気はありましたが、むしろ
こういう状況でレンズを向けるというのがある意味では貴重な体験となりました。
そこそこの色付きは見られたので、満開になった時はきっと素敵だろうな、という
イメージを持って撮影に取り組んでいらしたお客様も。時間を割と多く取ったので
現在の状況のなかではそれなりのカットが狙えたようです。帰りにもう一カ所寄り
早咲きの桜を撮って終了しました。バスの中では話に花が咲いて、和気藹々とした
雰囲気のなか、楽しんでいただけたようで一安心。次回は満開の姿を見たいです。
b0016600_2365212.jpg

(kissX4/タムロン18-270mmf3.5-6.3 PZD)
by keiji_takayama | 2012-03-30 23:06 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

ある休日

目覚ましを7時半にセットした。ちゃんと起きることができたら、千葉市動物公園
あたりに出掛けてみようかと考えていたからである。ところが、なんとなく起きる
ことが躊躇われた。休日。ゆっくりしたい欲望が勝り、そのまま再び寝てしまう。
次に起きたら10時を回っていた。上野ならまだ間に合うので、持っていく機材の
整理をして、準備を進めた。ところが、風呂から出てきたらどうにも体がだるい。
特に調子が悪いわけでもないのだが、「さぁ撮りに行くぞ!!」という漲るものが
全くなかったのだ。これでまたベッドに横になった。結局これでアウト。掃除など
雑用を終わらせてまたしても寝てしまう 。3度目に起きたら17時を過ぎていた。

カメラをよく持つからか、もうかなり長いこと肩凝りがひどい。錦糸町に暮らして
いた頃は2週間に1度の割合でマッサージを受けていた。ところが、ここ最近では
数ヶ月に1度である。行くとたいてい、担当してくれるスタッフさんに驚かれた。
マンションの前には商店街があり、いくつかそうしたクリニックがある。前を通る
たびに眺めていたが、ようやく時間ができたので入ってみた。初診45分コース。
やっぱり驚いていた。かなり久々だったし、ほぐすのが大変だったらしい。次回の
説明を受けて帰ってきた。やはり定期的に通わないといけないだろう。この他にも
歯科と内科に行く用がある。ずっと先伸ばしにしていたが、さすがにマズそうだ。
b0016600_23115020.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-29 23:10 | 多摩動物公園 | Comments(0)

デジタル時代の50mm

以前から気になっていたレンズの中古を見つけたので、購入した。ここで数日前に
書いていたE-P2は、ファインダーを装着した時のフィーリングがあまりに合わず
ちよっと意欲が後退してしまった。見えづらくて話にならないというのが感想だ。
50mmあたりのレンズを使うのではないので、さすがに苦労しそうだ。これなら、
そのままE-P1で撮っていたほうが精度は高いという判断をした。少し残念だが。

そんなわけで、シグマの50mmf1.4がやってきた。シグマの単焦点を買うのは、
中学生の頃にお年玉で買った28mmf2.8以来のことだ。50mmというレンズは、
個人的にはかなり好きであり、複数メーカーのものを所有している。だがさすがに
古いものが多いので、デジタル時代に発売されたシグマを使ってみたかったのだ。
これがあれば、被写体に応じたレンズの選択もできる。撮り比べる楽しさもある。
しかも、お客さんも含めて悪く言う人があまりいなかった。実に魅力的だと思う。
実際手にしてみるとかなり大きい。デカくてエラそうなレンズはとても好みだし、
フィルター径77mmというのもヤル気にさせてくれる。しばらくはツアーで使い
風景とか花とかを狙ってみるつもりだ。さぁ、次は何を狙ってみようかな・・・。
b0016600_010264.jpg

(1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-03-28 23:52 | 多摩動物公園 | Comments(0)

撮る

寝ようかなと思っていたら、電話が鳴った。出てみると中学校の同級生からである。
近くまで来たからおいでよ、ということであった。まぁ当然だが、すぐに帰れるとは
思わなかったので、そこそこ準備をして出掛けた。飲んだあと地元のBARに行って、
懐かしい曲をカラオケで歌い帰ってきた。学生の頃にはただの一度も言葉を交わした
ことはなかったのだが、こうして久々に会ってみると話題は尽きない。下手をしたら
そのままずっと歌っていたかもしれなかった。仕事が控えていたので残念だったが、
なんというか、こういう時間を持てることは実のところ贅沢なのではないかと思う。

そんなことを考えながら出勤。きちんと帰ってきたことが正解だった。平日なのに、
まるで休日のような混雑だったからだ。天候も良かったし、気温も上がって暖かい。
買い取り品を持つお客さんの気分も高まるようだ。ツアーを入れると2週間、休みが
ない状態で働いていた。明後日は久々のオフなのだが、寝ているわけにもいかない。

この写真を撮るに際し、シヤッターは3回だけ押している。メディアは容量の少ない
ものを使っているので、ムダ撃ちは厳禁なのだ。で、座っているお立ち台はなるべく
画面に入れたくない、でも舌は長めに見えるタイミングで、そして手元も入れたい。
というイメージをファインダー越しに作ってみる。写真を撮るとはこういうことだ。
b0016600_23182130.jpg

AB+ (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-27 23:17 | 多摩動物公園 | Comments(0)

フジカラーF-Ⅱ

買い取り品の中に、懐かしいフィルムがあった。有効期限が1984年1月だし、
おそらくは処分を依頼されたものであろう。カラーネガフィルムである。銘柄は
フジカラーF-Ⅱであった。この赤と緑のパッケージはとても懐かしい。学生の頃
頻繁に使ったフィルムだ。箱にはベルマークも5点分ついている。そして簡単な
露出の目安表が載っていた。シャッター速度1/250秒の絞り値として、天候に
応じた絞りが記載されている 。当時使っていたペンタックスSVには、露出計が
内蔵されていなかった。そこで、このパッケージを切り取って、カメラの裏蓋に
接着剤を使って貼り付けていた。これが実に勉強になった。感度の違うフィルムを
入れた場合には、計算して露出を決めなければならなかった。失敗もしたけれど、
この時の経験が生きた。解らないことがあれば図書館に行き、写真関係の本を見て
勉強したものである。つまり、写真については誰からも教わっていない。独学だ。

その後に露出計の内蔵されたカメラを初めて自費で購入するのだが、この時は何て
便利なのだろうと思った。写真を撮ることに対し、カメラが手助けをしてくれる。
これで失敗が減った。まさにこのフィルムは原点なのだ。さすがにこのフィルムを
使って撮ってみようとは思わないが、昔のことを思い出して、浸ることができた。
b0016600_2254640.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-26 22:52 | 多摩動物公園 | Comments(0)

どっちのミラーレス

新製品の発売で大いに湧く店内、というイメージで出勤した。実際それはあながち
間違いではなかったのだけど、それとは別のところで賑わっていた感が強かった。
それはミラーレスカメラである。買い替えや買い増しなど理由はそれぞれあるが、
ソニーとオリンパスは中古、パナソニックは新品の動きが良かったように感じた。

担当したお客さんではミラーレス機のグレードアップがあったり、NEX-5Nを購入
してくださったり。何かこう、タイミングなのだろうか。気軽に写真を撮りたい、
という流れがいっそう強くなっているようだ。そして、そんな状況にいたからか、
同じくミラーレスが欲しくなった 。手元にE-P1とNEX-5があるけど 、どちらも
ファインダーは広角レンズ用しか用意されていない 。ファインダーを覗いて望遠の
撮影ができる機種を使ってみたくなったのだ。となると候補は2つ。予算の都合で
NEX-7は除外した。オリンパスE-P2とルミックスGX1で悩むことになる。結局は
ボディ内手ブレ補正のあるE-P2になりそうだけど。メイン機材にはあまり必要性を
感じていないのに、どうしてかミラーレスには求めてしまう傾向がある。不思議だ。
b0016600_2257438.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-25 22:56 | 多摩動物公園 | Comments(0)

いすみ鉄道再び

先日に続き、いすみ鉄道撮影ツアーでした。今回は町田・横浜発です。横浜出発が
午前9時だったので、前回の平塚よりゆっくりめのスタート。土曜日の割に道路の
混雑も全くなく、実にスムーズに現地に到着しました。早速、菜の花の咲いている
ポイントをいくつか回って撮影です 。20日のツアーが終わったあと2日間晴れが
続いたこともあり、開花が進んでいました。ちょい花が点在していただけ、という
場所でもそこそこ多くの花が咲いていて、黄色い電車とのマッチングも良好です。
お客様が平塚のときより多かったものの、それぞれのポジション取りでも目立った
トラブルはなく、皆さん和気藹々とした雰囲気で撮影は進みました。1時間に1本
程度しか列車が走っていませんが、時刻表に合わせた行程がなかなかうまくいって
予定していたよりも多くのチャンスを得ることができました。これは添乗員さん、
ドライバーさんとの意思疎通をしっかりしていないとなかなか難しいです。今回は
スタッフのチームワークもよく機能していました。たっぷり撮影したあと、帰りの
道も順調です。休憩場所の海ほたるからは、ちょうど夕焼けで紅く染まる富士山の
姿も撮影することができました。これはとてもラッキー。菜の花と電車を追って、
最後に富士山で締めるという内容になりました。次回はいよいよ桜。咲くかな〜。
b0016600_22423299.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-24 22:41 | 多摩動物公園 | Comments(0)

同時発売

この2日間、カメラを扱っている店舗はどこも大忙しだったのだろう。キヤノンと
ニコンが同時に新製品を発売したのだから無理もない。別店舗の担当だったので、
ちょっと乗り遅れてしまった感があるのだが、ウチの店も例外ではなく、開店から
閉店まで猛烈な忙しさだった。5DMarkⅢ 、D800とも下取り交換での購入がほぼ
100%近くを占めていたという。下取り機種では、これはまぁ当然といえば当然の
結果ということになるが、5DMarkⅡとD700が圧倒的に目立っていた。この週末
試し撮りというユーザーもきっと多いだろう。どんな声がお客様から返ってくるか
ちょっと楽しみである。そして、下取りが増えて流通量が大幅に増すであろうこの
2つの機種。これがどういう価格変化を起こすか、これにも注目したいところだ。

さて、明日は再びいすみ鉄道のツアーである。天気が回復するといいのだけれど。
b0016600_012373.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-23 21:49 | 多摩動物公園 | Comments(0)

連写のタイミング

様々な撮影現場で、ひたすらに連写しているシーンを見かける。例えば動物園なら
ユキヒョウがちょっと動き始めてから終わるまで、動画を撮るかのように連写して
いる姿である。別ににそれを悪いとは言わないが、これは撮影したのではなくて、
「シャッターを押したら写っていた」写真ではないかと常々思うのだ。連写は即ち
初動のシャッターがすべてを決めるといえるだろう。ここでタイミングが合わない
ことになれば、最高点のカットは逃すことになるのだ。そんなことを思っていた。

昨日の会食で一緒になった友人が、数年前に格闘技の撮影を行っていた。その時の
話を聞かせてもらったのだが、最初は周囲のカメラマンと1テンポのズレがあり、
どうしても技が炸裂する場面を撮れなかったのだという。で、どうすれば良いかと
考えた結論は、筋肉の動きに応じて切り始めることだった。技の出るタイミングを
待つのではなく、それを予測してシャッターの準備を進めるのだ。これに変えたら
決定的なシーンをある程度狙えるようになったという。しかし、パンチを繰り出す
速さはケタ違いである。ある程度以上の反射能力がなければ、うまくはいかない。
こういう能力を磨けば、むやみやたらに連写する必要はない。スマートが一番だ。
b0016600_23434537.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-03-22 23:42 | 多摩動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama