<   2011年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

総括

2011年の撮影が終了したので、これも毎年のことだが総括をしてみようと思う。
動物園に訪問したのは46回だった。そこそこ多かったのではないか。結局は毎年
同じパターンになっていたようだが、夏場に大きく失速したような気がするのだ。

最多訪問園は多摩で9回。次いで上野が5回だった。金沢、東武、かみね、掛川が
3回である。訪問したのは18園だった。昨年ほとんど行けなかった関西 、東北に
何度か機会があったのは良かったが、浜松を訪問していなかったのは意外だった。

で、来年の展望を。今年よりも行ける園は減ってしまうと思う。少ないチャンスを
モノにしないとすぐにストック切れを起こしてしまいそうだ。あとは、やはり夏。
ここ数年は完全に失速するので、ここをどう乗り切るかが課題。さてどうなるか。

余談だけど、バタバタしていて年賀状の作成を忘れていた。たまに思い出すのだが
朝になると準備で慌ただしく、帰ってきたらバタバタ。休日は、やることがある。
そんな生活を続けて、気付いたら年内受付が終わっていた。問題だらけの年末だ。
b0016600_10235117.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-12-31 10:22 | 多摩動物公園 | Comments(0)

撮り納め

2011年の撮り納め。これは毎年恒例になりますが東武動物公園でした。首都圏の
動物園では唯一開園しているので、とても有り難い存在なのです。朝から天気にも
恵まれましたが、とにかく寒かった。陽射しはあるものの午後から風も出てきて、
だんだんと寒さが身にしみてくるようでした。驚いたのは、去年よりもお客さんの
数が遙かに多かったこと。仲間と出掛けたのですが、去年も来ていた何人かが同じ
感想を口にしていたので、おそらく間違いないと思います。大きいレンズではなく
ズームだけを持っていったので、とても軽快な撮影になりました。動物もそこそこ
動いていたので、元気な姿も見られて満足でした。これまでは動物園の撮影だけを
行っていましたが、ツアーでの撮影が増えたこともあり、様々な被写体と向き合う
1年になりました。来年も基本的には何も変わりませんが、ここの更新が途切れる
ことがなければ、たぶん充実した1年になるでしょう。まずは風邪を治さないと。
b0016600_21355996.jpg

AB (40D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2011-12-30 21:35 | 東武動物公園 | Comments(0)

悪化

喉が痛いと思ったら、仕事しながらどんどん悪化していくようだった。まず鼻から
進み出して、咳が出てきて・・・という具合。そんな暇はないのにと思うのだが、
炬燵で寝てしまったのが原因なので自業自得。静かに治るのを待つとしよう。で、
キッチン修理の見積もり連絡が来た。なんとか交換で済みそうと聞いて安堵した。
48,300円かかるというのだが、リフォームで数十万かかるよりは遙かにマシだ。
b0016600_23364054.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-12-29 23:36 | 多摩動物公園 | Comments(0)

早寝

迂闊にも炬燵で寝てしまったので、やっぱり喉を痛めてしまいました。念のために
薬を飲んだり、HALLSを舐めたりしていますが、なかなか改善しません。なので、
ツアーでお客様からいただいたみかんを食べ、ユンケルを飲んでじっくり寝ます。

それにしても、習慣とは怖いもの。湯を沸かそうと思い、やかんに入っていた水を
ついうっかりキッチンに流してしまいました。しかし、配水管は昨日水道屋さんに
預けてしまったので、流しにはぽっかりと穴が開いています。流してしまった水は
そのまま下の収納棚に落ちていきました。こんなトホホな年末になるとは・・・。

写真のストックは割と多いのですが、殆どかみねのアキラ君。しばらく続きます。
b0016600_092963.jpg

AB+ (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-12-28 00:08 | かみね動物園 | Comments(0)

冬支度

水漏れの件は完全に予定外でしたが、もともと昨日は届く荷物が2つもあったので、
撮影には行かず、おとなしくのんびり過ごしました。寒いのには強いつもりですが、
さすがにここ数日と仙台では耐えきれなくなり、まず炬燵を購入。暖まればいいので
最安値のものを通販で選びました。これが午前中に届き、早速組み立ててみました。
これは一度入ったら出るのがなかなか苦労しそうです。「炬燵で寝たら風を引くぞ」
と言いますが、まさにその通り。ついうっかり寝てしまい、あわてて起きる羽目に。
とはいえ、これで快適になりました。仕事から帰ってきたら直行しそうな勢いです。

夜には店から送った品物が届きました。カメラバッグなどを買ったのですが、冬対策
としてカメラ用手袋を導入することに。これはもう確実に、仙台で指が動かなくなり
シャッターのタイミングにズレが起きたからです。去年も買おうかと悩んで、結局は
見送ったのですが、今年は何の迷いもなく買うことにしました。カメラバッグを主に
発売しているLowepro製、フォトグラファーズグローブです。親指と人差し指だけを
外に出すことができます。途中に切れ目が入っているのです。通常はこれを被せて、
普通の手袋としても使えます。すべり止めがついているのもいい感じ。値段は普通の
手袋を基準にするとやや高めですが、まぁ一応はカメラ用なので、重宝しそうです。
b0016600_1022332.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-12-27 10:19 | かみね動物園 | Comments(0)

腐食

昨日の続きになるわけですが。午前中、依頼していた水道屋さんがやってきました。
現場を見るなりううむと一言。やはり、相当にひどい状態のようでした。笑い事では
済まされないが、笑うことしかできないレベル。腐食がかなり進行していて、配管を
まるごと交換する必要がありました。しかし、ここで大問題があるわけです。そう、
古すぎるということですね。築年数を考えると、これはまぁカメラと同じ事ですが、
部品がない可能性が高くなります。加えて、作りが現代のそれではない。そもそもの
方式が異なっているため、代替品で可能なのかどうかが即答できず。なので、配管を
そのまま持ち帰り、見積もりを出してもらうことになりました。この時点ですでに、
古い配管をそのままどうにかしようという選択は完全に消えたことになります。予想
することは難しいけれど、良くて5万くらい最悪だとキッチンのリフォームだとか。

そんなわけで、キッチンがしばらく使えなくなりました。これはさすがに痛いです。
良いほうでなんとか治まるように、毎日お祈りすることにしました。それはそうと。
この水漏れ、少なくともここ数年の間に発生したものではなさそうです。おそらく、
前の住人がそれを知っていたであろう証拠がハッキリと残っていたから。とはいえ、
10年以上も遡らないといけないので、おそらく不明で終わりそう。来年はいきなり
波乱の幕開けとなりそうです。予定していた様々なことを、変える必要があります。
b0016600_15425999.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2011-12-26 15:42 | 東武動物公園 | Comments(0)

水漏れマンション

日付が変わったので、話は一昨日の夜に遡る。帰宅し、ラーメンを作って食べた。
食器を洗っていて驚いた。流しに水がどんどん溜まっていくのである。どうやら、
何かが詰まっているらしい。もともとこのマンションは排水性がとても悪いと話に
聞いていて、実際風呂の水がその通りであった。しかし、流れていかないのは初。
で、風呂用に買っていた排水パイプ用洗浄剤を使ってみた。2回ほど試したので、
効果があり抜けるようになった。しかし、ここで喜んだのは完全に間違いだった。
何となく気になったのか虫の知らせか。流しの下にある物入れの扉を開いて仰天。
なんと、そこに水があった。どうやら漏れていたらしい。試しに蛇口を捻ったら、
ボタボタと水が落ちてくる。仕方ないので雑巾で掃除をし、深夜なので放置した。

そして昨日のこと。試しに水を流したら・・・状況は全く変わらない。よく調べて
みると、配管の金属が完全に腐食していた。触ってみたらボロッと取れてしまう。
これがいけなかったようで、漏れがひどくなってしまった。もうここで水を流すと
確実に後悔するレベルである。仕方ないのでガムテープで応急処置をしたものの、
このままでいいわけがない。インターネットで検索して水道修理の業者を探した。
24時間対応のところが見つかったので連絡、26日に来てもらえることになった。
それにしても、さすが古いマンションである。こういうトラブルも楽しめるように
なってしまったのが痛いところだ。それにしても、修理にどのくらいかかるのか。

これで次の休日は完全オフになった。たまにはゆっくり休もう。休めるといいが。
b0016600_0475870.jpg

AB+ (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-12-25 00:47 | かみね動物園 | Comments(2)

プロハーフ

ハーフカメラというと、懐かしい思い出を持っている人も多いだろう。135mmの
フィルムを使い、撮影枚数が倍になってしまうカメラのことだ。有効画面サイズが
ちょうど半分くらいなので、36枚撮りフィルムを入れると72枚も撮れてしまう。
小学生の頃だったと思うが、このハーフカメラが大きな人気を博していた。母方の
実家にちょうどこのカメラがあり、欲しくてたまらなかった思い出がある。しかし
当時はフィルムの性能があまり良くなかったこともあり、写真そのものの質はやや
落ちてしまうことが多かった。そのためいつしかブームは去り、カメラも消えた。

ところが、最近このハーフカメラが密かな人気を集めている。小さくてかわいい、
たくさん撮れるなど理由は様々だが、特に女性の支持が高いようである。なかでも
リコーオートハーフ、オリンパスペンなどはその中心的存在。ジャンク品、という
名目で売られていても、買われていくケースが多いのだ。そしてハーフカメラには
一眼レフも存在していた。それがコニカFT-1モータープロハーフである。今では
ミノルタと合併してソニーになってしまったが、コニカといえば、多くのカメラを
発売してきたメーカーだ 。国内初のAE カメラを売り出したのもコニカであった。

ワインダーを内蔵して自動巻き上げを実現したFS-1の後継機、それがFT-1だ。
これの特別仕様モデルとして発売されたのがこのプロハーフである。レンズ交換式
一眼レフのハーフ版だ。外観上の違いは、「PROHALF」と書かれたシールが前面に
貼られているだけ。剥がしてしまえばノーマルボディと同じだ。ハーフにしたのは
証明写真用カメラとして需要があったため、とされている。撮影できる枚数が多く
その分経費を安くすることができた、というわけだ。そういう特殊用途向けなので
流通している台数も少ない。中古が出てくるとかなり高額である。で、なぜかこの
珍品カメラが複数在庫している。程度の良いものは94,500円もするのだ。つまり
この価格は、D300や7Dよりも大幅に高いことになる。使用感がそこそこあれば、
57,750円だ。おそらくは最も高いハーフカメラだろう。これがなかなかソソる。

見慣れない一眼レフだな→え、コニカ?それなに?→え、え、ハーフなのこれ??

ということになるわけだ。ううむ。ちょっと気になるのだが、いかんせん高いな。
b0016600_0431851.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-12-24 00:42 | かみね動物園 | Comments(0)

ラストツアー

2011年を振り返るとき、ベスト3に入るのがツアーのこと。それまでは動物園しか
担当していませんでしたが、4月から風景など他ジャンルの撮影も行うようになり、
仕事の休日の半分以上がツアーで埋まっている、なんてこともありました。たくさん
お客様と言葉を交わし、講師という立場の難しさや悔しさも経験しました。すべてが
新しい勉強だし、それに伴い宿題や課題も増えています。とても充実していました。

ラストとなった22日は、富士山の夕景を撮ろう 、という内容 。8時50分に平塚、
9時30分本厚木の2か所でお客様をお迎えしました。一昨日とは異なり天気がやや
心配な状況です。空は真っ白。晴れていると、本厚木に向かう途中から富士山が姿を
見せるのですが、全く確認できず。ただ、現地に近付くとハッキリ目視できるように
なってきたので一安心。まずは道の駅・朝霧高原で30分ほど散策しながらの撮影。
そして田貫湖へ向かいます。ここではたっぷり1時間確保できたので、ちょっとした
ハイキングのような雰囲気になりました。逆さ富士を撮ることもできて、お客様にも
ご満足いただけたようです。「12月にしては雪が少ない」という声もありましたが、
冠雪の富士山は見事なもの。それだけで絵になる存在でした。とても寒かったけど。

その後バスに揺られ、着いた先はさった峠展望台。ここで富士山と、東名高速を走る
クルマの光跡を狙います。まず三脚のポジションを決め、構図とピントをあらかじめ
決定しておきます。その後時間の経過とともに変わっていく露出を試しながら、いざ
暗くなるまで待つことに。たいへん寒い状況でしたが、お客様のカメラにトラブルは
なくて、無事に撮影を終えました。クルマの光跡がだんだん長くなっていくにつれ、
撮影に対する意気込みがどんどん上がっていきました。そんな雰囲気をストレートに
感じることができて、とても感慨深いものがありました。来年は宿泊のツアーが2つ
決定しています。今年より充実した楽しい撮影の時間になるよう、努めていきます。
b0016600_7513243.jpg

AB (7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2011-12-23 07:50 | 八木山動物公園 | Comments(0)

偶数モデルを狙おう

中古市場でも根強い人気を誇るのが、キヤノン2ケタシリーズ。20Dあたりだと、
さすがに底値ともいえるレベルになってきたが、30D以降の機種はまだまだ健在。
ところが、在庫と価格を調べてみると、なかなか面白いデータが浮かび上がった。

並品の価格をそれぞれ書いておくと、30Dは27,300円。40Dが31,500円だ。
その次の世代になると、50Dが50,400円。現行の60Dになると53,550円と、
当然だが新しくなるほど値段は高くなっていく。興味深いのはその価格差である。
30D→40Dだと4,200円 、50D→60Dではなんと3,150円しか離れていない。
これはつまり。偶数機種のほうが圧倒的に買い得感が大きい、ということになる。
例えば50Dを買いに来て、3,150円プラスすれば60Dが買えるのだ。基本的に、
デジタル一眼レフは後から出たモデルのほうが基本性能は高くなる。それを僅かに
プラスするだけで手に入れることができるなら、そちらを選んだほうがベターだ。

このような状況なので、やはり40Dと60Dは中古の人気が高い。60Dは新品でも
64,800円とかなり安くなっていたが、もともと中古があまり多くないこともあり
出てくると早い段階で売れることもある。40Dのほうはというと、一時はかなりの
在庫があったのだが、ここ最近はめっきり数が少なくなってきた。物事の結果には
必ず原因が存在しているのだが、カメラの価格を取ってみてもなかなか興味深い。
b0016600_0295896.jpg

AB (7D/NewFD500mmf4.5L)

オマケ
by keiji_takayama | 2011-12-22 00:29 | 東武動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama