<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

予定満載

旅行会社のスケジュール調整とはとてつもなく早いものだ。そろそろ4月頃までの
ツアーの日程が組まれつつある。なかなかのタイトな感じが、年明けも続きそう。
1月5本、2月6本、3月6本、4月2本がすでに確定している。シリーズ展開の
ツアーもあるので、けっこうな数になっている。仕事の休日はほとんどツアーだ。

泊まりでの企画もいくつかある。1つは以前ここで告知した大森山動物園である。
これは最重要と位置付けているので、何とか催行させたいものだ。これだけ多くの
日程があるのだが、実際はなかなかお客様が集まらずに中止になるケースもある。
11月は1ヶ月まるっきり休日がない状態であったが、ツアー中止になってしまい
日程が空いた日が数日発生している。たぶん、この日は写真を撮りに行くと思う。

担当している地域はまだまだツアーそのものが浸透しきれていない。どうにかして
もっと知名度を上げる必要があるのだ。来年の目標の1つが早くも決まってきた。
b0016600_7302996.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2011-10-31 07:29 | 東武動物公園 | Comments(0)

影響じわり

タイ水害によるニコンの被害が伝えられてから、問い合わせが次第に増えている。
最も多いのはD700やD7000の在庫について。ニコンから正式に出荷停止という
アナウンスがされたようで、ついに厳しい状況になってきた。レンズもまた然り。
量販店やカメラ店ではすでに在庫切れとなっているところも多いと聞くが、ウチは
基本的にはまだ大丈夫のようだ。といっても、時間との戦いになりそうではある。

一方ソニーのほうは、α77人気が一段落してきた。新しいレンズがセットされる
レンズキットは、在庫がかなり少なくなっている。こちらのほうは、品物の供給が
年内どころか来年の春頃までかかってしまいそうだという話もあり、今ある在庫も
近い段階で売り切れてしまう可能性がある。一眼レフがこのような状況にあるなか
ミラーレスは元気だ。オリンパスE-P3はまだまだ好調だし、やや出足の鈍かった
ニコン1シリーズも、少しずつ浸透してきた感がある。年末の中心はこちらかも。

先日E-P1で撮影したスナップを見てみたい、というリクエストをいただいたので
いくつか載せていきます。放置している「おさんぽ写真館」も何とかしないとね。

b0016600_1022311.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L)

E-P1作例
by keiji_takayama | 2011-10-30 10:21 | 東武動物公園 | Comments(4)

いまだにMO

昔からそうなのだが、1つ物事を決めるとずっとそのまま続ける傾向が強い。例えば
これは食べ物にも当て嵌まるのだが、ある店のメニューを気に入ると、飽きるまでは
そればかり食べることになる。今年の夏は職場の同僚においしいそば屋さんを教えて
もらったのだが、あまりに気に入って3週間ほど通ったことがあった。さすがに少し
飽きたなと思っていたら、今度は焼肉屋にハマッた。シフトの関係上こちらは毎日と
いうわけにもいかないのだが、タイミングが合うと昼食はここで食べることが多い。

話が逸れてしまったが、ずっと1つの方法しか採用しないために、年月が経過すると
完全に遅れているというイメージを抱かれてしまう 。データ保存にMOを使っている
という話をすると、ものすごく驚かれるのだ。でもそれで十分だし、システムを全部
変えることのほうが面倒。データ記録画面が露出しているメディアが好きではない、
などいくつか理由もあるのだが、店ではどんどん販売スペースが縮小され、なおかつ
Mac用なので下手するとどこにも置いていない。唯一といっていい存在だった新宿の
ヨドバシカメラでも在庫が減ってしまい、途方に暮れる寸前だった。最近ではネット
オークションによく出品されるので、これを落札することがある。先日も50枚組を
約5,000円で落札できた。普通に店舗で買っていた頃は5枚で2,700円だったので、
もうこれは格安なレベルである。いつなくなるか解らないが、今のところはかなりの
ローコストである。とはいえ、7Dにカメラを変えてからデータの容量が増えていて、
これがかなり悩みの種だ。ホントは撮影枚数をもっと減らさないといけないのだが、
実際は逆で増加傾向にある。このままだと、何枚あっても足りなくなりそうなのだ。
b0016600_7422798.jpg

AB (7D/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2011-10-29 07:41 | 東山動植物園 | Comments(2)

ご近所散歩

休日だったので、上野動物園にでも行こうかなと考えていた。でも強いものではなく
ただ漠然とそう思っていただけ。撮りに行かないとストックがないなぁ、というのが
出掛けることの最も大きな理由だった。そんな曖昧さが災いしたようで、漲るような
ヤル気が出てこない。仕方ないか、というのが先に立っていたように思う。そして、
結局は仕度したものの出掛ける気力が失せてしまい、部屋の掃除でもしてのんびりと
過ごすことにした。あらかた終わったら寝ようと思っていたけど、何故か思い立ち、
先日買ったE-P1をぶら下げて近所を散歩してみることにした。なんと初の試みだ。

以前から、すぐ近所にある神社と公園が気になっていた。タイミングが合わなくて、
なかなか行けずじまいだったのだが、今日はチャンスだと思った。小さなカメラを、
首から下げて歩くのはなかなか楽しいものだ。いつもと全く違うシチュエーション。
作品になる被写体を探すのではない。歩きながら面白いと思ったもの全てにカメラを
向けて、シャッターを切る。レンズは古いペンタックスとオリンパスの50mmだけ。
モニターをじっくり見ながらピントを合わせるのも楽しいものだ。線路脇を眺めると
コスモスが少し咲いていた。大きな公園のように見渡す限り、というわけではない。
しかし、とても元気なコスモスだった。ちょっと高いところにあったので驚いたが。
花びらも傷んでおらず、なかなかにフォトジェニックだったのだ。目の前には大きな
鉄塔があり、これがいろいろな想像を掻き立てる。新しく新鮮な発見の連続だった。

帰り道は結果的にちょっと大回りをすることになった。この町に引っ越してきてから
初めて足を踏み入れるエリアである。すると、ここでも新たな発見があった。あると
いいなと思っていた店がいくつか見つかったのだ。ご近所散歩は、とても有意義だ。
b0016600_10222547.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-28 10:21 | 多摩動物公園 | Comments(0)

トキナー10-17mm

昨日のツアーではいつものタムロン18-270mmに加えて、トキナー10-17mmも
連れて行くことにした。たまたま借りることができたので 、どう写るのかテストを
しようと思ったのだ 。ここ最近トキナーに対するイメージがあまり良くないので、
それを裏切ってくれることも期待していた。買い取り品などで査定をしていると、
歴然と解ってしまう事実がある。かつてトキナーはシグマやタムロンより好きで、
しかも様々な話題を提供してくれていた。しかし、数年前からどうも目立たない。
これにはいろいろと理由もあるのだと思うが、何とか頑張ってほしいものである。

この10-17mmというのは、いわゆるフィッシュアイズームだ 。このクラスだと
これまであまり使ったことがない。かつて持っていたのはシグマの古い16mmと、
ペンタックスのフィッシュアイズーム、17-28mmであった。しかしこの2本は、
もともとフィルム用のレンズだ。APS-Cのカメラに装着すると、普通の広角とほぼ
変わらなくなってしまう。そこで、この10-17mmを一度使ってみたかったのだ。

で、富士山の撮影で使用してみたら、これがとても面白かった。世界が変わるし、
ワイド感がとにかくたまらないのだ。ただ、広く写ることの難しさもあるけれど。
使い方次第によっては、たくさんの表現ができるだろう。想像以上に面白かった。
ただし1つ問題が出ている。これは借り物だということだ。返したくなくなった。
中古だと33,000円くらいだ。下取り交換して、戦力に加えてみようかな・・・ 。
b0016600_10335180.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-27 10:32 | 多摩動物公園 | Comments(0)

富士山撮影会

本日はツアーで富士山に行ってきました。目的はダイヤモンド富士。それまでは、
周辺で富士山の風景を撮影しました。朝からとても良い天気でしたが、だんだんと
曇り空が広がる展開。第1の撮影地に到着した時は見えていましたが、次の場所は
完全に雲に隠れてしまい何も見えない状態です。この日は同じ旅行会社のツアーが
他にいくつか出ていたこともあって、少し早めにメインの場所に移動することに。

ここで2時間ほど待っていよいよメインイベント。太陽が富士山の山頂に落ちる、
その姿はとても美しく、見事の一言でした。これはまた行ってみたい。富士山が、
被写体として人気が高い理由の一端を垣間見た気がしました。お客さんもご満足。
b0016600_005792.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-26 23:56 | 東山動植物園 | Comments(0)

水害とソニー

つい先日、タイ水害でニコンの工場に大きな被害が出ていると書いたが、20日には
ソニーもリリースを出した。洪水の影響によって、生産活動が停止しているという。
11月に発売予定だった、NEXシリーズのフラッグシップである「NEX-7」を筆頭に
「NEX-5N」「NEX-C3」のダブルズームキット、そして「α65」シリーズがそれ。
発売日は未定となっているが、これは当分出てくることはないだろう。工場の整備が
全くできていないし、復旧がいつになるのか見当もついていないようだ。前評判から
とても人気があり、各カメラ店でも多くの予約が入っているであろう「NEX-7」が、
年末商戦から姿を消す。これはユーザー、販売店双方にとって痛い話であろう。まだ
発売してから間もないα77も、今後おそらく完全な品薄になると予想されている。

そしてどうやら、物流が全く機能していないらしいのだ。つまりは生産してもそれを
運ぶことができない。工場は浸水しているようだし、最低でも半年はかかるという。

このような状況の中、突如としてα900が再入荷した 。価格は19万9800円だ。
そして、かなりムリのある話だと思うのだけど、新しい機種が手に入らないのなら、
繋ぎ(というにはあまりに贅沢だが)としてフルサイズを楽しむのも選択の1つだ。
b0016600_822268.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-25 08:01 | 多摩動物公園 | Comments(0)

しりがつら

東山のサル舎はやや地味な存在である。方向を示す看板は出ているが、そちらには
向かう人の姿も少なめだった。それもそのはずで、ちょっと寂しい雰囲気が漂って
いるのがすぐに解ってしまうからだ。「この奥は絶対に寂れている」という感想を
まず抱くであろう。これまで東山に何度か来ているが、ここに向かったのは今回で
ようやく2回目である。そして、さらに奥まったところで奇妙なサルを見つけた。

その小さな檻でちょこまか動いていたのは、明らかに「おしり」だった。或いは、
「おしりの形をしたカツラをかぶったサル」ということになろうか。第一印象で、
そんな強烈なインパクトを感じてしまったのだ。それ以降はカメラを構えていても
とにかく「おしり」にしか見えなかった。名前をヒゲサキという。紹介によると、
頭の中心線から左右に分かれて盛り上がる毛冠と、顔とほぼ同じ長さのアゴヒゲを
持っている。なんでこのような名前になったのか。ヒゲが先?調べてみたけれど、
それらしい回答は得られなかった。なんとも謎が多いサルである。だったらまずは
写真を撮ってみようと思ったのだけど、あまりに動くのでポイントが定まらない。
そうこうしていたら無理な体勢に疲れ果ててしまい、試合終了。なんとなくだが、
モンスターを追っかけるゲームをやって散々逃げられた挙げ句、何もできないまま
終わってしまった感じ。それにしても奇妙な姿をしている。カツラ取ってみたい。
b0016600_7483512.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2011-10-24 07:48 | 東山動植物園 | Comments(4)

大本命

東山で一番撮りたかったのは、やはりトラだった。しかし、何度か立ち寄るものの
常にごろんと横になっている状態。小さなお客さんたちの呼びかけにも反応せず、
ひたすら寝ていた。それはそれでとても気持ちよさそうなのであるが、檻の近くで
これをされると手も足も出ない。これは夕方勝負かなと思って再度チャレンジする
ことにした。午後になって何度目かのタイミングで、ようやく起きたらしい。檻の
中を歩き回っていた。どこかで立ち止まるのを待っている余裕もないので、歩いて
いるシーンで何か撮れないかと思い、狙うことにした。ポイントが早々に決まった
こともあり、さほど難しいとは感じなかった。舌チラはオマケ。このトラは確か、
女の子である。それらしいちょっと茶目っ気のある表情だ。待った甲斐があった。
b0016600_803583.jpg

AB (7D/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2011-10-23 07:59 | 東山動植物園 | Comments(2)

動物園ランキング

先日、インターネットニュースで伝えられていた話。利用者の口コミによって順位を
決定するサイトがあるのだが、これの「行ってよかった動物園」ランキング2011が
発表されたという。口コミというのがちょっと興味を引いたので、見てみることに。
ところがこれ、かなり意外なものだった。1位が旭山というのはなんとなく解るが。

関東地方で最も評価が高かったのはなんと野毛山だ。これが4位。これに続いたのが
井の頭の9位だが、その次はなんと、江戸川である。これが11位だ。この3つには
園内が割と平坦、さほど広くないという共通点がある。野毛山と江戸川は無料であり
どうもこれが高ランクのポイントのようだ。6位と7位が八木山と盛岡。東北地方の
動物園が並んでいる。ちなみにズーラシア15位、上野16位、多摩18位。なんと、
通常よくある動物園ランキングとは全く異なる結果になった。このランキング上位の
園といえば、申し訳ないが写真撮影の魅力には乏しいところである。何でも撮影から
考えてしまうのは悪い癖なのだが。カメラを持たずに行ったら、また違った楽しさを
発見できるかもしれない。そういう意味で興味深かった。ちなみに2位は、パンダが
ウリである和歌山のアドベンチャーワールド。3位は大分のアフリカンサファリだ。

写真は、撮れると計算していてほとんどアウトだったゴリラ。チャンスなしでした。
b0016600_835464.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-22 08:03 | 東山動植物園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama