<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

初出動

横浜・三渓園で紅葉を見てきた。大船で働いていた頃は、ここの話をお客さんから
よく聞いていた。これまで一度も出掛けたことがなく、ようやく実現することに。
せっかくだし、先日手に入れたマイクロフォーサーズ、パナソニックG1 、GF1の
2つをテストしてみた。レンズは当然古いマニュアル。逆光では使えない。園内は
ほどよく紅葉が進んでいて、シャッターチャンスの宝庫であった。いつもならば、
いろいろな素材にカメラを向けるところだが、どうもしっくり来ない。何かが違う
という違和感を、撮影中ずっと抱えることになった。一眼レフに慣れている身には
どうしても使いにくいところがある。シャッタータイムラグが大きいし、想像した
以上にモニターの色とファインダーの色に違いがあった。結論を言ってしまうと、
遊び以外で使うことはない。全体の信用度が低いからだ。そして疲れてしまった。
b0016600_1225184.jpg

AB− (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-11-30 23:54 | 羽村市動物公園 | Comments(4)

ぬぅ

好奇心旺盛なキリンの仔。隙間からぬぅと口元が覗きました。
b0016600_324517.jpg

AB- (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-11-29 23:35 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

18,896

ズーラシアに出掛けてきた。いつもの撮影ではなく、リラックスした雰囲気のなか、
大勢で動物園さんぽを楽しんだ。午前11時に集合して園内に入ったのだが、ここで
想像を遙かに超える混雑に直面した。ここに通うようになって7年経過しているが、
こんなにたくさんの人がいたのは見たことがない、というくらいの盛況ぶりだった。
とにかく親子連れが多く、ベビーカーで渋滞が起きるほどだ。これは写真どころでは
なくかなり苦戦すると思われたが、そこは幼稚園の遠足と一緒。そのうちに緩和され
十分に楽しむことができた。いつもの大きな望遠ではなく、小さめのレンズを持参。
首からはコンパクトタイプのデジカメをブラさげていた。帰りはバスの列があまりに
長かったので、最寄り駅まで歩いて帰ることに。ケイタイに万歩計の機能があるので
あとで見てみたら18,896歩だった。これは11.3km歩いたことになり、624kcalを
消費したことになるそうだ。脂肪燃焼は89gだって・・・。楽しい休日を過ごせた。
b0016600_23454913.jpg

AB− (kissD N/SMCタクマー135mmf2.5)
by keiji_takayama | 2010-11-28 23:45 | ズーラシア | Comments(0)

ベストセラー

本屋さんなどでよく「隠れたベストセラー」と呼ばれる本がある。目立っている、
というわけではないが、じわりじわりとよく売れているようだ。写真関係の本でも
そうした性質のものがある。ウチの店舗ではハッセルブラッドやライカの解説本が
根強い人気を保っているけど 、その上をいくのが「ニコンF3最強伝説」である。

この本は文庫サイズ、税込714円。帰りの電車でさらりと読める手軽さがウリだ。
写真の本としてシリーズ化されていて、その大半を在庫している。ほかにも面白い
内容のものがあるようだが、とにかくF3の本はよく売れるのだ。おそらく世代を
問わない人気があるからだろう。ニコンのフラッグシップとして君臨していた頃、
買いたくても買えない憧れだった世代。そして、今持っているよという若い世代。
今では3万円もあれば、きちんと使えるF3は手に入る。ジウジアーロデザインは
発売から30年経過しても色褪せず、ウィンドウに並べるとカッコ良さは健在だ。

かつて、このF3とキヤノンNewF-1、ペンタックスLXは「ビッグ3」と呼ばれ、
カメラ雑誌でもいろんな記事が組まれていた。F-1とLXは所有し 、使ったことも
あるのだが、F3だけは使ったことはあるが所有したことがない。なんとも皮肉だ。
b0016600_23292767.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-11-27 23:28 | かみね動物園 | Comments(0)

命名

もう3年ほど前になるが、カメラに名前をつけている女性と知り合った。舶来モノの
2眼レフなのだが、その武骨なスタイルをもつカメラの名前が「りんご」であった 。
時に機嫌が悪くなるりんごちゃんと、うまく付き合っていこうとしていた。そういう
話を聞いていたら、ちょこんとテーブルに乗せられていたカメラが、すっかり名前と
同じイメージになっていた。これまでそういう感情をカメラに全く持っていなかった
こともあり、不思議だけどやたら新鮮だったのだ。で、ここ最近カメラ好きな女子と
知り合う機会が何度かあったのだが、やはりカメラには名前がちゃんと付いていた。
面白いもので、カメラもちゃんとおめかししている。カラフルなストラップ、暖かい
雰囲気のカメラケースなどに包まれて、なんだかカメラも笑っているようであった。

うちのカメラに名前を付けたらどうなるか、をちょっと考えてみたのだが、いつもの
使い方から考えると間違いなくオトコである。時代劇に出てくる名前が似合いそう。
b0016600_1363829.jpg

AB− (30D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2010-11-26 23:49 | かみね動物園 | Comments(0)

年式

お客さんから電話でキヤノンレンズの問い合わせを受ける際、聞かれることがある。
それは、マウント部に刻印されているアルファベットだ。実はこれ、製造した工場と
年式を表したものだという。当然、年式の新しいものが欲しいというわけだ。確かに
その通りかもしれないので、個人の考えなどは全く入れず、そのまま回答している。

だが、中古というのは新しいから良いとは限らない。これは中古車と同じだ。走った
距離が明確にわかるクルマと違い、レンズの場合は判断が難しくなる。電話だとこの
あたりがさらに難解になるのだが、まず最初に「いつ作られたのか」を重視する人が
増えたのはちょっと驚いた。新しい=良いという考えを否定するつもりはないけど、
価格面と合わせ「中古ならではの買い得感」を楽しんだ方がリスクは少ないと思う。
b0016600_0301721.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-11-25 23:40 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

困った

またストック切れだ〜。次撮りに行けるのは12月・・・。どうしよう(笑)
b0016600_2441018.jpg

AB− (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-11-24 23:32 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

明日は

明日は休み。どこに行こうかな。

飲んで帰ってきてこんなことを考えていたら、結局そのまま寝てしまった。
最近酒を飲む機会が大きく増えた。昔は全くダメだったのに、変わったな。
b0016600_874758.jpg

AB− (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-11-23 23:07 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

タイミング

給料日が近づくと、ムチャクチャほしい機材が出てくるのは何故だろう。
b0016600_228137.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-11-22 21:43 | 羽村市動物公園 | Comments(2)

保護は苦手

デジタルカメラのモニターを保護するという透明フィルム。新品のカメラと一緒に
オススメするアクセサリーの定番である。が、購入してもなかなかうまく貼れない
というお客さんが多い。そこで「プロに貼ってほしい」という依頼をよく受ける。
断言するが、フィルム貼りのプロではない。正直に言えば、苦手。店の業務では、
うまくできないベスト3に入ると思う。実際一度お客さんのカメラに貼ろうとして
見事に失敗したことがある。それ以来、なるべく受けないようにしているのだが、
まぁそうも言っていられないことがある。さほど混雑していない時などは、得意と
している別のスタッフに頼むことが多い。しかし、バタバタしている最中に依頼を
受けたので、購入してもらったペンタックスK-5に貼ることになった。やっぱり、
写真を撮ることのほうが数倍楽だ。ホコリが舞っているので空気が入ってしまう。
結局何度かやり直してようやく貼ったのだが、どうやっても苦手意識が抜けない。

もともと機材の使い方が荒いので、保護をするという概念がない。困ったものだ。
b0016600_1202967.jpg

AB+ (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-11-21 23:06 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama