<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

限界

ひょんなことから戦力として加わったニコン600mmf5.6。雨用として導入したのに、
使うたびに評価が上がり、ついには遠征に持ち出すまでになった。だが、やはり限界は
低かったのだ。壊れてるし、ホコリは多いし、カビが生えていたりするから仕方ない。

これまで、このレンズの出番は雨以外では曇りだけ。晴れたらマトモに写らないことは
解っていたけど、ひょっとしたらと思わせるものがあったので、甘くなってしまった。
東山は快晴で、ところどころで明るい光が差し込む状況。こうなると、カビやホコリは
レンズ内で反射を起こすことがあり、余計な光を感じるからコントラストが低下する。
撮影中から気付いてはいたけど、覚悟しての選択だった。ハッキリとそれが解ったので
収穫があったと言うべきだろう。結果、レンズの序列はこれまで通り。でも、最近では
このニコンレンズの出番が最も多かった。そのうち、D3と組み合わせて使ってみよう。
b0016600_2493848.jpg

AB− (30D/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-02-28 23:53 | 東山動植物園 | Comments(0)

久々の東山

かなり久々、東山動物園に行ってきました。ちょうどmixiでオフ会が企画されたので
便乗して何か撮ってこれたらいいなと思ったわけです。東京では朝から雨でしたが 、
名古屋はすっかり快晴という連絡を受け 、新幹線に乗って楽しんできました。東山は
これまでに何度か出掛けてますが、あまり相性の良いところではない 、という印象が
どうしても拭えないところの1つです。どうも檻がうまくヌケないのも理由かなぁ。

そんなこんなで、いつもとは違った雰囲気のなかで撮影してきました。1人だと必ず
立ち寄るネコ科のところには全く行かなかったけど、トラとライオンは撮れました。
そう、東山といえばやっぱりサンくんですね。最初寄ったときは室内にいたけれど、
時間を開けて再び行ってみたら、外に出てました。相変わらずのガラス張りですね。
立ち位置を決めたものの、離れて撮らないといけないので映り込みが気になります。
ただ、ある場所に他のお客さんが立ってくれると解消されるので、そのタイミングを
狙ってファインダーを睨み付けます。あとはサンくんに期待しつつ、横顔をぱちり。
b0016600_23551158.jpg

AB (1D MarkⅡ/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-02-27 23:55 | 東山動植物園 | Comments(4)

予定

明日は久々に遠征を予定してます。新幹線に乗って、開園から閉園まで。といっても
ちゃんと起きられたら、だけどね。mixiのオフ会があることをたまたま知ったので、
便乗して、ついでにここは数年振りなので楽しそうと思いました。ところが、なんと
予報が雨なんですよ。こんなところで雨男の本領を発揮することになりました。まだ
そのことは内緒にしてますが(笑) 起きられるか、ということが最大の懸案なのです。

で、28日は出勤。そして3月1日は撮影会です。予想以上に多くのお客様がご参加
くださったようで、ちょっと驚きました。講義が緊張してしまいそう。これまで2回
開催していますが、参加のお客様はバスツアーほど多くありません。そのため、直接
質問をいろいろ受けることができたのだけど、次回さすがに難しくなるかな・・・。

そんなこんなでちょっと慌ただしい週末になりそう。ここに載せる写真も、いくつか
撮れるといいのだけど。というか撮ってこないとかなりマズいことになりそうです。
b0016600_2356144.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2010-02-26 23:57 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

X4

キヤノンの新製品、kissX4が明日から発売になる。そこそこ予約も入っているので、
担当スタッフは入荷連絡などで忙しそうにしていた。このkissシリーズ、もともとは
kissデジタルという名前だったのだが、X2から「デジタル」という冠がなくなって、
x3、そして今回のX4とモデルチェンジされている 。サイクルが早くて驚くのだが、
だからといって旧型になったX3のどこが悪いのかというと、何も見当たらないのだ。

加えてXシリーズは、撮影会に参加してくださるお客様の所有率が抜群に高い。軽量、
小型であることと、広告に動物を使用していることも理由の1つだろう。さて、この
X4だけど、なんと!1800万画素もある。初代kissデジが確か630万画素だったと
記憶しているが、その約3倍だ。エントリーモデルにここまでの画素が必要なのか、
データが重くなるから気軽にパチパチ撮れなくなる、という意見もあった。おそらく
性能だけで判断するなら何の不満もないだろう。でも、買い替えるとバッテリーなど
共通ではないので、さらに出費がかさんでしまう。メーカーも苦労しているようだ。
b0016600_23314086.jpg

AB− (1D MarkⅡ/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2010-02-25 23:32 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

クレーム

カメラが動かないレンズにゴミが入ってる、買ったフィルターのサイズが違う!など
クレームがいろいろ入ることがある。お客さんから話を伺って、解決策を探すのだ。

こういう場合、連絡先などを聞くのは当たり前の話である。名乗ってもらわないと、
話を聞くことも対応することもできないからだ。主張を通したいのであれば、まずは
きちんと自らのことを伝えること、が常識だと考えている。そうでなければ、それが
例えば正論であっても相手に伝わることはない。その辺の落書きと同じだといえる。
b0016600_23561874.jpg

AB− (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-02-24 23:56 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

知名度

撮影会をやったりmixiのオフ会に参加したり。カメラ店に勤める身としてはかなり
様々な層のユーザーと接していると思う。ときたま店の話をするのだが 、知名度が
ハッキリと分かれていて興味深いのだ。撮影経験が長い年配の皆さんには圧倒的に
知られている。カメラ雑誌によく広告を載せていることも理由だろう。知っている
というだけでなく、利用してくださっているケースも多々あり、有り難いことだ。
ところが、である。これが若年層になると完全に逆。「知らないです」と言われる
ことも1度や2度ではなく、ちょっと驚いた。今でこそ割と有名な店だと思われて
いるようだが、これに胡座をかいていると、とんでもないことになりそうである。

一方、ウチとよく比較される某店の話。ここは近年店を改装して、とてもキレイで
ちょっとゴージャスな雰囲気になった。フィルムカメラに力を注いでいるようで、
ディスプレイにはスタッフが撮影した作例写真も使われているそうだ。ここの場合
ウチとは知名度が逆である。近くに量販店もあるから、そのついでに寄る、という
こともきっとあるだろう。近くに中古店もいくつかあるし、何軒か回って探せる、
というのはやはり店を知る意味でも大きいのだと思う。スルーできない話である。
b0016600_2350146.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-02-23 23:50 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

初忘れ

休日でしたが、別の仕事でズーラシアに出掛けました。次の撮影会がここなのです。
講義で使用する作例を撮ってくる必要がありました。でも行くからには、いつも通り
機材を担ぐことになります。何か撮れるといいなぁ、くらいの気持ちで挑むことに。

最寄駅からタクシーを使い、ズーラシアに到着したのは午後12時半頃。いつも通り
園内に入り、大小のズームで目的のカットを撮っていきます。それなりに集中して、
ふとポケットを探って携帯を取り出そうとしたら・・・。ない。あるはずのものが、
そこにないというのは猛烈に焦ります。これで完全に泡を食ってしまい、しばらくは
服やバッグを調べることになりました。でも、ないものはない。この段階で初めて、
タクシーの中に置いてきた可能性を疑います。支払の時に横に置いて、回収するのを
すっかり忘れていました。たまたま領収書をもらっていたので連絡しようとするも、
今度は公衆電話がない。仕方ないのでしばらく撮影を続けることにしました。案内を
見ると、公衆電話はいったん出口から外に出ないと設置されてません。そんなわけで
オカピに向かう途中で寄り道し、電話を掛けることにしました。携帯は予想通りで、
タクシーの中に。再び園内に戻って撮影を続けました。ズーラシアらしいというか、
600mmを使う機会はほとんどなくて、なんと2回シャッターを切っただけ・・・。
ちょっと意外な気もするけど、携帯をどこかに忘れたのは初めてでした。予想以上に
慌ててしまうものです。なくしたら、それで連絡が取れなくなる相手が多いですし。

写真のチンパンジー、耳をケガしたらしく出血していました。かなり気になる様子。
そういえば先日、起きたらいきなり両方の鼻から血が出てきました。ビックリです。
b0016600_2155082.jpg

AB (30D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2010-02-22 21:07 | ズーラシア | Comments(0)

線路内落下

数日前、鉄道写真を撮るために線路内に立ち入ってしまい、特急を緊急停車させた、
というニュースがあった。より良い写真を撮るために場所を選ぶのは、カメラマンの
ウデの1つであるとは思う。しかし、ここまで加熱してしまうとちょっと恐ろしい。

これを聞いて思い出したことがあった。前にも書いたが、小学生の頃は電車の写真を
撮っていた。キヤノンのコンパクトカメラを持ち、始発で上野駅や東京駅に行って、
寝台特急が到着するのを待っていたのである。当時の東京駅は同じような目的の奴が
わんさかと押し寄せていて、到着する際はもう大騒ぎだった。持っていたカメラには
広角系のレンズが装着されていたので、近寄らなければ大きく撮ることができない。
で、必然的に列車に近付くことになり、ホームには警笛が鳴り響き、駅員は怒鳴る。
そんなある日、特急富士の客車を撮ろうとホームの端でカメラを構えていた。すると
誰かに背中を押されたのだ。当然、そのまま線路に落ちた。何が起きたのか解らず、
目の前に客車があって、とても大きく見えたことを覚えている。すぐ上がったけれど
駅員にこっぴどく怒られた。電車を止めたわけではないが、線路に立ち入ったのだ。

写真が撮りやすくなり、被写体も増えた。だからこそ、守るべきことがあると思う。
植物園や寺院など、撮影禁止になった場所も多い。カメラは良くなったが、撮影者の
レベルは確実に落ちていると感じることがある。病だけではなく、マナーも気から。
b0016600_2315208.jpg

AB+ (1D MarkⅡ/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-02-21 23:15 | 千葉市動物公園 | Comments(2)

雨と雪

今年は、少なくとも昨年より雪が降っているように思う。東京在住だと、なかなか
雪の動物園というシチュエーションが狙えない。降ったあとならそうでもないが、
やはり絵になるのは舞っているまさにその瞬間、なのである。もう5年前になるが
秋田・大森山動物園に出掛けたときは感動的だった。日帰りの予定を当日変更し、
もう1日帰りを延ばしたのだ。自他共に認める雨男だが、どうも雪は雨とは異なり
全く縁がないのである。休日前日や翌日に降るケースが最も多いので、雪景色すら
見ていない。もうかれこれ数年、こんな状況が続いている。天気相手だから文句を
言っても仕方ないが、タイミングのズレをどこかで修正したいものだ。結局今年も
おそらく雪のシーンは撮れなさそうだ。3月もどこかで降ってくれるといいけど。
b0016600_2341485.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-02-20 23:41 | 多摩動物公園 | Comments(0)

まさか

ここのところ撮影会が続いているので、休日も早起きだ。1日中寝ている、という
ケースが極端に減ったし、それなりにきちんと時間を使っているのかもしれない。
3月の第3週まで、週一ペースでツアーがある。休日は人並みに週2日あるのだが、
このうち1日は撮影会、そしてもう1日は講義で使う作例を撮りに出掛けている。

こういう切羽詰まった状況にならないと動かない、というのは昔から変わらない。

それにしても、まさかこうして誰かの前で話をするようになるとは思わなかった。
人前で話をしたのは中学生の頃、クラスの代表として学園祭の弁論大会に参加した
くらいのものだ。あ〜、怒られてクラス全員の前で謝ったことが何度かあったな。
こういう立場になったら、まずは「話し方教室」に通わないと。早口だし・・・。
b0016600_23455291.jpg

AB− (1D MarkⅡ/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-02-19 23:46 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama