<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

黄色いリボン

こちらは♀のエンジェルさん。いつも舌をチラッと出しています。キングくんが豪快な
雰囲気を醸し出しているのとは対照的。おしとやかで上品なイメージです。室内に入る
時間が近付いてきたころ、扉の前に座ってじっとしていました。後ろには黄色い葉が、
ちょっとだけ残ってます。これをリボンに見立て、背景に残しました。女の子だしね。

とりあえず、本職の仕事は昨日で終了。でも今日から、前の会社で缶詰めになります 。
10月以来手伝いに出掛けてなかったので、やることがそれこそ文字通り山積みでして。
一年分のまとめを三日間で仕上げるので、ちょっと気合を入れて頑張ろうと思います。

しかし、もう大晦日なんですねぇ。ここでも、一年のあゆみを少しずつやっていこうと
考えてはいたけれど、結局どれもダメでした。10大ニュースとか10ベスト写真とか。
年賀状はこれから投函だし、カレンダーの発送はまだ半分くらい残ってるし。ここまで
遅くなったのは久しぶりかもしれません。いろいろな意味で、2007年を象徴している
ような気がします。とにかく落ちるところまで落ちた、というのが正直なところです。
写真のレベルもそうだし、モチベーションもまた然り。こういうのはちゃんと伝わって
しまうもので、アクセス数はなんと半分になりました(笑) 来年は逆襲の年になるかな。
落ちたら次は上がるだけ、と励ましてくださった○○さん、どうもありがとう。上りの
階段をここにきてようやく見つけられたような感があるので、来年も頑張ってみます。

2008年は、大きなイベント(だと思う)が2つ控えてます。ここに書けるといいけど。
b0016600_11351881.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2007-12-31 11:35 | 日本平動物園 | Comments(12)

コイズミさん

立派な鬣を振り乱し、鋭い視線を向けるのはキングくん。名前通り、堂々としています。
このシーンを見てどうしても思い出すのが、コイズミ元首相の絶叫型演説なんですねぇ。
声を嗄らし郵政民営化を訴えていた、あの選挙での映像がフラッシュバックするのです。
天気がよかったこともあり、キングくんはいろいろな表情を見せてくれました。いくつか
掲載しようと思ってます。日本平に行くと、結局ライオンとトラで終わってしまうなぁ。

店で買い取り査定をしていたときの話。定価20万円を超える、キヤノンのズームです。
ある程度使い込まれた感がありました。 レンズのなかをライトで照らすと大きな傷が 。
たぶんこれ、お客様は気付いてないだろうなぁと思いつつ、結果と金額を告げたのです。
さすがに驚いていました。そんなところ、どうしたって傷の付けようがないのですから。
話を伺うと、以前ピント調整で修理に出したことがある、ということでした。あくまでも
可能性の話ですが、その時に付けられたと考えられます。説明したので納得してもらえた
とはいうものの、これはひどいとかなり怒ってました。こういうケース、多いんですよ。

使っている600mmは、もし故障したら修理は不可です。できることなら毎年きっちりと
メンテナンスを施したいけど、こういうケースを目にするとなかなか修理に出せません。
ユーザーはメーカーを信用して機材を預けるわけですし、こういうのはあんまりですね。
b0016600_732131.jpg

AB+ (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-12-30 07:32 | 日本平動物園 | Comments(4)

福袋

昨日で大半の会社が仕事納めだったらしく、夜の新宿はたいへんな混雑でした。最近夕食は
ここの西口にある岐阜屋という中華料理店に行くことが多いのですが、いつもは混んでても
なんとか入れるのに、しばらく並んで待ってないとダメ、な状況。駅や電車は酔っぱらいの
皆さんが活躍し、立って寝ながら吊革を持ってるので、まるで鼻を動かすゾウさんのような
動きをしていたり。雨が降っていたけど当然傘は持っておらず、濡れ鼠になり帰りました。

店は大晦日まで営業し、新年は3日から。ええ、福袋を販売します。数量限定なのですが、
これが毎年かなりの人気を集めているようで、行列ができるそうです。加えて、新品機材も
通常価格より安くなる品物があるため、店内は大混雑になるそうな。ここで迎える初めての
正月だけど、どんなことになるのか戦々恐々です。お客様にとっても、目当ての品物を手に
入れられるかどうか、という日だと思います。さて、価格はいくらになるんだろう・・・。
これが発表になるのはまだすこし先なので、問い合わせの電話がかなり多いです。新製品も
含まれているみたいですし、気持ちはすごく解ります。それにしても、気合入ってるなぁ。
b0016600_7423953.jpg

AB (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-12-29 07:43 | 多摩動物公園 | Comments(0)

アンバランス

遠くを睨み付けていたヨーロッパオオカミ。カッコいいゾと思ってレンズを向けたけど、
背景の人工岩がモロに写り込んでしまいます。これだと凄みが全く出ないと感じたので、
テレコンを装着してカットしようと考えました。ところが、カメラを外しているすきに、
オオカミは別の場所に移動してしまったのです。まぁよくあるパターンですね。ちょっと
そのまま待ってて!と心のなかで叫んでいるけれど、こればかりはなかなか通じません。
仕方ないので、そのまましばらく待つことにしました。じっとしていればまた同じ場所に
やってくるかな、と思って。これは当たりました。ええ、待ってましたよ。ありがとね。

ところで、このカットをよく眺めてみると、目元は鋭いけど、口元はやや緩いですよね。
はい、目を隠してみましょう。口だけを見ると、なんだかほくそ笑んでいるようですよ。
これ、何かに似ているなとずっと思っていたんだよなぁ。それはあの、ケンケンでした。

さて、店の話でも。買い取りをさせてもらうとき、商談が成立すると査定用紙にお客様の
個人情報をいただくことになります。名前や生年月日を記入してもらうんですね。そこで
ビックリすることがありました。そう、同じ日だったのです。オマケしちゃおうかな、と
思ったけど、そのお客様のお持ちになったカメラとレンズはとてもキレイな状態でして、
どちらも上限価格で査定していたのでした。でも、当日だったらご祝儀upしちゃいそう。
b0016600_1365691.jpg

AB+ (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-12-28 01:37 | 多摩動物公園 | Comments(2)

2007撮り納め

2007年動物園撮影の撮り納めは、やはり千葉でした。今年も、訪問数はダントツ一位 。
天候もまずまず、お客さんの姿もやや少なめで、のんびりとした雰囲気を楽しめました。
レッサーパンダはとても元気でよく動き回り、写真を撮っている人たちも大忙しの様子。
やや肌寒さを感じましたが、鳥たちが揃っていい位置にいるなど、ラッキーな一面もあり
それなりに写真も撮れました。ところで、2007年は動物園に出掛けたのがなんと44回。
昨年の62回から大きく下回りました。数字で見ても、今年の低迷さが目立っていますね。

1月にチーターの赤ちゃんを姫路で見たときは、遠征をたくさんできたらいいな、と考えて
いたのだけれど、2月の王子からわずか4日後、会社が倒産するという事態に見舞われて。
その後は上昇気流に全く乗れないまま、地上スレスレをふらふらと低空飛行している状態。
よく一年もったな、というのが正直なところです。来年は、もうちょっと回復させないと。
b0016600_246565.jpg

AB (30D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2007-12-27 02:46 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

耳キレイ

毎日寒いですね。でも日差しは柔らかく、ポカポカしています。もともと動物園は暗めの
シチュエーションが多いので、この光がうまく当たる場所を探すと、写真に暖かな感じが
加わるのではないかと思います。多摩のユキヒョウなどはこの典型的な例でして、たまに
こうして光が差し込んでくると、いいシャッターチャンスが生まれます。寒さ対策として
携帯カイロとか手袋があるといいですね。それはともかく、マイヤは耳がキレイだなぁ。
b0016600_8561460.jpg

AB+ (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2007-12-26 08:58 | 多摩動物公園 | Comments(0)

痛恨の大ポカ

知っている人も多いと思うけど、ここ、携帯でも見られます。仕事に向かう電車でいつも
チェックをしているわけですが、当たり前のように出てくる画像が・・・ない。うそだ!
と思って何度も再読込するも、出てくるのは×マークのみ。これはえらいことになった。
そう思うも、どうすることもできず・・・。考えてみると、今朝の更新時、ある間違いに
気付いたんですね。それは、20日アップ分のメガネグマから。使用したカメラを30Dと
記載していました。で、それを直したら、ヒョウの記事がなぜか二つアップされたので、
片方を削除したんですね。これで写真が消えてしまったと思われます。恥ずかしい話だ。

ここもかなり長く続けているけど、こんなミスは初めて。何とも情けないことに・・・。
そういえば、今日はクリスマス。世界三大嫌いデーの一つなのです。残る二つは、以前に
書いたことがあるかもしれないけど、誕生日とバレンタインかな。ええ、縁がなくてね。

天王寺の写真を整理していたら、これがありました。別館に載せようと思っていたけど、
ほんわかした雰囲気があったので昇格。こういう余裕がほしいものです。さて、寝るか。
b0016600_121015.jpg

AB (40D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-12-25 01:02 | 天王寺動物園 | Comments(8)

凝視

天王寺編のラストを飾るのは、ヒョウ。ここで撮ったことはかつて一度だけあったかも。
いつも寝ているか、一番手前のところで何かしているかなので、カメラを向けるケースが
ほとんどないに等しいからです。で、いつものように全く期待せずに立ち寄ってみたら、
目を疑うような位置でくつろいでました。これは撮れる!と判断して慌ててレンズを付け
替えて、チャンスがくるのを待ちます。いい顔を見せてくれたところでシャッターオン。
ちょうど光が差し込んでいたので、明暗が出ました。これでガラスがキレイなら・・・。
b0016600_2212696.jpg

AB+ (40D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2007-12-24 09:48 | 天王寺動物園 | Comments(4)

ガジガジ

この日の一番人気は、ブチハイエナの蓮くんでした。8月14日生まれの赤ちゃんです。
ガラス越しではあるけれど、ちょこまかとよく動くところを観察することができます。
お客さんも当然このことを知っていて、「あっいたいた!」とか「かわいいわねぇ〜」
という声が聞こえてきました。それを知ってか知らずか、端のほうに行ってしまっても
しばらくすればちゃんと戻って(?)きます。置かれている丸太をガシガジかじるのは、
歯がゆいのでしょうか。こうして見ると、赤ちゃんとはいえなかなか迫力があります。
でもでも、お母さんと一緒のときは、こんな表情も。しばらくは人気を独り占めかな?
b0016600_7513463.jpg

AB+ (40D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2007-12-23 07:51 | 天王寺動物園 | Comments(4)

ちょろけ

一日経過してしまいましたが、昨日の話。2007年最後の遠征は、浜松でした。4月以来。
ライオンの赤ちゃんがとても面白くて、できたら月イチで行きたい、などと書いたけど、
結局このていたらく。でも平日なのでお客さんも少なく、ほとんど貸し切り状態でした。

で、やっぱりライオン。いやぁ、大きくなったなぁというのが第一印象だったんだけど、
カメラをトム(♂)に向けたら爆笑でした。鬣がちょこっと見えているでしょ。でもこれ、
どう見ても子供の風呂上がりですよね。お子さんの頭をこんなような形にして遊んでいる
お母さん、いるんじゃないかなぁ。それにしても、これで寝てるんですから、面白すぎ。

このときはまだ晴れていたんです。でも、みるみるうちに曇ってきて・・・。晴天時には
あまり撮影できなかったので、ちょっと残念ではありました。でも、人が少なかったので
開放感というか居心地がすごく良かった。の〜んびり気分を満喫することができました。
b0016600_2144439.jpg

AB (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-12-22 21:05 | 浜松市動物園 | Comments(4)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama