<   2007年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

聖なるサル

ハヌマンラングールといいます。載せることはもちろん、見るのも初めて。でも、撮影時は
その存在に全く気付かず、教えてもらって初めて知りました。地味なところにいるのです。
聖なるサルとして崇められ、保護されているとか。ふわふわとした毛に加え、真っ黒な顔。
そして瞳が輝いている姿は確かに清らかな印象を与えます。でも、檻があまりに狭いので、
写真を撮ろうとするとせっかくの崇高な雰囲気がうまく出せません。こういう証拠写真では
なくて、何かしているところを狙いたかったなぁ。と思いつつ、その場を後にしたのです。

カメラ業界は、嵐の前の無風状態です。これから怒濤の新製品ラッシュ。買い控えが顕著で
そのため中古商品の流通量がやや減少傾向にあります。11月、12月はたいへんな混雑だと
思われるけれど、それを差し引いても今の状態はちと寂しい。デジカメはモデルサイクルが
短くて、ユーザーもたいへんです。そのたびに数十万の出費だし。さて、どうしようかな。
b0016600_7464762.jpg

B (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2007-10-31 07:47 | 東山動植物園 | Comments(0)

講評会

昨日は9月(上野)と10月(ズーラシア)に開催した撮影ツアーの講評会でした。参加して
いただいたお客様がそれぞれ選んだ作品を持ち寄り、テーブルに並べ、全員でじっくりと
鑑賞して意見を出し合ったり、必要に応じアドバイスさせてもらいます。これが面白い。

同じ時間、同じ場所でカメラを向けていても、捉え方やどこでシヤッターを押すかにより
仕上がりが異なります。知らなかった面白い顔の向き、角度によって見えるものがある、
といった新しい瞬間を知る機会にもなりました。一眼レフのほうが相対的に有利であると
いう点は否めないけど、それを補って余りあるような作品も目につきます。使いこなせば
ここまでできるんだな、と感じたものです。掲示板で紹介したい作品もいくつかあって、
これは今後何らかの形で実現したいなと考えてます。お客様の作品コーナーを作るとか。

写真はライオン♀。どっかりと座ってました。何かしてくれないかなぁと思ってカメラを
向けていたのですが、残念ながら空振り。なので、目線の向きと構図で雰囲気を・・・。
b0016600_9514588.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2007-10-30 09:52 | 東山動植物園 | Comments(2)

ふたり

「カンカンカンカン!」という音で目が覚めました。休みだというのに、最悪な寝起き。
お隣さんが内装工事をしているようです。朝方まで起きていたので、目がショボショボ。
一度こうなると、再び寝ることができません。とりあえず予定はあるし、動き出します。

昨日、腹の立つことがありました。納得がいかない。でも、あまりに非力。その悔しさを
絶対に忘れることのないよう、ここに記憶しておきます。何か、できることはないのか。
b0016600_11204916.jpg

AB (30D/EF28-300mmf3.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2007-10-29 11:21 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

聞き耳

オカピを久々に見てきました。ときおり空に顔を向けています。のんびりとマイペースな
雰囲気がありましたが、耳はちゃんとこっちを向いているんですね。お客さんの話し声を
聞いていたのでしょうか。たくさんのカメラに気付いて、サービスしてくれたのかもね。

うわうわ〜、寝坊しました。昨日帰ってきて、ちょっと寝るつもりが結局そのまま朝まで
倒れていたので、目覚ましをセットするのを忘れてしまって。これから仕事です・・・。
b0016600_8448100.jpg

AB (30D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2007-10-28 08:05 | ズーラシア | Comments(2)

誤解されそう

東山はシンリンオオカミもなかなか狙いづらくて、3度目の正直でようやく撮れました。
おそらくはハイル(♀・10歳)だと思います。でもこれ、絶対に寂しそうな表情だという
イメージを与えてしまうだろうなぁ、と撮影中から感じていました。もの悲しそうです。
でもこれ、普通にこういう顔でして。見方を変えれば、女性らしい柔らかな顔立ちかな。
オオカミというと精悍なイメージしかないのでちよっと意外だったけど、以前ウチにいた
柴犬の女の子が、よくこれと似た表情を見せていたように思います。甘えてるのかもね。

朝から雨が降ってます。これだけ強いと、傘がないとダメか。嫌いだけど仕方ないねぇ。
b0016600_747266.jpg

AB (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-10-27 07:47 | 東山動植物園 | Comments(4)

勢いの差

リンクを辿って、久々にいろいろな動物園系ブログを見てみました。それぞれのコンセプトや
目標は違っているだろうけど、どのブログもマジメに取り組んでいる様子が伝わってきます。
こことの決定的な違いは、勢いでした。それを感じたので、ついつい見入ってしまったほど。
それだけ引き込まれるものがあるのでしょう。それを踏まえてここに戻ってきたときに、差が
あるなと実感することになりました。少なくとも数年前は、こういうことを感じることが全く
なかったわけですね。そう気付くと様々なことの辻褄が合ってきて、考えさせられることに。

写真はクロサイです。ちょっと休憩していたときに、前のほうにやってきて葉を食べました。
ファインダーを覗いてみたら、当たり前のようにデカかった。ので、大きく眼前にそびえ立つ
山を下から見ている、風景写真のようなイメージで撮影しています。そう思うと、肌の質感が
なんとなく山肌のように見えてくるから不思議なものです。途中には洞窟があるし、登ったら
なかなか手強い山になりそうです。蟻になって頂上に登り、そこからの景色を眺めてみたい。
b0016600_7463180.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2007-10-26 07:46 | 東山動植物園 | Comments(6)

東京モーターショー2007

早起きして幕張メッセに出掛けてきました。東京モーターショー2007のプレスデーです 。
以前勤めていた会社の手伝いと、趣味を兼ねて。TVでよく見かける女子アナも、ごく普通に
取材で歩いています。注目はやっぱり日産GT-Rでして、プレスカンファレンスが始まった
日産ブースはもう熱気が凄かったです。とにかく暑い。これまでに見てきたプロトタイプや
雑誌などに掲載されていた予想図からだと、あまりカッコ良さを感じていなかったけれど、
実車を目にしたらそんなことは吹っ飛びました。性能を考えると、777万円は決して高くは
ないと考えます。それ以外にも、スポーツカーがかなり増えてきたのが嬉しかったですね。

ここ最近は環境性能を謳ったクルマが多くて、それはそれで時代の流れから言えば当然だと
思うけれど、免許を取ってからずっと2ドアのクルマが好きだった身からすれば、どうにも
物足りなさとつまらなさを感じていたのです。見て、乗ってワクワクするクルマがどんどん
増えてきたのは嬉しい。乗る機会はないと思うけどね。それにしても、疲れたなぁ・・・。

プレス用に手渡される資料も、ほとんどがCD-Rかサイトからのダウンロード。数年前まで
ほとんどのメーカーがリリースに紙を使用していたので、持って歩くだけでも重労働という
状況が続いていましたが、これがかなり軽くなりました。しかも、プレスデーってほかにも
至れり尽くせりだったりします。弁当も出るし飲料も飲み放題。資料は宅配サービスを使い
無料で送れるし。プレスルームにはズラリとパソコンが並び、海外からの取材陣がたくさん
陣取ってました。ちなみに、世界初公開は77台です。一般公開は27日から、ですよ〜。

写真はユキヒョウのカーフくん。多摩で誕生したコですが、あまり撮っていないので実感が
湧かなかったですね。暗くて写真どころではないなと思いつつ証拠カットを撮っていたら、
突然上を向いたので表情が出ました。それはそうと、ここは写真撮るのが厳しいね・・・。
b0016600_0534352.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-10-25 00:54 | 東山動植物園 | Comments(2)

リセット

早番だったので、帰りに渋谷のライブハウスに寄り道しました。今回もレベルの高い演奏。
音の雰囲気が 、学生時代に好きでよく聴いていたバンドに近かったため、懐かしい気分に
浸ることができました。カメラは持って行かなかったけど、ライブの撮影は引きとアップを
きちんと両立させると、完成度が高まるなという考えが増してきました。やはり面白そう。

終了後は話に花が咲き、しばらくは終わったことに気付かないほど。同僚3人で食事をする
ことになったのですが、ここでも盛り上がってしまい、帰ったのは日付が変わったあとに。
いろいろと興味深い、ときにビックリする話が聞けました。やっぱり、夢は見ているときが
一番楽しいものだと実感。真実を知ってスッキリしたので、まあいいか。リセットしよう。

でも、きっとこんな顔して聞いてたんだろうなぁ。さて、眠いけどこれから出掛けま〜す。
b0016600_6384730.jpg

AB (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-10-24 06:39 | 東山動植物園 | Comments(6)

あと0.5mm

一昨日のプロ野球もある意味大逆転になるんだろうけど、F1はさらに劇的な結果でした。
最終戦までチャンピオン争いがもつれこみ、それまでは3位だった選手がレースを制して
なんと総合優勝を飾ったのです。F1は、レースの順位ごとにポイントがつくシステムで、
全戦を終えてポイントの最も多い選手がワールドチャンピオンになります。新人の選手が
いきなりチャンピオンになるか、それまで2年連続優勝している選手は3連覇できるか、
など見どころはいろいろあったわけですが、まさかこうなるとは思っていなかったので、
かなり驚きました。知ったのは休憩中で、思わず「うわっ」と声を出してしまったほど。
シューマッハが引退して見なくなってしまったけど、こういう展開は単純に面白いです。

東山の撮影で好きなのがペンギン。立ち位置に気をつければ、好みの背景を作り出せます。
画面をいっぱい使って、ダイナミックな毛繕いを狙いました。頭の一番高いところと嘴の
バランスが難しかったです。これがあと0.5mm下だったらAカットだったかも・・・。
b0016600_7434129.jpg

AB+ (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-10-23 07:44 | 東山動植物園 | Comments(6)

ラブラブ光線

飼育員の姿を見つけたオランウータン。トコトコ前のほうにやってきて、こんな顔をして
ずっと見つめていました。食べ物をねだっているのかと思いきや、どうもそうではなく、
気を引こうとしているようにしか見えません。それにしても、こんな表情をするなんて。
きっと、担当さんのことが大好きなんでしょうね。この視線、ラブラブ光線だもんなぁ。
こんなふうに見つめられたことがないもので、写真撮りながら笑ってしまいましたとさ。

ところでこのシチュエーション、背景が壁でした。画面に入れたくなかった答えがこれ。
さすがにデカすぎた感があります。くいっとした形になった口元がポイントでしょうか。
b0016600_7234372.jpg

AB (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-10-22 07:23 | 東山動植物園 | Comments(6)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama