<   2006年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

たいせつ 親子

本日11月30日、読売新聞大阪本社版 別刷特集「たいせつ 親子」に写真とコラムが
掲載されました。見開き2ページにある10点のうち4カットです。オランウータン、
タテガミオオカミ、アムールトラ、レッサーパンダの親子写真。いずれもここにかつて
載せたカットですが、タテガミオオカミは未公開でした。これがその作品になります。
コラムのほうは「動物園写真の楽しみ」と題しちょろっと書いてます。先日ご紹介した
雑紙「FENEK」に引き続き、動物園写真家と紹介されました。 身が引き締まりますね。
b0016600_17513020.jpg

(10D/EF70-200mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2006-11-30 17:52 | 上野動物園 | Comments(2)

岩に座っていたバーラルを狙ってみました。最初はヨコ位置の構図で。バックがちょうど
緑と白の二色になるところを探し、撮影しています。この時僅かな違和感があったので、
ちょこちょこと場所を変えました。続いてタテ構図で撮影。同じ場所や状況でも、動いて
みると背景がかなり変わってきます。で、顔の部分を中央にフレーミングしようとして、
このバーラルが斜めになっていることに気付きました。どうりで、何だか不思議な気分を
感じたわけだ。首の部分が斜めなのです。この場合体を真ん中に持ってこようとすると、
構図的にかなり中途半端になります。で、こうなりました。歯並びは良いみたいですね。
b0016600_573714.jpg

b0016600_57501.jpg

(30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-11-30 05:08 | 金沢動物園 | Comments(0)

意外な発見

ちょっとトイレに寄って出てきたら、シロテテナガザルが目の前にいました。この場所、
完全に盲点になっていて、これまで全く気付いていなかったのです。檻の近くまで来ては
くれるものの、写真的にはどうも・・・なんて考えていたのがウソみたいな場所でした。
驚きつつレンズをセットしてみると、座ってじっとこちらを眺めています。せっかくだし
何かしてくれないかなと考えてたら、バラバラとヘリコプターの音が近付いてきました。
すると視線が一瞬そちらを向いたので、しめたと思いシャッターオン。こうしてみると、
顔の縁取りがとても面白いなと。以前あった三和銀行だったかな、のマークみたいです。
b0016600_2401893.jpg

(30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-11-29 02:40 | 金沢動物園 | Comments(4)

お手入れ中

以前に比べ、かなり近くで見られるようになったキタオグロワラビー。遠くて撮影を
諦めることが何度かありましたが、これが大きく解消されそうです。見られることが
増えたので、お手入れをしている最中かもしれません。だんだんと寒くなってきて、
つまりは冬のイベントが近付いてきました。先日、アルバイトの女の子がたいへんに
かわいらしい紙袋を持っていたので見せてもらったら、ツリーが印刷されてました。
まだ11月ではあるけど、街はもう着々とクリスマスに向けて準備が進んでいます。
b0016600_10311696.jpg

(EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-11-28 10:31 | 金沢動物園 | Comments(0)

早く入れてよ〜

ゆっくり歩いてたら閉園近くになってしまい、ちょっと慌ててオセアニア区に移動。
たぶん会えないだろうなと思いつつ、ウォンバットのところに近付くと・・・いた!
ひょこひょこと歩いていました。でも、お部屋に戻りたい様子。室内へと通じる扉の
前を行ったり来たり。そうかと思えば大あくび。早く入れてよ〜と訴えてるみたい。
ウォンバットは撮影した回数が少ないので、あくびを見られたのはラッキーでした。
b0016600_2223330.jpg

b0016600_2225095.jpg

(30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2006-11-27 02:22 | 金沢動物園 | Comments(2)

姫はガンコ

以前にも何度か掲載しているケニアボンゴ。♂のフサフサくんと名のガンコさんが
暮らしています。これまで写真を撮ったのはフサフサくんだけでしたが、ようやく
ガンコさんを掲載することができました。昔の女王様みたいな風貌をしています。
高貴な雰囲気というか、どこかの宮殿に住んでそう。これだけ美しいのですから、
フサフサくんが黙ってるはずがありません。思いが募り、追いかけてしまうことも
しばしばだそうな。そこで飼育係さんは考えました。答えが柵通り抜けの術です。
でもこれ、オトコの立場からしたらちょっと辛いなぁ。などと思ってしまいます。
ちなみに、園内の紹介ボードがこれです。とても解りやすいので、楽しめますよ。
b0016600_119618.jpg

b0016600_119191.jpg

b0016600_1192889.jpg

(30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2006-11-26 01:19 | 金沢動物園 | Comments(2)

警戒?

こちらもちょっと珍しいインドガウルです。金沢に行くと必ず撮ってくるのが昨日の
ローランドアノアとこのガウル。隣同士で生活しています。ローランドアノアは体が
小さいのに気性が荒いのですが、このガウルはその逆でして、体が大きいのに何故か
臆病なんだそうです。オスとメスで体毛が異なるのも面白いですね。立ち寄った時、
この一頭がやや近いところにいました。あまり近くから狙うと立体感が消えるので、
距離を取って撮影しています。体を舐めようとしていますが、視線は何故か真正面。
警戒しているのでしょうか。なかなか鋭い目をしてます。ガウルは睫毛が長いので、
そのままピントを合わせると瞳がボケてしまいます。そのため、睫毛と睫毛の間から
瞳にピントを合わせる必要があるのです。これ、なかなかに難しいんですよ・・・。
b0016600_2585873.jpg

(30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-11-25 02:59 | 金沢動物園 | Comments(2)

首を伸ばすと

国内ではここ金沢動物園にしかいない、ローランドアノア。これまで近い場所で撮れた
ためしがなく、奥のほうでのんびりしていることが多いです。壁に向かいスリスリして
いたのですが、構図を作ることを考えると、かなり苦労するシチュエーションでした。
体が小さいので、ぬうっと首を伸ばすとまるで犬みたいです。でも気性は荒いそうな。
b0016600_1442687.jpg

(30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-11-24 01:44 | 金沢動物園 | Comments(0)

クスクス

レッサーパンダのとなりには、このスミレコンゴウインコがいます。派手な動きは
ないのですが、仲良さそうにしているので目が離せません。双子たちを撮る合間、
ひょいと見てみるとたいてい何かしてるので、モソモソとカメラ担いで横に移動。
そんなことを繰り返していました。一つすごくいいなと思っていたシーンがあり、
なんとかもう一度やってくれないかと期待していましたが、そう甘くはないです。
「ほらほら、撮り逃すとあとがたいへんだよね〜」と、クスクス笑ってるみたい。
b0016600_1633523.jpg

b0016600_1634095.jpg

(30D/EF300mmf2.8L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-11-23 16:41 | 千葉市動物公園 | Comments(2)

近況

こちらは双子のお母さん、チィチィです。尻尾で遊びたいユウタに追っかけ回され、
忙しそうにしています。でも、のんびりできる時間も少しずつ増えてきていますよ。
ひょいっと屋根に登るのをユウタが必死に真似するのですが、まだまだ同じようには
とてもいきません。ひとしきり周囲を見渡すとすぐ降りてしまうので、ユウタが上に
やってきたときは、征服感をたっぷり味わえるのです。子どもの頃を思い出すなぁ。
b0016600_10344226.jpg

(30D/EF300mmf2.8L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-11-22 10:35 | 千葉市動物公園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama