<   2006年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

新館のお知らせ

昨日から、動物園写真館 so-net館をスタートさせることにしました。基本的な
コンセプトはここと同じですが、別カットを掲載しています。悪く言うと2軍。
ああこっちから見るとこうなるのか、という展開できるといいけど、おそらく
何もできないままただ写真並べて終わると思います。別館は全身写真と施設の
風景カット、案内板などを紹介していければと。ちなみに不定期更新です(笑)
so-net館のほかに、実はライブドア館とアメーバ館もあったりしますが・・・。
b0016600_2464587.jpg

(20D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-05-21 02:47 | 多摩動物公園 | Comments(2)

紳士の風格

先日掲載した若いこの隣にいたのが、このオトナターキン。恰幅のよい紳士の風格が
漂っています。離れた距離から狙うことにしてカメラを構えたら、前のほうにのそり。
ちょうどいい位置で立ち止まり、こんな表情を見せました。単純に咀嚼していただけ、
かもしれないけど、「久し振りだね」と呼ばれている気がして。不思議な気分でした。
ちなみにゴールデンターキン、ジャイアントパンダ、キンシコウは中国3大珍獣です。
日本のような高温多湿地域での繁殖は難しいらしいのですが、多摩では何度か成功し、
貴重な赤ちゃんの姿も楽しめます。落ち着いた雰囲気が、過ごしやすいのでしょうね。
b0016600_12213366.jpg

(20D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-05-20 12:21 | 多摩動物公園 | Comments(0)

雨は楽しい

かなり強い雨が降りましたが、千葉市動物公園に出掛けてきました。思った通り
園内にお客さんの姿はあまりなく、見渡す限り誰もいない、という状況も体験。
かなり気持ちよい時間を過ごせました。いつものように、傘も合羽も使用せず。
体はもちろんカメラ、レンズはびしょ濡れ。ついでにカメラバッグも泥だらけ。
普通に傘を差して歩くお客さんからは、完全に変人と思われていただろうなぁ。
このために髪を思い切り短く切っているので、あまり影響はないんだけど (笑)
レギュラー組の風太くん、とても元気に動いていました。楽しそうにお食事中。
しばらくしたら小屋で寝てしまったので、あとで戻ろうとその場を離れました。
でも、さすが雨の日。楽しいシーンに出会えて結局戻ってこれなかった・・・。
b0016600_0291040.jpg

(20D/Tokina80-400mmf4.5-5.6)
by keiji_takayama | 2006-05-19 00:33 | 千葉市動物公園 | Comments(8)

ぷく〜っ。

よく女の子が、怒ったふりをしてぷく〜っと頬を膨らませることがあります。
これを撮影したときちょっとビックリしました。♀ライオンもやるんですね。
どういうシチュエーションで、だったのかはまるっきり覚えてないのですが、
この時♂は別の場所で寝ていたはずなので、たまたま撮れてしまったのかな。
でもひょっとしたらただの勘違いかも・・・。というわけで、別のカットも
並べてみました。ちなみに舌が出てるのは、ただ単にしまい忘れただけです。
b0016600_0333826.jpg

b0016600_0335068.jpg

(20D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-05-18 00:34 | 日本平動物園 | Comments(6)

見とれて

オーラを漂わせてユキ嬢が歩いているとき、♂のシンギズは目を丸くしてました。
ずっとその姿を目で追っています。どうやら見とれていたようです。伏せたのは
隠れたつもりになっているとか。なかなかに面白いシーンでした。実はこのあと、
ちょっかいを出して怒られたのです。やはりアプローチには手順が必要ですねぇ。
b0016600_0481325.jpg

これがちょっと怒り顔のユキ嬢。顔がかなり黒いです。女の子でも迫力あるなぁ。
b0016600_0483497.jpg

(20D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-05-17 00:49 | 多摩動物公園 | Comments(6)

一直線

そんなつもりはなかったけど、久々の登場になったゴールデンターキン。以前は
似てると言われたこともあったけど、痩せたから(とは言ってもたかが知れてる)
最近はそうでもないかな。これはまだ若いコなのですが、何かしてくれないかと
ファインダーを覗いていたら、顔を持ち上げました。まっすぐなラインが美しく、
これを撮ろうとしばらく粘っていたのです。柔らかそうな毛や、黒くて優しい瞳。
そして軽く閉じられた口元にすっかり魅了されました。落ち着ける場所なのです。
b0016600_0504864.jpg

(20D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-05-16 00:51 | 多摩動物公園 | Comments(2)

頭頂部

いつもギャーギャー大声で鳴いているルリコンゴウインコですが、この日はやや
おとなしい印象でした。たくさんのお客さんに囲まれ、ちょっと動揺したのかな。
ポリポリと顔を掻いていたところを狙ったら、ちゃんとカメラ目線をくれました。
羽繕いしているシーンでは、頭頂部の美しさにビックリ。色合いがいい感じです。
セールが終わったと思ったら、今日はテナントで入ってるビルの研修があります。
一日中話を聞かなければならない状況は、16年前に48kmオーバーで一発免停に
なった時の講習以来のこと。午前中はともかく、午後は睡魔との戦いになりそう。
b0016600_233511.jpg

b0016600_2331374.jpg

(20D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-05-15 02:33 | 多摩動物公園 | Comments(0)

大きすぎた

閉園が近付いたので、暗くなってきたユキヒョウ舎から近くのカモシカ舎に移動。
ここはまだ光が差し込んでいました。ちょうどそれを浴びるかのように、一頭が。
レンズ付け替えようかと思ったけど、そのまま撮影しました。ちょっと大きすぎ。
木曜から始まったセールもいよいよ今日まで。割引率が大きくなるのと、店でも
プリントのキャンペーンやってるので、オーダーがすごいです。一人で1000枚
近くプリントのご注文をいただいたり。カメラも5Dと30Dを販売できました。
説明していると欲しくなってしまうので困ります。お客さまが羨ましい・・・。
b0016600_1082889.jpg

(20D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2006-05-14 10:08 | 多摩動物公園 | Comments(2)

強面

前にも書きましたが、静岡県の動物園、日本平と浜松はトラ&ライオンの写真が
とても撮りやすい環境です。広さも適当なので眺めているだけでも楽しめます。
隣同士なので大きさも比較できるし、時間帯によっては元気良く動き回る姿も。
でもその顔は、当たり前ですが全く異なっています。特に♂ライオンが面白い。
浜松のヒデヨシくんは柔和な雰囲気があります。やや垂れ目だからでしょうか。
一方こちらは日本平のキングくん。まさに名前の通り、王者の風格が漂って
ちよっと強面です。ちなみに、どちらもそれぞれ彼女がいて、関係も良好です。
b0016600_1032838.jpg

(20D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-05-13 10:03 | 日本平動物園 | Comments(8)

レンズの話

昨日は上野に出掛けてきました。天気はまたまた雨。前日は東京ディズニーシーに行き、
インディジョーンズに4回乗るなど一日遊んでいたので、当然昼過ぎまで寝ていました。
午後になってムクムクと起き出し、上野に新しくできた「クマたちの丘」を見に行こう、
そう思って家を出たのは午後一時。正味2時間半ほどの滞在でしたが、楽しめましたよ。
見学用の窓がいくつか設置されているので、様々な角度から眺めることができるのです。
一番の人気はエゾヒグマの双子。元気いっぱいに遊ぶので、お客さんも喜んでいました。
ちなみにこんな場所です。走ることもできるので、なかなか快適に過ごせるようですね。
今回使ったのは新しく導入したレンズ。最近生産中止になりましたが、中古では比較的
安価で手に入れることができます。コンパクトなので持ち運びがしやすいし、写りも○。
新宿の中古カメラ店で発見、33,600円でした。操作系には不満もあるけど、価格から
考えるとコストパフォーマンスが高いです。タムロンの200-400/5.6も人気ですが、
このレンズもオススメできます。これから望遠をお考えの人は、候補に入れてみては?
b0016600_149826.jpg

(20D/Tokina80-400mmf4.5-5.6)
by keiji_takayama | 2006-05-12 01:40 | 上野動物園 | Comments(12)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama