<   2005年 07月 ( 48 )   > この月の画像一覧

悔しい〜

暑い夏。意外にもホッキョクグマを見逃せないシーズンになります。
プールに元気良く飛び込んで遊ぶことが多いので、涼を感じることが
できるのです。それに加え、氷(の中に入っている餌)をプレゼント
するというイベントも催されるので、これに合わせて立ち寄ってみる
のも楽しそうです。掲載したのは、歩いているところを撮影したもの。
背景を決めてから構図を作ることがあり、今回もそのパターンでした。
決めたところに差し掛かるとシャッターを切りますが、ファインダー
から飛び出してしまいそうな迫力にすっかり興奮してしまいました。
ただ、日陰なのでキャッチが弱いです。ちょっと悔しかったなぁ。
b0016600_11575951.jpg

(20D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-07-31 10:32 | 上野動物園 | Comments(2)

夏バテしない!

台風7号が去ってから、毎日暑い日が続きます。撮影も厳しいです。
でもこんな時こそ、しっかりバリバリ食べましょう。夏に負けるな!
とはいうものの、遠征後の筋肉痛が治らないので今日はおとなしく。
ちょい見にくいかもしれないけど、アビシニアコロブスもバリパリ。
b0016600_12381616.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-07-30 12:38 | 野毛山動物園 | Comments(6)

お行儀よく?

最近動物園ブロガーの注目を最も浴びているのが、ミーアキャットの
赤ちゃんです。所狭しと元気に動き回る姿など、人気を集めています。
寝姿もあどけないものですが、音や気配には敏感に反応していました。
もともと寝起きが悪いので、この柔軟さは是非とも盗みたいですねぇ。
b0016600_324595.jpg

(20D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-07-30 03:24 | 上野動物園 | Comments(4)

不公平?

ここ野毛山動物園では、二頭のレッサーパンダが仲良く暮らしています。
♂のモモタロウと、♀のキンタです。それぞれにハッキリとした特徴が
あるので、見分けがつきやすいです。それなのに、写真を撮ってみると
圧倒的にキンタのほうが多いのです。それぞれにチャンスを狙っている
はずだけど、どうもチャンスが訪れる(と思えるシーンに出会う)のは
キンタのほうなんですね。一体なぜなんだろう。面白いパターンです。
b0016600_127269.jpg

b0016600_1273678.jpg

b0016600_1274897.jpg

(20D/EF300mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2005-07-29 01:28 | 野毛山動物園 | Comments(12)

造形

どこを切り取っても絵になる存在、ご存じハシビロコウ。取り上げる回数も
たぶんベスト5には入ると思います。こうして見ると、高く聳える山みたい。
b0016600_394128.jpg

(istD/タムロン300mmf2.8LD+トキナーDOUBLER )
by keiji_takayama | 2005-07-28 03:09 | 上野動物園 | Comments(6)

うひょ〜!

エリマキキツネザルの亜種(種の下位区分)、アカエリマキキツネザルです。
知る限りではここでしか飼育されていません。最近8頭の赤ちゃんが誕生
するなど、家族が一気に増えて賑やかになっているようです。到着時間が
遅かったこともあって満足に撮れなかったけど、何かに驚いているような
表情を見せてくれました。でも、何にビックリしたのかは謎です・・・。
b0016600_2512816.jpg

(20D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-07-28 02:52 | 野毛山動物園 | Comments(2)

つぶらな瞳

木に登って寝ている姿など、人気↑のカナダヤマアラシ。いろいろなブログでも
その楽しい様子が紹介されています。とはいえ、起きているところにはなかなか
遭遇できないです。閉園間近のタイミングで、目を覚ましたところに会えました。
むっくりしている体の割には、つぶらな目をしています。顔つきも優しいですね。
b0016600_1431016.jpg

(20D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-07-27 01:43 | 上野動物園 | Comments(2)

眼差し

一点をずっと凝視していたのはアビシニアコロブス。高いところにいたので、
この状態に気付く人は少なかったのです。光を捉えた眼差しが印象的でした。
しっかりとした視線からは、強い意志を感じます。見習いたいものですね。
b0016600_1194765.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-07-27 01:19 | 野毛山動物園 | Comments(2)

愛を語る

マレーバクカップル、ヤマトとユキミはとっても仲良し。何度か繁殖も
成功しています。「ねぇ、あなた」「なんだい、おまえ」という会話が
聞こえてきそうなシーンでした。今年も赤ちゃんが期待できそうです。
b0016600_138538.jpg

b0016600_139253.jpg

(20D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-07-26 01:39 | 千葉市動物公園 | Comments(8)

ペーパーアート

セキショクヤケイは、鶏の祖先として知られています。漢字で書くと赤色野鶏。
これまた目立たない位置にいます。写真を撮るのはさほど難しくないだろうと
考えていたのですが、どうにもバランスがうまくいかず、意外に苦戦しました。
鶏冠の部分にギザギザがありますが、これを見た時に紙と鋏を使っていろいろな
動物やものを作ってしまう人のことを思い出しました。それが誰だったかという
ことは全く思い出せないけれど、以前テレビで見て大いに驚いた記憶があります。
この鶏冠を開いたらどんな形になるのかな。後に長く伸びている羽も立派ですね。
b0016600_2354417.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-07-25 02:36 | 千葉市動物公園 | Comments(4)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama