<   2005年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧

サイ、走る!

先日掲載したハシビロコウを撮影していたら、おじさんが近くにやってきて
「サイが走ってるよ」と教えてくれました。振り返って見てみると、サイ舎
にはたくさんの人が集まっています。どうしたのかなと思って近付いたら、
ホントに2頭が走っていました。♀にちょっかいを出した♂が逆鱗に触れた
ようで、追いかけられていたのです。しばらくその状態が続いてましたが、
ついには鈍い音とともに♂が停まり、♀もそのまま何事もなかったように
追うのをやめてしまいました。喜んでいたお客さんもこの時は静まり返り、
大丈夫かなと心配そう。その後はそれぞれ砂場でクールダウンしていました。
♂は流血したのでかなり心配されましたが、数日後に再び訪れてみたところ、
表面上は穏やかな雰囲気に戻り、傷も癒えていたようでホッと一息でした。
b0016600_151921.jpg

(EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-04-30 01:51 | 上野動物園 | Comments(20)

待ってます!

いよいよGWですね。動物園にお出掛けしてみようという人もたくさん
いらっしゃることと思います。多摩動物公園では5/3と5/4の両日に、
開園時間が2時間延長されます。このほか、GWならではのイベントが
各園で催されると思います。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
b0016600_1244821.jpg

お客さんの「かわいい!」という声援を一番浴びるであろうこの子たち。
皆さまのお越しを出迎えてくれると思います。どんな人と会えるのかな。
b0016600_12586.jpg

(EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2005-04-29 01:26 | 多摩動物公園 | Comments(12)

兄ちゃん

昨日もご覧いただいたタテガミオオカミ。赤ちゃんが過ごしている隣には、
この大きな子がいます。名前はブリュック。一昨年12月に生まれた♂です。
もう親とほぼ変わらない姿になりましたが、繁殖が可能なのは2才になって
からだそうです。隣で遊んでいる子供たちのお兄さんということになります。
午後の餌の時間になると、高いところに括り付けられた肉を食べるのですが、
これがたいへんな迫力があります。 「すげ〜」と見入ってしまう人も続出!
b0016600_1026376.jpg


オマケ
by keiji_takayama | 2005-04-28 10:27 | 上野動物園 | Comments(6)

裏人気ナンバー1

上野動物園の裏人気ナンバー1、ハシビロコウ。西園でほとんど動かない
様子とその個性的なスタイルが話題です。「あ〜いたいた、これこれ!」
とか「ちょっときてきて!面白いのがいるよ!」などなど、大きな声が
お客さんから挙がる代表的な動物です。最近はフラミンゴ舎に出張して
暴れ回ることもなくなったけど、その存在感はまだ強烈なインパクトを
与えてくれます。これのぬいぐるみとかが売られたら面白いだろうなぁ。
b0016600_1023975.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-04-28 10:02 | 上野動物園 | Comments(6)

ギャング

こちらはアカオオカミという別名をもつドールです。まるでギャングのよう。
いつも小刻みに動き回り、アジトに不審者がやってこないかチェックします。
そうかと思えば、見張り役が仕事サボッてぐうぐう寝ていることも・・・。
そんなドールですが、時折鋭い視線を向けることも。ドキッとしますよ。
b0016600_10205585.jpg

b0016600_1021666.jpg


ところで、リンクさせていただいている「あーくの手作りブログ。」が何と
TOPページのピックアップブロガーで紹介されました。すごい!やった!
ホントはカバさんかサイさんの写真でトラバしようと思っていたんだけど、
アップされるタイミングが微妙にズレてしまい、職場でこれを書いてます。
というわけで、ここのページも紹介してもらいました。おめでとう(*^。^*)

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-04-27 10:21 | 上野動物園 | Comments(6)

元気だよ!

多摩動物公園で誕生した、ヨーロッパオオカミの赤ちゃんが話題ですが、
1月に生まれたタテガミオオカミの赤ちゃんも、元気に育っています。
こちらも4頭いて、とても賑やかです。外に出てきてくれることはまだ
少ないようですが、こうしてカメラ目線を向けてくれることもあります。
赤ちゃんが出てくると、最初に発見するのは何故か女性が多いんですよ。
b0016600_25286.jpg


オマケ
by keiji_takayama | 2005-04-27 02:55 | 上野動物園 | Comments(6)

シャワー

暑さを感じる日が増えてきました。上野動物園のペンギン舎では早くも
シャワーが大活躍しています。とはいえ、ここでもアオサギの貸し切り
状態になってました。濡れる体など気にしていないようで、とても心地
良さそうな雰囲気です。ペンギンも近寄ろうとするのですが、何故だか
ちょっと遠慮がちです。しばらくして、ようやく一羽だけ撮れました。
b0016600_9164145.jpg

b0016600_9165042.jpg

リンクさせていただいている【匠のデジタル工房】のp_chansblogさんが
「動物園の撮り方」というメルマガを配信してくれることになりました。
レンズの選択や檻越しの撮影、露出モード、表情の捉え方など9つの項目
にわたり、撮影の方法やためになる話が満載です。これから動物園に出掛
けてみようかなという人はもちろん、すでに何度か出掛けているよという
皆さんにも、きっと役立つ情報になると思います。詳細はこちらまで。

(EF300mmf2.8L+エクステンダー1.4×+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-04-26 09:20 | 上野動物園 | Comments(10)

21のシーン

ズーラシアといえば、やはりオカピですね。ここ最近は表に出ている
ケースが多く、完全ボツはかなり少なくなりました。少しずつだけど、
相性が上向いているようです。この日も、お散歩しているかのように
運動場を歩き回っていました。 シャッターを押した回数は21回。
歩いているところをそれぞれ撮影していますが、コースが違うので
微妙に表情も異なっています。キラキラしている目元がとても素敵。

撮影中、すぐ後ろで若い女の子がたいへん盛り上がっていました。
どうやらサークルか授業の一環のようで、オカピの説明を見ながら
メモしていたのです。ところが、載っていた写真は交尾中のもの。
これに敏感に反応して、まぁいろいろと言葉を発してはギャハハと
笑っておりました。集中力が途切れそうになったけれど、ある意味
とてもいい経験になりました。撮らせてくれたこの子にも感謝です。

b0016600_853548.jpg

b0016600_8531758.jpg


あと3カット!
by keiji_takayama | 2005-04-25 08:54 | ズーラシア | Comments(16)

うふ〜ん

閉園が近くなってきて、あちこち覗きながら帰り道を歩いてました。
ふとペンギン舎に寄ってみると、西日に酔っている(?)この子を発見。
寝ているのとはまた違うし、瞑想しているようにも見えるけど・・・。
よくドライブで観光地などに行くと、目的地に到着してクルマから
降りた直後に、おいしい空気を吸って思わずこういう顔になることが
ありませんか?時には伸びなんかしたりして。これを連想したんです。
そういえば、もう何年もドライブ行ってないなぁ。2000年の夏だったか、
リッター3kmしか走らないコスモで青森・恐山に行ったきりなのです。
b0016600_8583293.jpg

全く関係ない話ですが、昨夜11時半頃の京浜東北線の車内で号泣している
女性を見かけました。彼氏と思われる男性も一緒でしたが、どうやら女性の
一言で彼が激怒したらしいのです。必死に釈明して謝っている女性に対し、
彼のほうはというと・・・寝たふり。しかも電車内はかなり混雑しています。
当然女性の泣き声は車内に響き渡っていたわけで、かなり寒い光景でした。
あの女の子、大丈夫だったかな。誤解が解けて、笑顔が戻ってるといいけど。

(EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-04-24 09:03 | ズーラシア | Comments(10)

無垢

前回はよく動いていた若キンシコウですが、この日はタイミングが合わず、
ケージ中央にある大きな木の上でじっとしていました。ガラス越しに見る
ことのできる場所からレンズを構えてみても、「オラしらね〜よ」とでも
言うかのように、そっぽを向いていました。でも、その顔もなかなか味が
あるものです。遠くを眺める瞳が澄んでいました。無垢の表情だなぁと。
b0016600_235465.jpg

(EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2005-04-24 02:05 | ズーラシア | Comments(4)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama