<   2005年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

一見落着?

なんとかネット接続の環境も安定し、再び更新することができました。
一見すると落着したようですが、今いる部屋はダンボールだらけ。
この片付けをやるのはかなり億劫です。服も何もかも詰め込んだので
探すだけでも一苦労しそう。ちなみにカメラなどの機材は一番下です。
掲示板のレスなども随時行っていきますが、こういう状況ですので
大幅に遅れてしまうと思います。申し訳ないですが、よろしくです。
b0016600_4131546.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-02-28 15:16 | 浜松市動物園 | Comments(6)

ポカ

ホントはこれを載せる予定ではなかったのですが、当初予定していた
写真のサイズ設定を間違えてしまい、掲載できなくなってしまいました。
元データは家に送ってあるので、まだ開封することができないのです。
というわけで、予備として残しておいたフラミンゴの羽繕いシーンを。
それにしても、痛恨のミスだ・・・。このあとレンタカーで帰ります。
でもすぐにトンボ帰りして仕事です。気合い入れたので進みは早いけど、
今日はあまり寝られないだろうなぁ。というわけでほとんど撮影に出る
ことのなかった2月もおしまいです。来月はリベンジ月間になるかなぁ。
b0016600_215183.jpg

(EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-02-27 02:15 | 浜松市動物園 | Comments(10)

敵意

ズンズンと歩いてくるトラを狙っていたら、どういうわけかご機嫌を
大きく損ねてしまったらしく、猛烈な勢いで怒られてしまいました。
たまたまコンバーターの倍率を低くしていたので、最短撮影距離の
ギリギリまでフレーミング、何とかシャッターを切ったものです。
さすがにこれがファインダーに広がると、恐怖を感じますね・・・。
b0016600_3444634.jpg

ようやく大荷物の持ち出しが完了しました。その後仕事を終えたのは
いいけれど、いつものクセで深夜の作業。電車はとっくに終了しました。
とりあえずパソコンはまだ部屋に設置しています。でも布団も炬燵もなし。
このまま寝たらヤバイだろうなぁ・・・。さすがに寒いですよ〜(笑)

(EF300mmf2.8L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2005-02-26 03:48 | とくしま動物園 | Comments(17)

にらめっこ

昨年行われた写真コンテストで最優秀賞を獲得できたカットです。
動物園側のご厚意により、掲載することができました。
モデルは昨年2月に誕生したツキノワグマの赤ちゃんです。
撮影は7月30日でした。赤ちゃんは双子なので、舎内のおもちゃで
遊んだりプールに飛び込んだり、檻を登って外の草を引っ張ったりと
やんちゃそのものでした。何とか撮りたいなと粘ってみたものの、
動きが早いのと、日射しによる反射が厳しくて話になりません。
午後になってようやく落ち着いてきたので、しばらく様子を見てました。
すると一頭が木のおもちゃのネジに興味を持ち、ガジガジ噛みついてます。
これはチャンスだと思い、急いでレンズをセットして狙ってみました。
しばらくそのままの状態が続きましたが、突然カメラに気付いて・・・。
「ん?」というような顔をレンズに向け、しばしにらめっこ状態に。
そこを何コマか撮影したうちの1カットです。このほかに撮影した写真は
ボツが大半だったので、唯一の作品が大きなカットになってくれたのです。
b0016600_0193454.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-02-25 00:20 | 大森山動物園 | Comments(6)

マサの思い出

とくしま動物園のサバンナは約0.3haあり、マサイキリンやシマウマ、
シロオリックスなど何種類かの動物たちの飼育を同じパドックで行う、
混合飼育を行っています。隣接されているテラスからはその様子が
一望できるようになっていて、キリンが近くまでやってくるとかなり
の迫力でした。おとなしそうなこのキリン、一頭だけの飼育なので
ちょっと寂しそうな、それでいてどこか優しそうな目をしていたのが
とても印象に残っています。今回の記事を書くにあたり、動物園の
HPを覗いてビックリしたことがありました。このコは「マサ」という
名前なのですが、昨年末に亡くなってしまったとのことです。
まだ7歳と若く、園の関係者も大きなシヨックを受けています。
生と死とは隣り合わせのものですが、平均寿命が20年であることを
考えると、早すぎますよね・・・。写真は昨年7月に撮影しました。
b0016600_8322654.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-02-24 08:33 | とくしま動物園 | Comments(8)

苦労知らず

きょとんとした表情のカワウソです。何の変哲もないショットだけど、
これを撮るのはかなり苦労しました。距離がたいへん遠かったのです。
ここのいち動物公園(高知県)には、ユーラシア、コツメ、カナダという
3種類のカワウソが暮らしています。あまり知られていませんが、
この3つをその場で比較できる施設として、かなり貴重な存在といえます。
距離は遠いものの、プールに入ってくれれば泳ぎを間近で見られるのです。
カワウソ好きの皆さんは、一度お出掛けになってみてはいかがでしようか?
b0016600_0512227.jpg

(EF600mmf4L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-02-23 00:51 | のいち動物公園 | Comments(14)

大きくなれたかな?

写真愛好家にとって、最も楽しいシーンを見せてくれるシロクマさん。
毎年行われている動物園のフォトコンテストでも、楽しく遊ぶシーンを
上手く捉えた作品が入選しています。撮影時は大きいほう(♂)がプールで
ボール遊びに熱中しており、その姿を追っていました。もう片方のコ(♀)は
その近くでウロウロしていたのですが、突然奥のほうで立ち上がったのです。
気付いてカメラを向けて、2回シャッターを切りました。背を向けてるけど、
何となく高さを測っているような、そんな気がしました。ニ〜ッとしている
口元を見ると、結果に満足しているようにも思えます。勝手な解釈だけど。
b0016600_0402413.jpg

(EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-02-22 00:40 | 浜松市動物園 | Comments(23)

まだまだ!

こちらは天王寺の若虎、センイチです。もうかなり大きくなって、
狭い檻のなかではかわいそうだという声も聞かれるようになりました。
よく遊んでいるのですが、いかんせん体が大きくてちょっと窮屈さを
感じているようでもあります。でも、まだまだ若虎。前に掲載した
睨む写真のような精悍さが出てくるのには、もう少し時間がかかるかな。
b0016600_20122658.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-02-21 20:13 | 天王寺動物園 | Comments(16)

これでどう?

元気良く歩いていたオストラくん。どう撮ろうかと構図を考えて、
場所を決めて撮影を開始しました。ところが、何かが変なのです。
その原因はすぐに判明しました。左の目に怪我をしているみたい。
気付いているのかいないのかは判然としなかったけど、さすがに
このままでは申し訳ないなと思いました。本人もきっと嫌でしょう。
そこで、構図を変えて撮影してみました。これだと目立たないよね。
たぶんこの角度からだったら、お許しをもらえるのではないかと。
ちなみに撮影したのは昨年12月3日です。昨日再び浜松市動物園に
出掛けたので確認したら、すっかり治ってカッコ良さが戻ってました。
b0016600_1424914.jpg

(EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2005-02-21 01:44 | 浜松市動物園 | Comments(6)

ユキヒョウは午前と午後とで、2頭が交替で出ていました。
こちらは午前中に出ていた♂と思われます。特に動くこともなく、
じっと座っていたのですが、レンズを向けてしばらくしたら気付き、
強烈な視線を向けてきました。ガンを飛ばすとはまさにこのことです。
そういえば以前は、しょっちゅうこんなふうに睨まれていたっけ。
ちなみにその時撮影していたのは、動物ではなく人間だったけどね。
b0016600_3201743.jpg

実はスキャナーの使い方をよく把握しておらず、ネガの取り込み画面が
Lサイズになっていました。これだと何もしなくてもカットされてしまい
ちょっと不満だったのですが、ようやくネガ画面をそのまま掲載できます。

(EF600mmf4L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-02-20 03:21 | 浜松市動物園 | Comments(10)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama