カテゴリ:蔵王キツネ村( 17 )

ネコに学ぶ

先日の田代島は、ネコたちの写真を撮りながら学んだことがあった。

不思議なもので、動物園で撮るときは表情を中心に撮っているのに、
田代島でネコを撮った際はその逆。風景として狙うことが多かった。
加えて、複数が絡んでいるより単独。このパターンは、動物園撮影と
ほぼ同じであった。それを選択する複雑な理由があるのも事実だが、
結局「ネコのいる風景」がテーマとして大きかったようのだと思う。

画角が24-105mmだったということもあるが 、実際使っていたのは
35-105mmくらいで、28mmと24mmは殆ど使っていなかったのだ。
テストという意味では完全に片手落ちなのだけれど、それを忘れて、
素で撮るとこういうことになる、という意味ではいい経験になった。
またそのうち田代島には行くだろうし、こうなったら他の「猫の島」
にも行ってみたいと思っているので、課題ができた。寧ろ楽しみだ。

写真の蔵王キツネ村では、そのシチュエーションもあり、広角域でも
あれこれ撮っていた。高倍率ズームがあると使い勝手が良いと思う。
これを思うに、オリンパスの12-100mmが人気を集めているのがよく
わかる。望遠側でもF4というのが有り難い 。持っていると便利だ。
b0016600_7212118.jpg

(D750/タムロン 70-200mm F2.8Di VC USD G2)
by keiji_takayama | 2017-03-20 07:21 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

早起きの習慣

ブログの更新を朝に行うので、それなりに早起きの習慣がついた。
仕事が早番のときは、だいたい6時前後に目覚ましをかける。
3つ使うのでほぼ確実に目が覚めるのはいいのだが、結局はそのまま
7時頃まで、布団の中でスマホを見る。ニュースとSNSの確認だ。
そのあと、もぞもぞと出てきてパソコンの前に座るのである。

ちゃんと更新ができさえすれば、それでも30分くらい時間が余る。
仕事に早く出られるので、駆け込み乗車の必要もないし、駅を走る
こともない。ゆっくり歩いて電車を選べるようになった。

余裕があるというのはいいものだ。
どのくらい続くか曖昧ではあったが、意外とうまくいきそうだ。
毎日続けて習慣にしてしまうと、比較的楽になる。

ただ問題は、夏場かもしれない。
ともと苦手なので、これをちゃんと乗り越えられるかが鍵である。
b0016600_7254987.jpg

(D750/タムロン 70-200mm F2.8Di VC USD G2)
by keiji_takayama | 2017-03-19 07:26 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

東北動物撮影ツアー②

2日目の朝は、突然やってきた地震で目が覚めました。
ドーンと強く揺れ、そのあとは揺れの大きい船に乗っているような感じ。
これが長く続いたら酔ってしまいそう、そんなことを考えていました。
やがて揺れもおさまり、朝食。朝から多様なものを選んで食べられる、
なんて健康的なのだろう。ツアーのときはいつもそんな幸せを思います。

9時発の船に乗って、東北の猫島「田代島」を訪問しました。
天気予報は晴れでしたが、ホテルを出る時には肌寒く、空には雲が大きく
広がっていました。ネコさんたちは出てきてくれるかな ? そんなことを
お客様と話したりもしましたが、船が進んでいくにつれて陽が出てきて、
気温も上がってきました。上陸後は早速撮影を開始。去年来たときとは、
工事のエリアが変わっていました。出てきてくれないのではないかという
心配は全くの杞憂に終わり、逆にいっぱい出てきてくれるので、なかなか
その場所を離れられないという状況。名残惜しくも道を進もうとすると、
それまでとは異なる体勢やシーンをまた作り出してくれるので、結局再び
戻ることになる、なんていうことの繰り返しでした。マンガアイランドで
去年見かけた子猫が随分と大きくなっていて、猫神社では前に見かけたの
と同じネコがで〜んと座っていました。半年前と変わらぬ姿に、懐かしさ
と嬉しさを感じます。新しい施設として、猫神社の手前には「島の駅」が
建てられていました。休憩スペースとして、とても助かります。350円の
「牡蠣汁」を飲んだのですが、これがとても美味しいですね。次行く時も
これは欠かせなくなりそうです。撮って撮って、笑って。前回より滞在の
時間が大きく増えて、最終便の船に乗って帰るまで楽しく過ごせました。

トータルの撮影カットは414。連写はしなかったので、それだけシーンが
多かったことになります。参加してくださったお客様は、日頃からネコを
撮る機会を作っているようでした。楽しそうに笑顔でカメラを向けていた
のが印象的です。あちらこちらでネコと出会い、遊んでもらえた数時間。
日常を忘れて、ネコさんたちの日常に入り込むことの出来る時間でした。

やがて出港の時間。港では寝てしまった見送りネコさんを撮影し、現実に
戻ってきました。次は新緑の頃にまた行きたいなぁと。そう思いました。
田代島は動物園ではありませんので、写真はおさんぽ写真館に載せます。
b0016600_7393896.jpg

(D750/タムロン 70-200mm F2.8Di VC USD G2)
by keiji_takayama | 2017-03-14 07:41 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

東北動物撮影ツアー①

3/11、12の2日間、ツアーで宮城県に行ってきました。
昨年9月と同じ、蔵王キツネ村、八木山動物公園、田代島の3か所。
いろいろな動物を撮りましょう、という内容です。お客様は14名。
雨男という噂を吹き飛ばすように、今回も天気は晴れてくれました。
そして、各地でラッキーなことが重なりました。動物運がすごい。

11日はまず東北新幹線で白石蔵王まで。その後はバスに乗り換えて、
蔵王キツネ村で撮影。下見をした7日のあとに雪が降ったそうです。
このため、村内の様子は雪が増えていて、なかなかの雪景色でした。
土曜ということで来村のお客さんも多かったですが、皆さんそれぞれ
いいシーンを探し、熱心にカメラを向けていました。下見の時とは
雰囲気の異なる写真も撮れて、2時間半の滞在で84カットでした。

続いて、バスに揺られて八木山動物公園です。去年は到着が遅くて、
室内に戻ってしまう動物が多かったのですが、今回は14時半頃着。
スマトラトラのところに行ったらいきなり好条件で、その次に寄った
ホッキョクグマは大パフォーマンス。その後もいろいろ撮れまして、
最後は初めて見るキリンとシマウマのシーン。時間は短かったけど、
とても充実した撮影になりました。撮影カットは101です。密着を。

ホッキョクグマ(35)
レッサーパンダ(2)
ニホンザル(11)
レッサーパンダ(2)
フタコブラクダ(10)
ラマ(4)
ルリコンゴウインコ(1)
キリン&シマウマ(22)
カバ(14)

写真は最初のキツネ村で撮影。ニコニコ笑っているみたいですね。
b0016600_934217.jpg

(5D MarkIII/EF70-300mmf4-5.6 IS II USM)
by keiji_takayama | 2017-03-13 09:34 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

またまたキツネ村

ツアーの下見が大きな目的でしたが、またまた宮城県に行きました。
2012年以降 、遠くに出かける時はクルマを使うことが多いですが、
今回は新幹線に乗りました。読書でもしようと思っていたのですが、
結局はちょっと読んで寝て、の繰り返しです。ツアーの行程と同じ、
白石蔵王で降りまして、レンタカーで蔵王キツネ村を目指しました。

昨年9月と次回のツアーは全く同じ内容です。割と好評だったので、
2回目が企画されました。といっても今回はまだ冬ですので、まずは
雪が積もっているであろう、キツネ村を見てくる必要がありました。
市内は雪などどこにある ? という状況で 、それはキツネ村の近くに
於いても変わりませんでしたが、村に入ると、まだ雪がところどころ
積もっていまして、状況によっては雪バックの写真も狙えそうです。
ただ、さすがにもう多くは降っていないようです。雪に土が混じって
あまりキレイではありません。キツネたちは元気に過ごしています。

平日でしたが、若い人と外国人で園内は賑わっていました。皆さん、
とても楽しそうに回っていて、中央のスペースでは相変わらず、餌を
求めるキツネたちがたくさん待機していました。空気も澄んでいて、
写真もたくさん撮りました。楽しい時間でしたが、さすがに寒くて。
適度におみやげコーナーに入って、暖を取ったほうが良いでしょう。

9時過ぎに入り、13時くらいまで滞在しました。ホントはもう少し、
早くに出るつもりでいたのですが、どうも名残惜しくて何周も回り、
キツネを眺めたり撮影したりして過ごしました。さほど広くはないし
キツネしかいないけど、開放感があり、とても楽しめるところです。

本番の日を前に、もう1度だけ降ってくれないかなと思うのですが、
それは欲張りというものですね。標準ズームも持って行ったけれど、
今回は70-200mmだけしか使いませんでした。レビューはいずれ 。
b0016600_654359.jpg

(D750/タムロン 70-200mm F2.8Di VC USD G2)
by keiji_takayama | 2017-03-08 06:55 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

結局何もせず

結局、なんとなくそんな気分になれず外出しなかった。
予想気温を見たら33度だったので、これで一気に萎えたのである。
暑くなるであろうことは知っていて、なんとなく気合いが入らない。
漲るような意志がないと、なかなか厳しくなっているようだ。

そんなわけで、支度を済ませてあとは出るだけという段になって、
なんとなく気が変わりそのままぐうたらと過ごすことになった。
何もしないというのは逆に精神衛生上良くないわけで、頭痛はするし
なんだか調子が悪くなってしまった。パソコンの見過ぎかもしれない。

こんなことなら人間ドックの結果を持って病院に行けば良かった。
そう思っても、当然後の祭りである。

どうにもモヤモヤする休日だった。今年はこんなことが多い。
b0016600_2245288.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ 12-60mmf3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.)
by keiji_takayama | 2016-10-04 20:51 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

休み明け

3連休をいただいた次の日。
元気に出社というわけにもいかず、休憩を挟んだ後半はけっこう疲れました。
腹は減るのだけど、昼にあまり食べないほうが元気を保てそうです。
ちょっとでも帰宅が遅くなると、予定していたことが遅れてしまうことになります。

結局は睡魔に勝てず、やろうとしていたことは一部しかできませんでした。

ツアーの下見で仙台に行った際、クルマには虫がたくさんこびりついています。
実はとても洗車したいのですが、どうもタイミングがうまくいきません。
次の休みは雨にしたくないし、困ったものです。
b0016600_2036343.jpg

(OM-D E-M1/ LUMIX G VARIO PZ 45-175mm f4.0-5.6)
by keiji_takayama | 2016-09-29 23:32 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

おやすみキツネさん

田代島はとてもいいところでしたが、ここも負けてはいません。
のんびりと過ごせるキツネ村は、こんな風景も楽しめました。
ツアーの時には2時間半ほど時間を取り、ちょっと長かったというお客様も
いらしたのですが、下見の時はここでほぼ1日過ごしました。

それにしても。。。写真の整理がなかなか進まないです。
b0016600_22395235.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ 12-60mmf3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.)
by keiji_takayama | 2016-09-23 22:40 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

Velvet 56

店のブログで書いているレビュー記事が更新されました。
今回は「レンズベビー Velvet 56」というレンズです。
56mmf1.6ですが、開放からf4くらいまではソフトフォーカス。
開放で撮影すると、ふわふわの写りになります。
高画質とは無縁ですが、独特の個性的な表現を楽しめます。
こういうのがあってもいいじゃない、そんな印象を抱きました。
本文でも触れていますが、水族館で使うと意外に楽しいと思います。
よかったら、どうぞごらんください。

こちらから

動物園で使ってもいいけど、ちょっと無理があるかもしれません。
b0016600_2317614.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2016-09-22 23:12 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

すやすや

それにしても、気持ちよさそうに寝るものです。

蔵王キツネ村と田代島の写真が大量にあります。困ってしまうほどに。
しばらくこれを載せていかないといけないのですが、どうもいつもの感じとは大きく
異なるため、そろそろ動物園に行かないと。。。とは思っています。
がしかし、しばらくはそうもいかなくて、次の休みもその次の休みも、撮りに行くのは
花だったりします。レンズのテストができればまだいいのだけど。
b0016600_21164378.jpg

b0016600_21164931.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2016-09-17 21:17 | 蔵王キツネ村 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31