カテゴリ:円山動物園( 9 )

おいしいの?

写真の整理が遅々として進んでいない。困ったものだ。

これを撮った北海道での時間からもう2か月が過ぎようとしている。
早い。とにかく時間の経過が早すぎる。

今日からなんと11月だ。もう少しで今年もおしまいか。。。
b0016600_2046161.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-11-01 20:46 | 円山動物園 | Comments(0)

知らぬ間にネタ切れ

けっこう長いこと続いていましたが、またしてもネタ切れが近いです。
タイミングの悪いことに、しばらく動物園には行けそうにありません。
ツアーがあるしモーターショーに行くしで、次はいつになることやら。

写真のブログは難しいなと、あらためて感じています。
というわけで、手近なところから載せられそうなカットをピックアップ。
b0016600_7524778.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-10-20 07:53 | 円山動物園 | Comments(0)

半袖終了

もともと暑がりなので、ここ最近の涼しさはむしろ過ごしやすいと感じていた。
ところが、昨日は朝から雨が降っていて、さすがに肌寒さを感じた。
駅の階段から下を見たら、たくさんの人が歩いていて、半袖はついに1人も
見かけなくなってしまった。さすがにこの状況だと、気恥ずかしいものがある。

というわけで、今日から上に羽織ることにしました。本意ではないけど。
でも下は半袖のままです。どうもそっちのほうがいろいろ都合が良くて。
b0016600_7444880.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-17 07:45 | 円山動物園 | Comments(0)

時間が早い

10月になったというわけで、先月の北海道から1か月が経過することになる。
とにかく今年は時の過ぎるのがとんでもなく早い。1日は長く感じるのに。
それだけ年を取ったということなのだろうけど、それにしても・・・である。
いつの間にかどんどんと陽気も変わり、気温が下がって涼しくなってきた。
もともとかなりの暑がりなので、このくらいのほうが半袖で心地よいのだ。

それでも困ったことがあって、写真の整理が一向に進まないのだ。
載せられそうなカットはまだそこそこ残っている。でも時は過ぎて行く。
撮影に行けば新しい写真も増えてしまう。行かないという選択はないし。
そんなわけで、やや消化不良気味な日々を過ごしている。

そろそろ風景でも撮りに行こうかな。下旬は日光で撮影ツアーもあります。
ああそうだ、そして翌日は東京モーターショーを見てくる予定です。
かなり長いこと初日に行ってましたが、今年はツアーと被りました。。。
b0016600_1072610.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-07 10:07 | 円山動物園 | Comments(0)

ガラス越しも楽しい

ユキヒョウをたくさん飼育しているところといえば多摩動物公園だろう。
しかし、ここ円山動物園も負けてはいなかった。いくつか場所があって、
4頭ほどのユキヒョウを見ることができた。確かに運動場は広くないし、
多摩のように飛んだり跳ねたりしているわけではないのだが、悠々とした
雰囲気は楽しむことができる。で、檻じゃないから写真撮影を目的として
いないお客さんでも、手軽に写真を撮ることが可能なのだ。多摩だと檻の
フェンスにスマホやコンパクトデジカメ、標準クラスのレンズを装着した
カメラを持って来ている来園者はたいてい「柵が写っちゃうよ」と言って
諦めているケースもよく見かける。しかし円山はガラス越し。そんな声は
まず聞こえてこない。近い近いと言いつつ手持ちのカメラを向けていた。

それが写真として面白いかどうかは全く別問題なのだけど。手軽に憧れの
動物や被写体を撮れるというのは面白く、気持ちも盛り上がる。室内だし
そのために対策をしないと間違いなく失敗するのだが、肝心なのはやはり
記録に残せるか否か、というところか。眺めながらそんなことを感じた。
b0016600_822995.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-04 08:02 | 円山動物園 | Comments(6)

円山のライオン

解体が決まり、続々と新施設に向けて動物の移動が開始されいる熱帯館。
実はここ、寂れた雰囲気があってなかなか魅力的なのだが、かなり古いものだと
初見でも感じることができる場所だった。すでに引っ越しが完了している動物も
いるのだが、ライオンのカップルはまだここで生活していた。意外と距離があり
割と好みの撮影条件である。しかし、最初に寄ったときには2頭とも寝ていた。

2回目に立ち寄ったら起きていたので、すんなり撮れてしまった。
こどもたちが大勢やって来たので様子を見ていたら、なんと交尾を始めた。
「なかよしだね」などと子どもたちは語っていたが、引率していた先生たちは
いずれも若い女性だったが、返答に困っていて苦笑することしきりだった。

こうして見てみると、顔に刻まれたキズがとてもカッコよく感じるのだ。
b0016600_753623.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-10-03 07:53 | 円山動物園 | Comments(0)

円山の勇気

円山動物園には、シンリンオオカミが4頭飼育されています。
いずれもオスで、父親である「ジェイ」が群れのリーダーになっています。
ところが、成長によって子供たちの力が強くなり、「ユウキ」と闘争が起きる
ようになりました。そのため「ユウキ」を他の3頭と分けて飼育しています。
建物の室内に入ると、シンリンオオカミを間近に見られるガラス越しに、この
件についての説明書きが貼られています。偉大な父親にたてついた訳ですが、
なんだか親近感が湧いてきました。昔から好きなんですねぇ、こういう奴が。

いわば、まさに一匹狼です。権力の象徴、中心的な存在に正面から歯向かう。
尊敬の気持ちを込めて、狙ってみることにしました。室内スペースでは手前に
テーブルのようなものがあり、座って眺めることができます。ちょうど小さな
お子さんたちが座っていたので、その後ろからガラス越しに撮影することに。
反射が意外と少なかったので、思っていたよりスムーズでした。始めは退屈な
雰囲気を思い切り漂わせていましたが、そのうちパッと顔を上げたり、横顔を
しっかり見せてくれたりと、なかなかのパフォーマンスでした。ガラス越しと
いう条件でしたが、ちょっとソフトな感じの仕上がりは意外と良かったです。

ところが、勘違いしてこれを撮ったら次の場所に移動してしまいました。一周
ぐるっと回れるようになっていましたが、これになぜか気付かなかったです。
あ、と思ったのは閉園のアナウンスが流れ始め、門に向かっている時でした。
これはさすがに残念でした。次回はほかの皆さんもじっくり見てみたいです。
b0016600_745772.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-09-27 07:45 | 円山動物園 | Comments(0)

3日目は円山動物園

10日は最後の訪問場所となる、さっぽろ円山動物園でした。
入ってちょっと歩いてまず感じたのは、「旭山とつくりが似ている」という
ところでした。両側にズラリと獣舎が並び、真ん中に建物が存在している、
というのが記憶の中の旭山動物園と一致していたからです。実際は違うかも
しれないのですが、さすがに北海道の動物園は共通点があると思いました。
これまでのおびひろと釧路もそうでしたが、動物個体の紹介がとても丁寧に、
しかも解りやすく掲示されていました。それらの写真も撮りましたが、あとで
こうして書き起こす際、とても助かるのです。加えて、動物を大切にしている
という印象を受けました。北海道を代表する動物園ですし、立地的には最も
行きやすい場所にあります。札幌駅からタクシーでも2000円かかりません。

ここでもホッキョクグマが人気を集めています。親子とでっかいお父さんを
見てきましたが、つくりがうまくできているのか、見られるスペースが広く
移動もしやすかったですね。撮りまくりに注意なのは釧路と同じなのですが、
フェンスなどの障害物がないので、こちらのほうが危険度(笑)は高そうです。
トラやユキヒョウは寒帯館、レッサーパンダは高山館というように、展示の
スペースにはそれぞれ名前があります。パンフレットにはそれぞれの場所と
動物のイラストが描かれていますが、どれがどこにいるのか、という情報は
それに慣れていることもあって、言葉にしてもらったほうが解りやすいかも。
なんとなく、見落としてしまった動物がいくつかいるような気がしています。

トラとユキヒョウが並んで見られる、というのは面白いですね。室内とはいえ
活発に動いているところも楽しめました。全体的に新しめの施設が多いようで、
ライオンやキリンなどのいる熱帯動物館はいずれ取り壊されるそうです。
ところが、この寂れた雰囲気はかなり好みです。モノクロで撮影してみたら、
いい感じの写真になるのではないかと感じます。オオカミやオランウータン、
エランド、マレーバクなども元気そうでした。ホッキョクグマを軸にしながら
あちこち撮影して戻って様子見、という散策になりましたが、釧路と円山は
1日ではかえって残念な気持ちが残るように思います。訪問日数を複数にして
また来てみたいですね。時間がとても短いようでした。滞在する時間が長いと
見えてくるものも違ってくるでしょう。来てみたのは良い経験になりました。

このあとは駅に戻り、疲れを取りつつのんびりしてました。
22時発の急行はまなすに乗って青森まで。その後愛車で帰ってきました。
これまでよく行っていた関東周辺の動物園とは、かなり雰囲気が違います。
それをとても心地よく感じました。近いうちに再訪しようと企んでます。
b0016600_7465294.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-09-14 07:47 | 円山動物園 | Comments(0)

リラ敬礼

前の記事でも少し触れましたが、今回持って行った機材について。
おそらくシャッター押しまくりになるだろう、という予感はしていました。
あくまでもメインの撮影は、ここに載せるいつものスタイルなのですが、
それとは別の目的で使い分けられるよう、ある意味フル機材になりました。

①キヤノンEOS7D NewFD500mmf4.5L+アダプター改
あくまでもこれがメインです。しかし、撮影枚数は圧倒的に少なめでした。

②オリンパスOM-D E-M5 ルミックスGバリオ100-300mmf4-5.6
オールマイティ。本館別館両方の撮影に使いました。大いに役立ちましたね。

③オリンパスOM-D E-PL5 MZD14-42mmf3.5-5.6II R/シグマ8mmf4
案内板や個体紹介などの掲示物、園内施設の撮影用。釧路で大活躍でした。

これだけのカメラ、レンズに加えてそれぞれの予備バッテリーが複数あり、
けっこうな大荷物になりそうでしたが、愛用のドンケF2にすべて入ります。
よく動くホッキョクグマの撮影は、深度のあるM4/3がとても役立ちます。

写真は円山動物園のリラ嬢。最近名前の発表がありました。父親のデナリ、
母親のララから1文字ずつもらっているそうです。素敵な名前に敬礼 !?
b0016600_222995.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-09-11 22:29 | 円山動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31