カテゴリ:遊亀公園附属動物園( 6 )

猿犬 animal

ワオキツネザルを撮ったつもりだったが、どう見ても犬だ・・・。
b0016600_233338100.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-11-23 23:34 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(2)

そりゃないよ

5日休んで出社してみたら、新しいカメラが発売・発表になっていた。
ちょっと驚いたのはニコンD610である。
小型フルサイズ一眼として人気があるD600は、発売されてからまだ
1年ちょっとしか経過していない。それで、もう新しくなるのである。

いろいろとそれに意味はあるのだろうが、D600のユーザーにしてみれば
こんなひどい話はないのではないか、第一印象がそうだった。
ツアーでは6DとD600はとても人気があり、それに買い替えようかと
相談をいただくことも1度や2度ではなかった。せっかく買ったのに、
それが僅かな時間で旧型になってしまう。それはあんまりではないか。

メーカーの事情もあるだろうけど、もっと愛機に誇りを持たせてほしい。

久々に出勤したから、というわけでもないのだけど、仕事を持ち帰りました。
これからそっちに取りかかります。なんだか慌ただしいけど、頑張らないと。

写真はエリマキキツネザルです。
とても眠そうですね。甲府に向かう道中、睡魔と戦いながら運転する時間が
ありました。ひょっとしたら、こんな顔でステアリングを握っていたかも。
b0016600_23362389.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2013-10-12 23:31 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(0)

残念な休日

5日間も休みがあったわけだが、ちゃんと出掛けたのは1日だけだった。
目的は果たせたのでまぁそれは良かったのだけど、何のための休暇なのか、
イマイチよく分からない結果になってしまった。もともとは浜松などに
出掛けるつもりでいたのだけど、昨日は朝から頭痛に悩むことになって、
一向に気分が晴れない。だったら近場で多摩かなと思い支度はしたのだが、
風呂から上がって落ち着いても頭痛が消えず、断念することになったのだ。

そして今日。さすがに遠くは厳しいので、多摩に行こうかと考えていた。
ところが、どうにも暑い。後から知ったのだが、30度を超えていたとか。
しかも、風がとても強かった。雨はまだしも、風は大敵だ。これで一気に
気力が萎えてしまった。オマケに、頭痛が治らない。その理由も解らない。
そんなわけで、結局外に出ることはなかった。部屋の空気が悪い、という
ことも理由かと思っていたのだが、とにかく頭の鈍痛がひどかったのだ。

なんとも勿体ない休暇になってしまった。リフレッシュするつもりが、
全く逆の展開になってしまったような気もする。とても残念だった。
b0016600_22233292.jpg

AB− (1D MarkⅢ/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2013-10-11 22:23 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(0)

ダンシングアジアゾウ

華麗なダンスを披露してくれたアジアゾウ。

奥のほうにちょっとした水浴び場があるのですが、そこから水を吸い上げ
鼻で身体にバシャッとかける。その後、特定の場所に戻ってダンシング。
これをしばらく続けていました。
そこそこ距離のあるところでこれを見ていたのですが、ちょっと興味があり
狙ってみることにしました。どうせなら動きがあるところを見せられて、
でも顔はきちんと画面に入れたい。背景が壁になるので、余計な人工物が
入らないようなタイミングでシャッターを切る。いくつかテーマを決めて
撮影してみました。写真では解りにくいのだけど、キャッチライトも少し
入っているんですよ。画面右側の空間バランスは、割と気に入ってます。

遠足の子供たちは、このゾウと一緒に記念撮影をしていたようです。
狙いを定めているとき、「にぃ〜 ! 」という大きな声が聞こえてきました。
b0016600_2243433.jpg

AB (1D MarkⅢ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-10 22:44 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(0)

1番人気

甲府で1番人気だったのは、これは来園していたお客さんの8割が子供たち
だったこともあるのだけど、レッサーパンダでした。近くでハッキリ見えるし
よく動いていたことも、その理由だと思うけど。運動場の雰囲気は東武に少し
近いかなという印象でした。で、奥行きは東武より短いのでとても見やすい。

たくさんやって来る子供たち。レッサーパンダが動いているのを見ると、
みんな足を止めてじっと見入っていました。さすがに知名度の高い動物で、
「あ ! レッサーパンダだ ! 」という元気な声もたくさん聞こえてきます。
そのあとからやってくるお母さんたちは、かわいいと言いながらカメラを
向けています。ちょっと暑かったこともあり、1頭は室内に入りました。

ただ、こういう状況だと必ずしも写真が撮りやすいわけではありません。
短いズームを使って歩いているところを撮るならいいのだけど、目的が
違うとたちまち困難になってしまいます。しばらくは何もしないで様子を
伺い、撮れそうな位置を探します。そこにやってきた時だけがチャンス。

こうやって、まぁ1カット何か撮れたらいいか、と思っていました。
とりあえず載せられたので良かった。定番の表情ではありますが。
b0016600_21415424.jpg

AB− (1D MarkⅢ/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2013-10-09 21:42 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(0)

厳しい遠征

これまた約1か月ぶりに、動物園に行ってきました。
今回も、なんと初訪問です。甲府市にある遊亀公園附属動物園でした。
いつものように一般道を使ったドライブ&動物園。4時間半かかりました。
実はあまり寝ていなかったので、道中はさすがに眠かった・・・。
なんとか開園30分後というレベルで着いたのはよかったけど、園内は
遠足の子供たちでごった返していました。もともとそれほど広くはない
動物園ですので、思うように身動きが取れず苦笑いというシーンも。

さて、ここ甲府市遊亀公園附属動物園は、開園が大正8年なんですね。
なんと、日本では4番目に古い動物園なのです。歴史はあるのですが、
さすがに施設は古さを感じさせるものでした。トラとライオンがいるという
予備知識だけで出掛けたので、奥行きのない檻を目の前にして呆然でした。
まぁこれは失敗したなと思ったのですが、それは結局大当たりでした。
トラは最初から最後まで寝ていて、ライオンは檻の真ん前に座っていて。
遠征でこれほどボツに近かったのは初めてでしたね。

昼の時点でもうこれはさすがにアウトだと思い、ほとんど完全に戦意を
喪失していました。早めに切り上げて富士山を撮りに行こうと思って、
出口に向かって歩いていたら、サルたちとゾウに救われました。
サルは檻なので苦戦したのですが、それでもなんとか撮れたのでボツは
ひとまず免れることができました。写真を残せただけでよしとしましょう。

写真はお手入れされているシロテテナガザル。さかさまで失礼しま〜す。
b0016600_22265617.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2013-10-08 22:24 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama