カテゴリ:こども動物自然公園( 42 )

埼玉県こども動物公園では、マヌルネコが4頭飼育されている。
活動スペースは2つに仕切られていた。近くには個体紹介の案内板。
ここを見ると、4頭飼育されているうちの3頭を見られる状況だった。

← シャル(♀) 2014年4月18日うまれ
← レフ(♂) 2014年5月15日うまれ
→ セバスチャン(♂) 2004年4月6日うまれ
非公開 タビィ(♀) 2008年5月6日うまれ

「うまれ」というのがいかにも「こども」と名の付く動物園らしい。
活発に動いて写真をたくさん撮ったのは、左側のスペースであった。
とにかくじっとしていなくて、いつも何かしている感じである。
バタバタ動いたり、諍いを始めたり。
かと思えば近くにやってきて、撮れるかなと思ったらすぐにくるりと
身を翻して歩き始めてしまうなど、楽しい時間を過ごすことができた。
しかし、カメラはいつも、左側のスペースにしか向けていなかった。

右側のスペースは、そこに空間があるのみだった。誰もいない。
ひょっとしてと思い、外に繋がっているトンネルをレンズで覗いたら、
毛が丸まっているのが見えた。そうか、あれがセバスチャンか。
そう思ったけれど、為す術はない。撮れないと諦めることにした。

閉園が近付き、そろそろ寒さが増してきた午後3時半過ぎ。
帰る前にもう1度見ていこう、そう思って再び立ち寄ってみた。
左側は相変わらずだが、さすがに疲れたのか眠そうな表情も見せている。
そして、ふと右側を覗いてみたら。。。あ、いた ! そう、いたのだった。
すぐ手前のところで丸くなっていた。記念にスマホで撮ってみる。
さすがにこの距離だと近すぎて難しい、見られただけでいいと思った。
で、しばらく左側のスペースを眺めていた。
そして、再度右側のほうに行ってみたら、なんと。座っていた。
しかも、写真が撮れるいい位置に。でも、見るからに不機嫌そうだ。
「せっかく降りてきたのに、なにやってんだおめーは。」そんな感じ。
申し訳ない気分で、なんとか18カット撮影させてもらった。
最初はやや角度を付けていたので、本当に睨み付けられているような
雰囲気があった。しゃがんで目線の位置を変えてみたのがこれである。
まさに、昭和の大小説家のイメージだ。ちょっと気むずかしい。
怒らせたらたいへんな感じ。原稿はもちろん手書き。何を書いているか
達筆すぎてわからない。でも、人間の心情をえぐる描写がものすごい。

勝手にこじつけて写真撮っただけではなく、こんなことまで言われたら
本気で怒らせてしまいそうだけど、オーラがものすごかったのである。
威厳という言葉がピッタリだった。そして、マヌルネコは奥が深い。
b0016600_7202583.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-19 07:20 | こども動物自然公園 | Comments(0)
2017年は、割とよく動物園に出かけていると思う。
ここまで幸先のいいスタートは、近年では珍しいのではないか。
なんだかんだで、出かけると楽しいシーンに出会える。
それの繰り返しが、やる気の高揚に繋がるのだと思っている。

というわけで、こちらを立てるとあちらが落ちるということだ。
昨年定期的にやっていた、特に秋以降はそれにかかりきりだった、
店のブログに連載している機材レビュー。随分遅くなってしまった。
1月は休みのほぼすべてを動物園で過ごしていたし、使った機材も、
今年の方向性を考えつつ、戦力のすべてを持ち出してみたのだった。
それが一段落したから、というわけでもないのだが、ようやくこれも
記事が上がることになった。数えてみれば、もう45回目なのである。

「ソニー 70-400mm F4-5.6 G SSM II 」編

発売されてからそこそこ経過したレンズだが、昨年発売されたα99IIと
組み合わせて試してみる、という点が大きなテーマになっている。
先日出かけた埼玉県こども動物自然公園は、これの取材も兼ねていた。
いずれ別館に載せる予定だが、カピバラ、ヤブイヌ、シママングース、
レッサーパンダなど、けっこういろいろな動物を撮影したのはこのため。
ガラス越しの条件も多かったが、さすがは高級に位置しているカメラと
レンズの組み合わせだけのことはあり、それなりの成果は出せたと思う。

ただこのカメラ、日頃キヤノンとオリンパスを使っている身としては、
さすがに使いにくいと感じる点もいくつかあった。特にダイヤルだ。
絞り優先AEで撮影するときには、メインダイヤルで絞り値を変える。
ところが、これをそれなりに早く回すと、表示が追いつかなくなる。
で、やっと表示がでたと思ったら全く違う数字になり、今度は戻す。
ということが複数回起きた。これはストレスだ。日頃こんなことは
全く起きないこと。「そんなことがあるわけない」と思っているので
戸惑うのだ。たった1 日使っただけで偉そうなことは言えないけど、
これはホントに困る。性に合わないのかもしれない。逆にいい意味で
驚いたのは、カメラレンズともコントラストがかなり低くなった。以前、
α99と70-400mm(ともに初代)の組み合わせで使ったことがあるのだが、
コントラストがとても強く、べったりした感じになっていて、全く好きに
なれなかった記憶がある。この点はとても良くなった。自然な仕上がりで
違和感もない。レタッチを全くしないし、直感だけで判断しているけど。
実はフジも、上記のような理由で、動物園では使いにくいと感じている。

写真は元気な様子を見せてくれたオオカンガルー。おっさんぽくはない。
b0016600_726877.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-18 07:27 | こども動物自然公園 | Comments(0)

さいたま密着

先日撮影に行ってきた、埼玉県こども動物自然公園のデータ密着を 。
α99IIと70-400mmF4-5.6 G SSM II 、これでしか撮らなかったので、
全体的に引きのカットが多かった。というか、ここはズームが適任だ。

シマウマ(15)
キリン(13)
マヌルネコ(69)
レッサーパンダ(9)
ヤブイヌ(11)
ミーアキャット(5)
シママングース(13)
プーズー(14)
ギンガオサイチョウ(5)
ホンシュウジカ(17)
コアラ(12)
シマオイワワラビー(6)
コアラ(3)
マーラ(3)
カピバラ(19)
ワラビー(3)
カピバラ(58)
カンガルー(23)
オーストラリアガマグチヨタカ(1)
マヌルネコ(82)
レッサーパンダ(11)
マヌルネコ(1)
カナダヤマアラシ(21)

カピバラとマヌルネコがすこぶる多くて面白い。つまりシーンが多く、
あれこれといろいろ撮っていた、ということになる。園内の風景なども
撮影しているので、全体の数よりちょっと少なくなった。最近ここは、
とても楽しく写真が撮れる動物園という認識だ。すぐに行きたくなる。

そして、写真はまたまたマヌルネコ。撮りすぎたけど、それも楽しい 。
b0016600_647592.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-14 06:47 | こども動物自然公園 | Comments(0)

マヌルネコ三昧

休日でしたので 、埼玉県こども動物自然公園に行ってきました。
道路事情があまり良くなくて、あちらこちらで渋滞していましたが、
高速に乗ったらスイスイ走れるようになり、11時頃に到着しました。
さすがは平日、お客さんの姿も少なめです。広大な園内なので、ほぼ
貸し切り状態になる場所も。鳥インフルエンザの予防策のため、鳥の
展示はほとんどが見送られていました。気温も低くて、風が強かった
ことも合わせると、かなり寒さを感じた1日でした。427コマ撮影。

最近ネットで大人気のマヌルネコも、ほとんど独占状態になる時間が
ありまして、動き回ったりなんか言い合いをしていたり、おとなしく
じっとしているところなど、いろいろ見ることができました。新しく
入ってきたプーズーも、遠かったけれど姿を確認。カピバラお風呂も
じっくり堪能できて、楽しい時間になりました。満足度が高いです。

機材ですが、今回はちょい訳ありというか仕事が少し絡んでいます。
ソニーα99IIに、70-400mmレンズを装着して撮影しました。勝手が
違うのでなかなか馴染むことができず、思った通り反応してくれない
こともありましたが、いつものように真剣勝負というわけでもなし、
楽しむことに専念しました。ここに1カット載せられればOKです。
というわけで、マヌルネコのカット。正直な話をすると、必要以上に
撮りすぎてしまいました。動きもあるし表情も面白いです。ついつい
長居してしまうほど。お客さんが少なくて、とてもラッキーでした。

ちなみにこの写真ですが、ISO感度は6,400です。ソニーの高感度も
とても良くなりました。フルサイズなのでボケが大きい、これが逆に
マイナスに作用することもあります。次回はマイクロフォーサーズで
狙ってみたいと感じました。ここに行くなら、ズーム1本勝負かな。
b0016600_20465675.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-10 20:48 | こども動物自然公園 | Comments(0)

ネタなし

さぁて困ったぞ。
写真のストックがない。記事のネタがない。
ぐうたら癖がついてしまって、撮影に行く意欲が湧いてこない。

ううむ。
b0016600_23131489.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-12-12 23:13 | こども動物自然公園 | Comments(0)

躊躇

振り返るのはもう少し後になるが、今年はけっこう充実していたと思う。
といっても撮影の話ではなくて、仕事面でのことだけど。
ツアーはさほど多くなくて、中止が目立ってしまい考えることも増えた。

マイクロフォーサーズがいつの間にかメイン機のようになっていたが、
そろそろ元に戻ろうかと考えている。手始めにテレコンと中間リングを再び
戦力にしようかと思ってはいるのだが、それと別にクルマで直したい場所が
発生していて困っている。部品がなくなる前になんとかしたいのだけど、
部品代と工賃で10万の見積もりが出ているので躊躇している。

というわけで、社外でなにかパーツが出ていないかと探している次第。
明後日は休みだがクルマメンテナンスデー。
6か月点検のあとオイル交換の予定なので、そこで相談するつもりだ。
そろそろ、購入価格よりトータル整備代金の方が高くなってくる。。。
b0016600_23474118.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-12-09 23:47 | こども動物自然公園 | Comments(0)

結局終わらず

1日中ずっと写真の整理・・・なんてできるわけもなく、結局は9月分を
ようやく終わらせることができた、止まりであった。北海道であまりに
撮りすぎてしまったのは大いなる反省点だろう。これでやたらと時間を
費やすことになった。まだ残りもあるし、呑気に構えてはいられない。
b0016600_2337012.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-12-08 23:37 | こども動物自然公園 | Comments(0)

足に来る

どうも最近は、疲れるとまず足が影響を受けるようである。
今月に入ってから特に感じるのだが、1日のうちほとんど立っているので
仕事が終わるとまずは足がだるい、というか付け根が痛むようになった。
ちょっと前まではちょくちょく深夜に腓返りが起きていたが、こちらは
最近ほとんどというか全くなくなった。とにかく早めに寝て睡眠時間を
確保することにしているので、それは良い傾向なのだと思っている。

そんなわけで、帰ってきて食事して、まずしたのは足に湿布を貼ること。
足の裏とふくらはぎにぺたんと貼りつけた。
ちょうどいま、じわ〜っとしてきたところである。

かつては夜更かしして深夜に寝るのが当たり前だったが、さすがにもう
厳しいものがある。就寝時間を体が覚えているようで、眠くなるのだ。
b0016600_224413.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-12-05 22:44 | こども動物自然公園 | Comments(0)

悪癖

子どもの頃から直らない、悪い癖がいくつかある。
しばらく鳴りを潜めていたのだが、昨晩久々にその1つが炸裂した。
その影響で目がチクチクしていたのだが、そのたびに手で擦ったので、
すっかり赤くなってしまった。瞼を閉じるとジーンと熱くなってくる。

そんなわけで、しっかりと休ませることにします。。。
b0016600_23291219.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-12-02 23:29 | こども動物自然公園 | Comments(0)

水に映る紅葉

せっかくなので、どこかで紅葉と絡めて撮りたいぞ、そう思っていました。
キリンのところでなんとか押さえることはできましたが、それ以外の場所は
なかなかうまくいきません。さすがに厳しいかなと思っていたところ、
カンガルーの運動場にある池のほとりでコクチョウと絡めて風景にできる、
そんなことを気付いたので狙うことに。コクチョウのすく後ろは池の縁で、
うっかりしているとすぐに写り込んでしまいます。上はギリギリでカット、
紅葉を解りやすくするため、水面を大きく画面に入れる必要がありました。

切り取りが難しいシチュエーションでしたが、紅葉の雰囲気を出せました。
b0016600_2119380.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-12-01 21:19 | こども動物自然公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー