カテゴリ:かみね動物園( 216 )

勉強会

先日、店のスタッフ向けに開催されたオリンパスの勉強会。
概要はここでも記事にしたのだけど、店のブログに載りました。

飛行機撮影勉強会

飛行機に乗るのは相変わらずダメですが、撮るのは面白いです。
次から次へと飛んでくるので、練習にもいいし、飛行機の種類に拘って
撮影するのも楽しいでしょう。機会を作って、また行ってみるつもり。

次のツアーの勉強も、少しずつ進んでいます。
お祭りなので雨でも開催されると思うのですが、そうなると厳しそう。
ただ、これはけっこう楽しめるのではないかと感じています。
歩いている被写体を追っかけて、または併走しながらの撮影なのですが、
これはかなり前にやっていたことがありました。昔を思い出せたらきっと、
それなりの形にはできそうです。割と体力勝負になりそうですね。

盛岡市動物公園も、12年振りに訪問することができそうです。
b0016600_20574095.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-25 20:58 | かみね動物園 | Comments(0)

暑い1日

とんでもなく暑い、そう感じた1日だった。
気象庁によると、全国929の観測地点のうち、165地点で最高気温が
30度以上を記録したそうだ。つまり「真夏日」である。まだ5月だ 。

東京都心は28.7度だったそうだが、それでも7月中旬並という。
別の店舗で仕事をしていたのだが、土曜日である。
小さめの店内はお客さまに多数ご来店いただき、かなり混み合っていた。
こうなると、エアコンは全く役に立たない。もともと効きが芳しくなく、
ただでさえ暑がりの身には酷な状況なのに。5月でこんなことでは、夏が
本番になったらどうなってしまうのか。考えるだけでも恐ろしい。

ということで、今日から部屋のエアコンをまた作動させることになった。
毎年夏は厳しく、何もする気が起きなくなってくる。
今年も例年と同じような展開になりそうだ。
b0016600_2327598.jpg

(1D X /EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-20 23:28 | かみね動物園 | Comments(0)

養老渓谷と大山千枚田

先日下見をした、養老渓谷と大山千枚田のツアーでした。
横浜天理ビル前を8時に出発しました。お客様は15名様です。
バスは旅行会社のロゴをあしらった大型タイプ。内装も豪華でした。
座席に余裕があり、1人で2席使っていただくことができました。
高速も混雑はなく、予定よりも20分ほど早く養老渓谷に到着です。

下見の時にはほとんど水がなく、かなり心配な状況でしたが、その後
雨が降った影響もあり、水かさが増していました。粟又の滝も、多い
ときを基準にしてしまうと物足りなさはありますが、それでも十分に
見られるレベルまで回復していました。天気は問題なく晴れです。
これは、雨男であることが良い方向になった証ではないかと感じます。
まさかこういう展開になるとは予想していなかったので、驚いたけれど
ホッと一安心でした。水の色が映り込みによって緑色に変わっている、
そんなところや新緑の風景などを撮り歩きました。時間も余裕があり、
もっとゆっくり撮っていても良かったような気もします。移動距離は
3.5kmありましたが、遊歩道も整備されていて楽しく撮影できました。

続いては大山千枚田。こちらのほうは田植えも進んでいて、場所により
とても美しい棚田のラインが形成されていました。皆さんと歩きつつ、
いくつかのポイントから棚田を狙います。風が強かったので、肌寒さを
感じることもありましたが、こちらも時間いっぱいまで撮影しました。

帰りの休憩で「海ほたる」に寄った際、ゆで落花生を6袋買ってこようと
思っていたのですが、9日に購入した売店に行ったらなんと、売り切れ。
まさかの展開に、ガッカリして帰ってきました。これはとても残念です。

今回の撮影地は、秋の紅葉シーズンにまた来てみたいです。鮮やかで美しい
紅葉を楽しめると思うのですが、今回のようにのんびりとはいかないかも。
そして次のツアーは、以前にも担当したことのある、竜頭の滝と湯滝です。
b0016600_2151876.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-16 21:05 | かみね動物園 | Comments(0)

かみねデータ密着

19日に出掛けた、かみね動物園の密着です。

ホントはメインで使う予定だった7DMarkIIですが、いつもたくさん
撮っているライオン「きぼうくん」が0コマのため、少なめでした。

キリン(59)
ライオン(6)
ベンガルトラ(45)
ライオン(5)
カバ(1)
サイ(2)
カバ(91)

かみね動物園には600mmを持って行くことが多いのですが、ここまで
撮影枚数が少なかったのは異例です。一方、1DXは今回も豊作でした。

ベンガルトラ(2)
サイ(9)
キリン)16)
レッサーパンダ(3)
キリン(12)
サイ(26)
ライオン(4)
カピバラ(31)
コツメカワウソ(13)
カピバラ(1)
コツメカワウソ(3)
カピバラ(18)
コツメカワウソ(6)
アジアゾウ(16)
カバ(2)
サイ(8)
ライオン(90)
サイ(1)
アメリカビーバー(20)
ベンガルトラ(4)
ライオン(2)
ベンガルトラ(1)
ライオン(2)
アメリカビーバー(4)
カバ(41)
サイ(1)
ジェフロイクモザル(27)

ライオンのところで600mmを装着したほかは、すべて100-400mmです。
1度この組み合わせで試してみたかったので、いい機会になりました。
b0016600_726851.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-30 07:26 | かみね動物園 | Comments(0)

4月恒例の江ノ島

数日前のことですが、江ノ島とその周辺に出掛けてきました。
毎年4月に、mixiのコミュで企画される撮影会に参加するためです。
平日、火曜日に集まって写真を撮ろうという主旨で、今年で8回目。
江ノ電の1日乗車券を購入して、藤沢から鎌倉まで撮り乗り、歩きます。
ほぼ毎年参加していまして、だいたい回るルートも決めているのですが、
今年はそういうのをまとめる時間がなくて、気の向く場所で撮りました。

これのほかに、レンズのテストをしようと考えていました。
先日井の頭で彫刻を撮り、著作権の関係で掲載することができなかった、
ソニーFE 100mm F2.8 STF GM OSSです。もともと撮りたいものがあり、
ここでそれが撮れたらいいと考えていました。ボケの良さもきっと伝わる、
そう思っていたのです。しかし、当日の天気はポカポカ。暑いくらいです。
しかもかなり混雑していて、その影響もあって全く撮れませんでした。
後から聞くと別のところでチャンスはあったようですが、写真のイメージに
合わないと思っていたので、これはもう運が悪いと諦めることにしました。

とはいえ、何か撮っていかないと形になりません。展望台の近くに行って
花を撮ったり、海の風景を狙ったりしてみたのですが、それなりのカットは
確保できたとしても、まるで納得ができません。またしても見送りました。
こういう失敗談や残念なケースもネタにできるので、それはそれで意味は
あるのだけど、さすがに悔しさは残ります。またあの島に行ってみようか、
そんなことを思ったりもしました。さて、どうしよう。被写体探さないと。

やはりレンズとの相性といいますか、撮りに行く場所との兼ね合いが割と
大切だったりします。たぶん大丈夫だろう、なんていう期待は持てません。
こういうところがテストの難しさだと思います。次の予定もありますし。

というわけで、ちょっと残念な結果でした。江ノ島でシラス丼の大盛りを
食べられたのが最大の収穫です。とても美味しかった。また来年ですね。
b0016600_7295291.jpg

(1D X /EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-29 07:30 | かみね動物園 | Comments(0)

桜とキリン

かみね動物園に着くと、まずはトラ・ライオンを目指して歩く。
この2つがメインだと考えているのが理由だ。今回もそうだった。
ところが、ライオンは寝ていた。隣のトラも同じだった。
さてどうしたものかとサイのほうを眺めて、桜に目が止まった。

満開は過ぎている状態だったが、まだ十分に絵になる感じだった。
まずは様子見でサイと桜を撮った。すると、向こうにキリンの姿が
見えたのだった。桜をバックに、いい位置で立ち止まっている。
これは逃したくない。というわけで100-400mmのズームを使い、
これを押さえる。しばらくその状態で撮影をしていたのだが、
ふと、この条件でアップも撮りたいと考えた。多少無理はあるけど、
時間をかけてでも何とかならないだろうか、という気持ちが勝った。
そこで、カメラを7DMarkIIと600mmに変えて、狙うことにした。

キリン絶妙な位置に立っていた。ちょうどバックに桜が入る位置を、
知っているのではないかという動き。それでいて、思わせぶりな感じ。
ここを背景にできたらいい、という場所は決まっていたのだが、肝心の
キリンはなかなかそこを活用しない。右向きでないと厳しいのだが、
左向きで立っていることのほうが多く、難航が予想されたのだった。

そうこうしているうちに、予想外の時間を費やしてしまった。
そろそろ諦めようかと思っていたら、ちょうどいいタイミングで右を
向いてくれたのだった。チャンス到来である。すかさず数コマ撮影。
ふんわりした桜のピンクと新緑の緑が重なり、暖かな印象がある。
このシチュエーションに合わせて、キリンの表情もおしとやかだ。
耳を閉じているのがちょっと残念ではあるのだが、欲は言うまい。

それにしても、メインレンズの最初の撮影がキリンで、しかも50
カット以上撮るとは全く予想していなかった。来年は満開の頃に
ぜひ来てみたいと思う。桜バックの写真がいろいろ楽しめそうだ。
b0016600_7463149.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-27 07:46 | かみね動物園 | Comments(0)

トラ撮れた

かみね動物園では、どうしてもトラとライオンのところに釘付けになる。
いつも書いていることだが、隣同士で見られるので楽しい。比較できるし
何かあるとすぐに様子を見に行くことができる。なので、ここにいる時は
行ったり来たりを繰り返すことが多い。今回はライオンが予想外の展開で
あまり撮れなかったのだが、トラのほうは意外といい場所に来てくれた。

ここのトラは「さわ」というメスである。割とおとなしい印象なのだが、
そうかと思うと突然アクティブに遊んだりする。目元がすこし厚いので、
撮影するのには苦戦を強いられることもある。ところが。今回は最初から
起きていたので、意外とスムーズに撮ることができた。寝ていると思って
立ち寄ったため、ちょっと意外な気もした。下から見上げるように目線を
こちらに向けてくれたので、厚い瞼に遮られることもなかったのである。

正直、拍子抜けしてしまった。いつもとは全く異なり、あまり苦労せずに
捉えることができた。かみね動物園に来る目的といえば、かつてはまず、
トラを撮ることであった。数年前に亡くなってしまったが、オスのトラは
とてもカッコ良くて、しかもお立ち台でポーズを撮ったりするものだから
ついつい大量に撮ってしまったものだ。ここに来ると、そんなことを常に
思い出してしまう。それがここ最近ではライオンに移っていて、来た時は
そればかり撮っていた。たまたま今回はそれが叶わなかったが、それでも
トラが表情を見せてくれたのは、とても大きかった。有り難い話である。

カメラ2台体制で挑むようになり、その後立ち寄った時には寝ている姿も
押さえることができた。退屈そうに見えることもあるけど、来園者からの
人気は相変わらず高くて、毛並みがキレイだと褒められてもいた。次回は
また撮れるだろうか、これを書きながらそんなことを思った。楽しみだ。

それなりに離れて撮っているのだが、7DMarkIIに600mmを装着すると、
35mm換算では960mm相当の画角になる 。ほとんど顔だけになるので、
フルサイズの1DXで撮れたらいいのだけど。でもそんなに甘くないのだ。
b0016600_751229.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-26 07:51 | かみね動物園 | Comments(0)
19日の話ですが、かみね動物園に出掛けてきました。今年2回目です。
ちょっと出るのが遅くなりましたが、なんとか9時半に到着しました。
とてもいい天気と言いたいところだけど、カンカン照りになりまして。
これはしんどくなるのではないかと予想していました。朝からどうも、
いつもと違うと感じていましたが、それの正体が掴めないまま時間だけ
進んでいくという感じ。結果的に、かみね史上最大の悪い結果でした。

ピーカンで苦しんでいたところに、昼過ぎには突然天候が悪くなって、
落雷を伴う雨が降ってきました。仕方ないので休憩所に寄ってみたら、
団体さんが来ていて超満員です。席が取れないので、そのまましばらく
雨宿りしていました。やがて雨が上がり、再び写真を撮り始めたものの
どういうわけか、全く手応えが掴めません。チャンスも少なくて、全く
波に乗れない感じでした。それがすべてだったような気がしています。

そして、悪いことは重なるもの。かみね動物園ではこれまで何度も撮影
したことのある、オスライオンの「きぼう」が全く撮れませんでした。
午後から外の運動場に出てきたのですが、どうにも落ち着きがなくて、
出入り口付近をずっとウロウロ歩き回っていました。暑かったのが理由
かもしれないのですが、いつものようにお立ち台に上って、鋭い目線を
周囲に向けるなんてことは皆無でした。これはとても残念です。なんと
1 コマもシャッターを切りませんでした。こういうこともある、それは
確かにそうなんですが。それと合わせて、写真の出来が全体的にとても
悪かったですね。ボツと言っても過言ではないくらい、イマイチです。

それでも拾う神ありです。閉園近くになったらカバが泳ぎ始めました。
こっち向いてくれるだろうか、なんてことを思いながらレンズを構えて
しばらく待っていたら、こちらに向かってきてくれたので、のんびりと
寛いでいるところを。こういうシーン、目が開いている、閉めているの
どちらを選ぶかによってイメージが随分と変わります。手前と背景には
散った桜の花びらがあり、風情があります。それを踏まえ、瞑っている
ほうがいいと考えました。それにしても暑かった。まるで初夏でした。
b0016600_831254.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-20 08:31 | かみね動物園 | Comments(0)

貯まる目薬と寝顔4態

先日、近くの眼科を受診したのだが、その経過がなかなか良い。
視力検査とドライアイの治療だったのだが、メガネは発行された
処方箋をもとに無事作ることができた。完成したメガネが正確に
つくられているかどうかのテスト、検査もしてくれる。安心だ。

ドライアイのほうは、瞬きで水分が乾いてしまうのが2秒という
結果だった。これは確実に症状が出ているらしい。目薬を使って
暫く様子を見ることになった。ジクアス、ヒアロンサンという。
これを1日6回、両目に点眼するように指導を受けたのだけど、
これがなかなか都合良くいかないもの。とても自慢できる話では
ないのだが、6回点眼できたことがまだ1度もない、という有様
なのである。初診の段階でこのクスリをそれぞれ3つずつ、処方
された。これが昨年12月14日のことだ。ところが、まだ点眼を
しているのは1つめなのだ。ようやくこれが終わりそう。という
レベルなのである。ただ、点眼の回数は少ないけど効果は確実に
現れている。1か月経過した時点では、乾くまでの時間が4秒に
延びていた。順調だということで、またしても2つずつ、目薬の
処方箋を発行された。まだ残っているとアピールしてはみたが、
さりげなく却下された。これはちゃんと点眼しないと、目薬だけ
どんどん貯まっていくことになりそうだ。というわけで、意識を
高くしているつもりだけど、まだまだ足りないのだ。そうだよ、
こうしている間にもクスリを差さなければ。貯まる一方なのだ。

写真はかみね動物園で撮影。オスライオン、きぼうくんの寝顔。
最初はまとめてTwitterに載せるつもりでセレクトしたけれど、
写真を眺めていたらなんだか面白くなって、昇格になりました。
カッコイイオトコは、寝ている時でもカッコいいものなのです。
b0016600_918176.jpg

b0016600_9181497.jpg

b0016600_9181744.jpg

b0016600_9181934.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2017-01-27 09:18 | かみね動物園 | Comments(4)

もうすぐCP+

年が変わって10日ほどしか経っていない頃、CP+のチラシが届いた。
毎年2月の終わりに開かれる、大きなカメラ・写真イベントである。
もともとは「日本カメラショー」「写真用品ショー」という別々の名前で
開催されていたのだが、これがいつしか1つになり、横浜で開かれる。
しばらく行ってなかったのだが、数年前に再び出かけるようになった。

さて、今年のCP+は2月23日から26日までの日程だ。
案内を眺めていると、去年と大きく変わったところがある。
無料で開催されていた、エンジョイフォトセミナーが消えているのだ。
そうかと思えば、学生限定の「公募から就職までを考える」セミナーが
開催される。しかもこれ、日本広告写真協会が主催する。かなり本気だ。

毎年ここのブログでも記事にしている、エンジニアのディスカッションは
今年も開催されるようだ。25日には画像処理のセミナーがある。最近は、
メーカーのブースを回るよりも、こうしたセミナーのほうに興味があるが、
今年は話題の新製品が去年と比べるとやや薄い印象なので、いくらか静かな
イベントになりそうだ。近年どんどん増えている、メーカーブースでの
セミナーは今回もあちこちで開催されるだろう。それを聴いてみたい。

とまあ書いてみたけど、実際はそうそう休めない。初日だけ行く予定。

写真はかみね動物園のきぼうくん。かみねの写真、今回は意外と不作で
載せられるカットが思っていたより少ないのが発覚。また行かないと。
b0016600_7384690.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2017-01-18 07:39 | かみね動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー