カテゴリ:かみね動物園( 208 )

貯まる目薬と寝顔4態

先日、近くの眼科を受診したのだが、その経過がなかなか良い。
視力検査とドライアイの治療だったのだが、メガネは発行された
処方箋をもとに無事作ることができた。完成したメガネが正確に
つくられているかどうかのテスト、検査もしてくれる。安心だ。

ドライアイのほうは、瞬きで水分が乾いてしまうのが2秒という
結果だった。これは確実に症状が出ているらしい。目薬を使って
暫く様子を見ることになった。ジクアス、ヒアロンサンという。
これを1日6回、両目に点眼するように指導を受けたのだけど、
これがなかなか都合良くいかないもの。とても自慢できる話では
ないのだが、6回点眼できたことがまだ1度もない、という有様
なのである。初診の段階でこのクスリをそれぞれ3つずつ、処方
された。これが昨年12月14日のことだ。ところが、まだ点眼を
しているのは1つめなのだ。ようやくこれが終わりそう。という
レベルなのである。ただ、点眼の回数は少ないけど効果は確実に
現れている。1か月経過した時点では、乾くまでの時間が4秒に
延びていた。順調だということで、またしても2つずつ、目薬の
処方箋を発行された。まだ残っているとアピールしてはみたが、
さりげなく却下された。これはちゃんと点眼しないと、目薬だけ
どんどん貯まっていくことになりそうだ。というわけで、意識を
高くしているつもりだけど、まだまだ足りないのだ。そうだよ、
こうしている間にもクスリを差さなければ。貯まる一方なのだ。

写真はかみね動物園で撮影。オスライオン、きぼうくんの寝顔。
最初はまとめてTwitterに載せるつもりでセレクトしたけれど、
写真を眺めていたらなんだか面白くなって、昇格になりました。
カッコイイオトコは、寝ている時でもカッコいいものなのです。
b0016600_918176.jpg

b0016600_9181497.jpg

b0016600_9181744.jpg

b0016600_9181934.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2017-01-27 09:18 | かみね動物園 | Comments(4)

もうすぐCP+

年が変わって10日ほどしか経っていない頃、CP+のチラシが届いた。
毎年2月の終わりに開かれる、大きなカメラ・写真イベントである。
もともとは「日本カメラショー」「写真用品ショー」という別々の名前で
開催されていたのだが、これがいつしか1つになり、横浜で開かれる。
しばらく行ってなかったのだが、数年前に再び出かけるようになった。

さて、今年のCP+は2月23日から26日までの日程だ。
案内を眺めていると、去年と大きく変わったところがある。
無料で開催されていた、エンジョイフォトセミナーが消えているのだ。
そうかと思えば、学生限定の「公募から就職までを考える」セミナーが
開催される。しかもこれ、日本広告写真協会が主催する。かなり本気だ。

毎年ここのブログでも記事にしている、エンジニアのディスカッションは
今年も開催されるようだ。25日には画像処理のセミナーがある。最近は、
メーカーのブースを回るよりも、こうしたセミナーのほうに興味があるが、
今年は話題の新製品が去年と比べるとやや薄い印象なので、いくらか静かな
イベントになりそうだ。近年どんどん増えている、メーカーブースでの
セミナーは今回もあちこちで開催されるだろう。それを聴いてみたい。

とまあ書いてみたけど、実際はそうそう休めない。初日だけ行く予定。

写真はかみね動物園のきぼうくん。かみねの写真、今回は意外と不作で
載せられるカットが思っていたより少ないのが発覚。また行かないと。
b0016600_7384690.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2017-01-18 07:39 | かみね動物園 | Comments(0)

今回の「さわ」さん

かみね動物園でライオンと並んで人気者なのがベンガルトラ。
人気も並んでますが、見られる場所も隣同士。これは嬉しいです。
トラとライオンが何をしているか、数歩歩いただけで見比べることが
できるのですから。お子さんたちも、大きな興味を抱くようです。
ここでは現在、「さわ」というメスが1頭で暮らしています。
かみねに行くとほぼ毎回写真を載せますが、けっこう難しいです。

さわさん、瞼がちょっと大きいのです。なかなか目元が見えません。
キャッチライトが入らず、そうだとしても薄いので、どうしても表情に
陰りが出てしまいます。実際はよく動くこともあるのだけど、いつもの
ようなアップを狙おうとすると、どうしても目元が寂しくなるのです。
それでも精悍さは出るのでいいのだけど、やっぱり気になるものです。
上品でおしとやかなイメージがあるし、そんなところを狙いたいなあ。

さて、この日もいつもと同じような展開でした。
600mmを装着した7DMarkIIでは、60カット撮っています。
カメラポジションを下げて狙うなど、目に輝きを入れようといろいろ
試している様子がわかります。それでもなかなかうまくいきません。
ただ1度、それまでとは全く違った表情を見せたことがありました。
枝をかじっていた時です。このときはさすがに目元が煌めいたので、
キレイにキャッチライトが入りました。いつもとは異なる雰囲気です。

次回はどんな表情を見せてくれるのでしょう。その時が楽しみです。
b0016600_734840.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2017-01-12 07:34 | かみね動物園 | Comments(0)

初撮り2017

2017年の初撮りは2014年と同じく、かみね動物園でした。
3年前は1月2日なので、それより3日遅れということになります。
しかし、去年の動物園初撮りは2月でしたので、いい流れです。

道路は渋滞もなくスイスイ進み、開園前に到着できました。
園内はいつもの平日よりも混雑していて、親子連れが大半でした。
お子さんたちは元気よく、走りながら動物を見に行ったりしていて、
日頃から耳にしているゾウとかカバ、ライオンは人気を集めました。
どういうわけか「ライヨンさん」と言われることが多かったけど。
あそうそう、相変わらず「ガオー」とも呼ばれていましたね。

かみね動物園といえば、オスライオンのきぼうくん。
去年にも増して大人びた印象です。見事に「オトコ」になりました。
そんな盛りですので、あまりじっとしていることがなく、けっこう
積極的に行動していました。繁殖活動というべきかもしれませんが。
きぼうくんが唸ったり吠えたりすると、親子が小走りでやってきます。
じっと見入っている子、怖くなってしまう子など、様々でした。
果敢にもきぼうくんに挑戦して大声を出す男の子、女の子もちらほら。
それでも、我関せずとばかりにマイペースな様相でした。

初撮りだし1DX+600mmで撮りたかったのですが、昨年末の東武で
ちょっとした不具合を見つけたので入院中。そのため、7DMarkIIを
初めて使うことになりました。結局はAPS-Cです。サブに5DMarkIIを
持って行きましたが、100-400mmを組み合わせたので、撮影した枚数は
5Dのほうが7Dの倍近くありました。カメラが戻ってきたら、今度こそ
フルサイズで撮ってみたいですね。行く理由がまたできた初撮りでした。
b0016600_821402.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2017-01-06 08:22 | かみね動物園 | Comments(0)

載せ忘れ

先日のかみね動物園で撮影したカット。
載せ忘れたので、ひとまず。
このレンズ、今年はあと何回使う機会があるのだろう。
b0016600_21192258.jpg

(7D/EF600nnf4L)
by keiji_takayama | 2016-09-17 21:20 | かみね動物園 | Comments(0)

書道体験会

書道家の知人がいる。
ごくたまに体験会を催しているのだが、初めて参加した。
書道は中学3年生の時以来だ。久しぶりなんていうレベルじゃない。
準備は整っていて、参加費があれば手ぶらでいける感じである。

書く文字は好きなものでよいということだったが、そうしてみると
いかに日頃から文字について考えずに生活しているか、が解る。
パッと頭に浮かぶのは仕事関係か動物のものだった。
それらを見本として印刷しておいたのだが、書道となると止めとか
はらいが重要になるので、見本を参考にしてなぞっているだけになり、
迫力は全く感じられなかった。かなりデキの悪い生徒だったと思う。
いろいろとアドバイスをもらって、字はともかくバランスはまあまあ
良くなってきた。しかし、肝心の文字がてんでダメなので始末が悪い。

2時間の予定を少し延長して先生が付き合ってくれたのだが、どうにも
うまくいかず、ちょっと残念。しかし、じっくり文字を書く機会が33年
なかったわけで、とても新鮮な時間になった。でも、さすがに今回は
あまりのレベルの低さにビックリだ。もうちょっとくらいは、マトモに
掛けるようになりたいと思う。機会を作って、またチャレンジしてみよう。

この書道体験の前、板橋区にある環境熱帯植物館に出かけてきた。
1時間ほどの予定だったのだが、これは完全に舐めていた。
ここ、とても面白い施設である。こちらもまた行きたいと思った。
b0016600_0321998.jpg

(7D/EF600nnf4L)
by keiji_takayama | 2016-08-21 23:57 | かみね動物園 | Comments(0)

大きく載せよう

店が買い取りキャンペーンをやっているので、連日忙しい。
休憩時間を除けば、もう休む間がないくらいである。
業界全体がやや停滞ムードではあるが、店にお客さんがたくさん
来てくれて、賑やかになるのはいいことだ。さすがに疲れるけど。

写真を大きく載せると、迫力が違うように思う。
つまりは、そういう状態を維持する必要があるわけで、撮影にも
気合いが入るというものだ。まぁ思うところはあって、いずれは
変えていくことになるとは思うけど、悪いとは感じていない。

というわけで、かみねのきぼうくん。大きく撮って大きく載せる。
やっぱりカッコいいなぁ。
そして、やはりこういう写真が好きなのだと実感するのである。

と、ここまで書いて写真を載せようと試みているのだが、なぜだかエラーになる。
容量上は圧縮されるはずなのだが、どういうわけかエラーになってしまうのだ。
せっかく昨日は載せられたのに、今日はもう頓挫である。

明日また考えよう。
b0016600_23342593.jpg

と思ったらなんとかできた。
しかし、こんなことが毎日続くと明らかに時間の無駄だなぁ。。。
(7D/EF600nnf4L)
by keiji_takayama | 2016-08-19 23:38 | かみね動物園 | Comments(0)

ちょこっとお手伝い

JAF出版社より「最新国産&輸入車 全モデル購入ガイド '16-'17」という
本が発売された。以前もそうだったが、今回もちょろっと手伝っている。

いま新車で買えるクルマのオールガイド、という内容なのだが、こうした
雑誌につきものなのが、紹介している車種が走っているシーンのカット。
これは、最低限でも2人で行う必要がある。カメラマンとドライバーだ。
そのドライバー役を何度か担当した。出勤前の30分ほどで撮影を終了 、
なんてこともしばしばであった。移動時間を含めると、実際にハンドルを
握るのはせいぜい長くても15分ほど。それでも 、こういう機会がないと
間違いなく一生レベルで乗れないクルマもあり、貴重かつ楽しい時間だ。

今回はけっこう多かったのだが、さて、何に乗ったんだったかな。
ホンダシャトル
レクサスRC F
マツダ CX-3
スズキ ハスラー
スズキ スペーシア
ダイハツ ムーヴ
ダイハツ コペン
VW シャラン
M・ベンツ GLA
プジョー3008
フィアット パンダ
テスラ モデルS
ランドローバー ディスカバリースポーツ
ざっとこのあたり。もともとはこっちのほうで仕事をしたこともあるので、
ちょくちょく声を掛けてもらえる。なんともありがたい話である。ちなみに
最も印象深かったのは、やっぱりテスラ。室内の印象がまるで他と異なり、
異次元の空間に居住しているようだった。そして加速も、暴力的で楽しい。

今年は様々なクルマに乗ることができて、その点では良い年になりそうだ。
b0016600_22271379.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2016-08-13 22:27 | かみね動物園 | Comments(0)
早起きをして、明野フラワーフェスに行ってきました。
なんと、今年3回目です。
初回はツアーの下見でしたが大雨が降り、2回目となったツアーの
本番の時は咲きの状態は良かったものの、天気は曇っていました。
せっかくのひまわりですし、どうしても青空とジリジリの太陽が
わかるようなカットを撮りたいと思っていました。そして、同時に
テストするレンズがあったので、だったらここでひまわりを撮る !
そう決めていました。なので、絶対に晴れる必要があったのです。

さて、今回の愛車。アウディA3スポーツバックでした。
なんとこれも、カレコカーシェアリングで乗れるんですね。
ベンツのAクラスがライバルとなるA3。「プレミアムコンパクト」
というカテゴリーの先駆的存在です。内装は女性的な雰囲気でした。
上品といいますか。ベンツのほうが男性的で、好みです。
そしてこれまた、いい走りを見せてくれました。1.4リッターの
ターボなのですが、走っているだけではとてもそうは感じません。
いい加速をするので運転が楽しく、スイスイ着いてしまいました。
アウディをカメラメーカーに例えると、ソニーだと思っています。
ちなみにベンツはニコン、BMWがキヤノンでしょうか。

天気予報では山梨県の暑さが尋常ではないということでしたが、
これはまさにその通りでした。でも、つまりはまさに期待通り。
当然暑さは感じていたけれど、写真撮るのに気合いが入ったので
思ったより苦にはならなかったですね。ツアー時、とてもキレイに
咲いていた畑はすべてが終わっていて、メイン会場の前あたりの
エリアが軒並み満開になっていました。だんだん人の数が大幅に
増えてきまして、撮り終えて駐車場を出る頃には、待っている
クルマが大渋滞になっていてビックリ。すごい人気でした。

そして、激暑の会場をあとにして、昇仙峡に向かったのです。
b0016600_7592740.jpg

(7D/EF600nnf4L)
by keiji_takayama | 2016-08-10 00:12 | かみね動物園 | Comments(0)

大口ライオン

ライオンが大口を開けています。
これ、あくびのシーンではありません。
吠えているところです。
かみね動物園のきぼうくんはよく吠えているので、
小さなお子様たちの中には、大声対決の挑戦者も現れます。
まさに「ガオー」なわけで、名前では呼んでもらえないけど
とても親しまれていました。子供も大人も釘付けなのです。

それにしても、大きな口です。吸い込まれてしまいそう。
b0016600_7453139.jpg

(7D/EF600nnf4L)
by keiji_takayama | 2016-08-08 07:45 | かみね動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama