カテゴリ:豊橋動植物公園( 11 )

バタバタ

ちょっとたてこんでいるので、写真だけ・・・睡眠時間短くなりそう。
b0016600_182315.jpg

by keiji_takayama | 2012-10-01 23:55 | 豊橋動植物公園 | Comments(0)

頭痛治った?

ここ最近、原因不明の頭痛に悩まされていた。平成元年に起こした事故により、
慢性的な頭痛とは一生付き合っていくものと覚悟していたのだが、それと完全に
異なる場所だったし、少なからず懸案になっていた。なんと後頭部なのである。
これは、まさかの坂を越えてしまったらたいへんなことになる、そうなんとなく
感じていた。とはいえ、手だてがあるわけでもなかったので、毎日それが生活の
一部になってしまった。ところが、なのである。先月から歯医者に通っているが
その3回目の治療で、ある場所の虫歯を処置してもらった。その後どうしたか、
この頭痛が治まってしまったのだ。気になってイライラしていたのが、遠い昔の
ようなのである。そう感じてまだ2日なので油断はできないが、ビックリした。
b0016600_2343238.jpg

by keiji_takayama | 2012-09-29 23:04 | 豊橋動植物公園 | Comments(0)

美男美女

男の名はオト。6歳になる彼は立派な鬣をもつ。かなりのイケメンだ。
b0016600_047362.jpg

女はハヤという。5歳になり、女らしさにいっそう磨きが。瞳も素敵。
b0016600_048174.jpg

このカップル、盛んに愛を育んでいました。子供の顔も期待できそう。

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-06-13 00:49 | 豊橋動植物公園 | Comments(4)

エステ

エステサロン、クモザルにおしゃれなお客さんがやってきました。
暑くなってきたから、そろそろ毛と肌のケアをやっておかなくちゃ。
b0016600_1513048.jpg

丁寧に、優しく毛繕いをしてくれるので、お気に入りなのです。
b0016600_205674.jpg

痒いところにも、ちゃんと手が届きます。さすが一流ですね。
b0016600_154132.jpg

あまりの心地よさに、ついついのけぞってしまいます。満足だわ〜。
b0016600_1543881.jpg

笑いながら撮影したシーン。もうちょっとガラスが透明だったらなぁ。
最近、方向性についてモヤモヤしていたのですが、ズバリと指摘して
くれた人がいました。やっぱり見ている人は見てくれているのですね。
ちょっと目が覚めました。この場を借りて、ありがとうございます。

(EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-06-12 01:57 | 豊橋動植物公園 | Comments(10)

仙人=ホーガン?

額にあるオレンジ色の毛や白いひげが特徴的な、ブラッザグエノン
ようやく檻のないところで撮影できました。上野など各地の動物園で
その姿は見ていたけれど、どこも共通しているのは檻が厳しいこと。
これまた初登場となりました。撮影中、いろいろなものに似てるなぁ
と思ったことを覚えています。一番はじめはモアイ像。その次は仙人。
でも一番それらしいぞと思ったのは、超人ハルク・ホーガンでした(笑)
b0016600_1322810.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-06-12 01:33 | 豊橋動植物公園 | Comments(10)

微睡み

ここのところ、暑さと涼しさの同居したような気候が続いています。
ビルなど建物が多い場所に行くと暑いだけですが、緑の豊富な動物園
に入ると、木立のざわめく音が聞こえてきて、涼しげな雰囲気を味わう
ことができます。寝ている動物たちも多いのですが、バテてぐったり、
ではなくて、気持ちよくの〜んびりした時間を過ごしているようです。
b0016600_9564980.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-06-09 09:56 | 豊橋動植物公園 | Comments(6)

眼力

一番撮りたかったマンドリル。でもなぜか、ここのケージだけ網が張り
巡らされています。ん?と思いつつも、隙間から何とか抜けるのでカメラ
をセットして観察開始です。するといきなり目の前が真っ暗になったので、
かなりビックリしました。何だろうと思って見てみると、マンドリルが
こちらをじい〜っと眺めています。また構えると、すぐに視界は真っ暗。
どうもこの♂は人間に興味があるらしく、一番手前までやってきてレンズ
の中を眺めていたのです。しばらく遊んでたら♀のほうが動き出したので、
そちらを狙おうと構え直すと、またまた真っ暗。これには大笑いでした。

時間を置いて訪れてみたら、眠くなったとみえて♂は奥の方で寝ていました。
これなら大丈夫かなと思っていたら、いつの間にか起き出していたのです。
起こしたという気はなかったので、ビックリ。反応の鋭さに驚いたものです。
そんなこんなで、ようやく撮れたのが♀。木にかじりついていたところを狙い、
目が合ったところでシヤッターを切ったのです。強い目線に力を感じました。
登場してくれたのはオヨメさん。おおー、こう書くとお嫁さんだ。平成14年に
誕生し、豊橋には15年にやってきました。助演男優賞はチュウタロウくんです。
b0016600_9434646.jpg

(EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-06-09 09:44 | 豊橋動植物公園 | Comments(2)

古代エジプト文明

高貴な雰囲気のあるおサルさん。ダイアナモンキーといいます。
額の白い毛が三日月に見えるので、ローマ神話の月の女神である
ダイアナの名を冠せられているそうです。あまり表情を見せては
くれなかったのですが、こうして横顔を見てみるとその存在感に
驚いてしまいます。第一印象は「古代エジプト文明だ!」でした。
b0016600_0331415.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-06-07 00:33 | 豊橋動植物公園 | Comments(12)

ポッキリ

エランドはアフリカに棲む野生のウシの仲間です。何故かクルマの
エルグランドと間違えてしまいます。サファリゾーンでのんびりと
暮らしているのですが、ここの広さがとてつもないので、なかなか
その姿をじっくり見ることができません。テレコンを2つ装着して
ようやくこの大きさになりました。よく見ると、角が折れています。
もっと鮮明に撮りたかったけど、この日の装備ではこれが限界でした。
b0016600_0223289.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー1.4×+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-06-07 00:23 | 豊橋動植物公園 | Comments(6)

慣れてます

1981年6月に来園した、アジルテナガザルのアンナちゃん。
人の手で育てられたため、慣れているそうです。ここのサル
たちはなかなか親しみがあり、近づくと手前のほうに寄って
きてくれます。レンズをしげしげと眺めたり、こちらの顔を
じっと凝視します。カメラに気付かれないようにしないと、
なかなか撮影できません。ガラス越しなのは嬉しいけれど、
内側がかなり汚れていて、それが反射するので条件としては
やや厳しいといえます。そんなこちらの格闘を尻目に、手を
ペロリと舐めていました。シリーズは随時掲載していきます。
b0016600_112588.jpg

(EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-05-31 01:11 | 豊橋動植物公園 | Comments(6)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama