カテゴリ:多摩動物公園( 1036 )

輸入車試乗会

数日前の話。
午前4時に起床、6時に出発。友人の運転する日産GTR nismoに乗って、
大磯プリンスホテルに向かいました。毎年この時期に行われている 、日本
自動車輸入組合が主催する「輸入車試乗会」の取材のためです。とはいえ、
あくまでもお手伝いですが。かつて、この業界で働いていたことがあるので
時々こうして話が来ることがあります。要は撮影のアシスタントなのです。

決められた枠の時間内で、カメラマンがフロント、リアの外観はもちろん、
室内やエンジン、ラゲッジルーム、運転席回りを撮っていきます。それぞれ
円滑に進むよう、協力していくのです。プロの撮影現場を、生で見ることも
できますし、おそらく一生かかっても乗れないクルマに触れられる。こんな
いい機会は年に1度限り。去年に続いて、今年も行けることになりました。

8時半から16時半までで、6回の枠が設置されています。
取材の対象になったのは15車種 。人気のあるクルマは抽選で、取材できる
媒体が決まるそうです。仕事でしたが、とても貴重な時間を過ごせました。
では、どんなクルマを動かしたのか。ざっと書いておこうと思います。

・フォルクスワーゲン The Beetle R-Line
・フォルクスワーゲン Passat R-Line
・ボルボ XC90 T6 AWD Inscription
・マセラティクアトロポルテS
・メルセデスベンツ E220d AVANGARDE Sports
・ジャガー XF PRESTIGE
・フォルクスワーゲン Tiguan TSI R-Line
・アウディA4 Avant 1.4 TFSI Sport
・フォルクスワーゲン Tiguan TSI Highline
・ポルシェ 911ターボカブリオレ
・テスラ Model X P100D
・MINI Cooper SD 5Door
・アウディ S3 Sportback
・BMW 318i Luxury
・BMW X1 xDrive18d M Sport

まさに夢のような時間でしたね。テストドライブしたわけではないし、
ちょっと動かしただけというクルマもありましたが、ポルシェやテスラ
なんて一生かかっても乗れませんから、これはいい体験ができました。
ドアを開けて乗り込むだけで、質感の良さが伝わってきたのはポルボ。
これは長時間乗ってみたくなりました。要塞のようなスタイルも好み。
ティグアンは大柄なボディですが、運転しやすかったのが印象的です。
テスラは、もうこれは異次元ですね。すべてがとても新鮮で、無音での
加速はとんでもないレベルでした。MINIはあまり好きではないけど、
乗ってみたら人気の理由がちょっと解りました。内装の遊び心があり、
なんだか冒険をしている気分になります。そして、動物園を筆頭とする
撮影活動のお供にしたかったのは、アウディS3でした。欲しいなぁ。

写真は先月撮影した多摩のアムールトラ。早くも1か月が過ぎました。
b0016600_8283164.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-15 08:29 | 多摩動物公園 | Comments(0)

多摩のデータ密着

恒例となりつつある、撮影データの密着です。今回は多摩動物公園。

7DMarkII
オランウータン(14)
アムールトラ(63)
ユキヒョウ(2)
アムールトラ(76)
チーター(60)

アムールトラは2つの運動場にそれぞれ1頭ずつがいて、それを何度か
行ったり来たりして撮影しています。ガラス超しのほうは厳しいなぁ。
ここに載せているのは、素通しで撮れるほうです。凜々しいですねぇ。
チーターは久々に閉園間近のタイミングで寄ってみて、それなりに撮る
チャンスもあったのですが、どうも納得がいきませんでした。なんとか
別館に載せられるカットがいくつか。あとはTwitterで流す予定です。
それにしても、多摩に行くとどうしても偏ってしまいます。課題だな。

1DX
インドサイ(6)
オーストラリアガマグチヨタカ(4)
フサオネズミカンガルー(14)
フクロモモンガ(10)
オーストラリアガマグチヨタカ(13)
フクロモモンガ(2)
オーストラリアガマグチヨタカ(6)
パルマワラビー(11)
シマオイワワラビー(8)
タスマニアデビル(4)
アムールトラ(1)
レッサーパンダ(7)
ゴールデンターキン(4)
ユキヒョウ(3)
アムールトラ(4)
アジアゾウ(16)
インドサイ(10)
ライオン(8)
チーター(13)

こちらは、面白そうなものにはすぐ向けて撮ります。それは良いけど、
けっこういい加減にシャッター押してるなぁ。というのもありました。
オリンパスのような軽快な感じはないけれど、仕上がりはさすがです。

こうして並べると、1DXは忙しく使っています。高感度もいい感じ。
b0016600_7494755.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM+エクステンダー1.4X)
by keiji_takayama | 2017-02-11 07:50 | 多摩動物公園 | Comments(0)

中古カメラ相場ガイド③

中古デジタルカメラの相場ガイド。第3弾はミラーレスです。

オリンパス
OM-D E-M5 ¥29,160 さすがに古くなったけど、まだまだ使えます。
OM-D E-M5MarkII ¥63,720 まだ高いイメージがあるのだが。。。
OM-D E-M1 ¥44,280 去年買った時は6万円台。買い得感が大きい。

パナソニック
GX7MarkII ¥49,680 E-M1の価格を見てしまうと、やや高い印象が。
GX8 ¥57,240 AFが早い。この価格なら納得できる。
GH4 ¥59,400 フラッグシップとしての魅力は大きい。安くなった。

ソニー
α7 ¥78,840 フルサイズであることを考えると、かなり割安な水準。
α7II ¥120,960 キャッシュバックキャンペーン中。新品のほうが安いかも。

フジフィルム
X-pro1 ¥46,440 X-T1との価格差に注目。5万円で買えるのは嬉しい。
X-T1 ¥61,560 E-M1との価格差が開いた。メーカー人気の影響か。

キヤノン
EOS M3 ¥30,240安くて高性能だが、どういうわけか盛り上がらない。

センサーの大きさが、そのまま価格の差に比例しているように感じる。
マイクロフォーサーズは新型が発売になると、旧型となるモデルが一気に
値下がりするようだ。それにしても 、E-M1の安さにはビックリである。

写真はモウコノウマ。載せるのはいつ以来かな。ひょっとしたら初かも。
載せられるカットができたのは大きな収穫だった。半逆光での撮影なので
虫が飛び回っているのも写り込んでしまう。入らないよう注意して撮影。
b0016600_8114030.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-09 08:12 | 多摩動物公園 | Comments(0)

中古カメラ相場ガイド②

中古デジタルカメラ相場の第2弾。
今回はソニー、ペンタックス、オリンパスの一眼レフです。

ソニー
α700 ¥24,840 さすがに古さは否めないけど、好みなので。
α900 ¥82,080 いい値段になりましたね。1度は使うべきカメラです。

α77 ¥41.040 かなり安くなってきました。十分通用する性能です。
α77II ¥86,400 なんと、α900とほぼ同水準。だとしたらやっぱり。。。
α99 ¥111,240 使ったことがあるけど、コントラストが強すぎる。

ペンタックス
K-1 ¥195,480 かなり話題になったけど、ちょっと静かになりました。
K-3II ¥71,280 価格と性能のバランスがちょうどいい。そんな感じ。
K-3 ¥47,520 キヤノンEOS7Dとほぼ同水準。悩みどころです。
K-5 ¥23,760 ついに2万円台。安くなりましたね。実用性は十分。

オリンパス
E-5 ¥64800 随分と買いやすくなったので、再注目されています。

このメーカーのカメラでは、以前オリンパスE-3を使っていた。
動物園でも何度か使ったことがある。とても扱いやすかった。
それがあるので、やはりE-5は1度じっくりと使ってみたい。
ソニーではα900。ファインダーがとても良いと聞いているのだが、
それを実際の現場で感じてみたい。α99はコントラストが強くて、
これは賛否が分かれそうだ。ペンタックスK-1は、ずっしりした
スタイルがやる気を感じさせてくれます。次回はミラーレスを。

写真は多摩のオランウータン。いいポーズと目線を見せてくれました。
b0016600_7265084.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-08 07:27 | 多摩動物公園 | Comments(0)

初顔合わせ

もともとは、ドライブも含めてちょっと遠出する予定でした。
昨日は21時半に寝て、目覚ましは3時半にセットしていたのです。
ところが、どういうわけか1時に目が覚めてしまい、枕元に置いた
スマホを手にしました。あとはもう、ダラダラとスマホを眺めて
ニュースなどをチェック、気付いたら3時になっていました。
もうこの時点で「ダメだこりゃ。」と思ったわけです。

結局、意識が戻ったのは7時45分でした。もうアウトです。
予定を変更し、多摩動物公園に出かけることにしました。
といっても、いつもの松屋に着いたのは10時50分だったので、
通常の時間とほぼ同じでした。ところが、駐車場が満車になっていて、
大きなほうは工事中で休業という有様。ここで10分くらいロスをして、
少し離れたところにある駐車場にようやく入れることができました。

まずはトラのところに行こうと思ったけど、どういうわけかコアラ舎に
寄り道をして、そこで夜行性の小動物に捕まって、しばらく釘付けに。
そのあと、トラやオランウータン、ユキヒョウ、レッサーパンダなどを
見て回ったものの成果はなし。結局トラのところに戻ってきて、新しく
やってきた「アルチョム」を撮ることに。しかし、檻の目が縦横厳しく
なかなかどころか、かなり悲惨なことになりました。載せている写真も
コントラストが低くて悩ましいのですが、これ撮るのも一苦労でした。
とりあえず、初顔合わせの記念という感じでしょうか。まだ1歳です。
先月にドイツのベルリンから来園したばかり。これからが楽しみです。

キヤノン使用。撮影カット数は7DMarkIIが225、1DXは145でした。
b0016600_2030161.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2017-02-06 20:30 | 多摩動物公園 | Comments(0)

柱を支えるレンズたち

今年の戦力。
メインレンズとなる3本柱のほかに 、引きのカットを撮影するのに
重要な役割を担うレンズがある。「広角」という感覚で使っている。
どちらかというとサブ的要素が強いのだけど 、いざというときには
きちんと対応してもらわないと困る 。疎かにはできないのである。

①キヤノンEF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
売ったり買ったりを繰り返し、現在所有しているのは3代目。写り、
操作感がとても気に入っている。現行のII型も使ったことはあるが、
写りはいいのかもしれないけれど、操作性がまるで馴染めなかった。
細い三脚座はイライラするし、違和感が多くて合わない。またしても
購入したのは、1DXと組み合わせてみたかったからである。ちょっと
画質を落とすことに繋がればいい 。そんな考えもある。これは正解。
価格もだいぶ安くなり、とても有り難い存在。いいレンズだと思う 。

②パナソニック ルミックスGバリオ100-300mm F4-5.6
コンパクトなのに、135mm換算で200-600nnをカバーする。そのため
カメラバッグにすっぽり入る。機動性が良い。写りは天候に左右される
ところもあるが、概ね文句なし。安心して使える。300mm側の開放が
5.6というのもいい。けっこう長い期間使っている。パナソニックは、
レンズの発色がキヤノンに近いと感じている。なので、併用もできる。

③パナソニック ルミックスG X バリオ35-100mmF2.8
これまたコンパクト。しかし、けっこう高性能。故に、そこそこ高い。
これがウィークポイントかもしれない。晴天時に撮影すると、キヤノン
蛍石の色乗りに近い描写を見せる。一発で気に入り購入したが、出番は
やや少ない。135mm換算では70-200mmになるのだが、活躍の機会に
恵まれてないような気がする。でも、気に入っているので手放さない。

④オリンバスM・ズイコーデジタル40-150mmF2.8PRO
これはよく写る。なので、観察系写真にはうってつけだと思っている。
普通の人ならおそらく敬遠するであろう、というくらい状態が悪いが、
写ればいいので気にせず。持っていれば、重宝すること間違いなしだ。
いずれ導入しようと考えている300mmと併用も考えているが、欠点は
大きいことだ。オリンパスはカメラバッグにボディ2台、レンズ4本を
入れて持ち歩くのだが、この40-150mmを加えると、そうはいかない。
なので、結果的に35-100mmと100-300mmを持って行くことが多い。

という4本である。あとは、案内板や獣舎の様子を撮るのに使っている
オリンパス12-40mmPROがある。キヤノンはこうしたレンズがなく、
お遊び用として、シグマ15mmF2.8フィッシュアイを時々使っている。
今年はこの戦力で頑張ってみたい。なので先日、フジは手放している。

写真は多摩のオランウータン。ガッツポーズの次に見せてくれたのが、
こんなシーンだった 。「歯磨きしてますか ? 」「白い歯っていいな〜」
「歯の手入れは大切にしましょう」なんていうポスターに使えるかも。
b0016600_8135627.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-06 08:14 | 多摩動物公園 | Comments(0)

レンズ3本柱

今更な気もするのだが、今年も主力となる3本のレンズについて。
いろいろ使ったが、やはり現在のラインアップが気に入っている。

①キヤノン EF600mm F4L USM
ブログでの表記はこのままだが、実際はISになる前の最終型である。
このレンズはケースや三脚座の形状により、3つに分かれているのだ。
EOSで撮影するときのメイン。1992年に存在を知り、とても驚いた。
以後その衝撃が忘れられず、手に入れることができて嬉しかった。
発売年月 1988年(昭和63年)11月
レンズ構成 8群9枚 最短撮影距離 6m 質量 6,000g
光学系に蛍石1枚、UDレンズ(低分散ガラス)2枚を使用している。
ただし、メーカーサポートはとっくに終了した。壊れたらアウトだ。

②キヤノンNew FD500mm F4.5L
初めてこのレンズを買ったのは昭和60年の秋。カメラ小僧の頃である。
以後 、アイドルを撮る際は欠かせないレンズだった。とにかく好きで、
何度か手放したりまた手に入れたりしている。使っているのは3代目 。
オリンパスで撮るときに、レイコールのアダプターを用いて装着する 。
発売年月 1981年(昭和56年)12月
レンズ構成 6群7枚 最短撮影距離 5m 質量 2,610g
光学系には蛍石およびUDガラスを採用。スリムで軽く、使いやすい。
コントラストが低いとさすがに厳しいが、キマった時の描写は好みだ。

③キヤノン New FD400mmF2.8L
これもオリンパス用。上野など比較的狭い場所での撮影に使っている。
初めて使ったのは昭和60年春、筑波万博だった 。チェッカーズの映画
舞台挨拶で、満を持してこれを使った。しかし、ストロボの光が大きな
フードに当たり、全てアンダーになるという最大の失敗を犯している。
発売年月 1981年(昭和56年)9月
レンズ構成 8群10枚 最短撮影距離 4m 質量5,350g
光学的にはUDガラス2枚を使用。かなりの頭(前玉)でっかちである。

こんな古いレンズを3本も持っていて、しかもそれを主力と言い切る。
かなり珍しいというか、妙な拘りなのだと思う。でも、それが好みだ。
要するに、これで撮りたいから使っているのである。なので、重さなど
気にならない。今年もこの3本で、いろいろ撮れたらいいと思うのだ。
ピントリングを回して手動で合わせる。この楽しさは、捨てられない。
でも実は、「現代のレンズ」として、この3本に続く戦力に加えようと
考えている1本がある。M・ズイコーデジタル300mmF4PROがそれ。
シャープすぎるきらいはあるが、地方に行く際など活躍してくれそう。

写真は先日載せたキラキラターキンのヨコ位置バージョン。前回は舌が
出ているカットを選んだが、今回は歯の出ているもの 。500mm使用。
b0016600_8165188.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-01 08:17 | 多摩動物公園 | Comments(0)
第一回プラチナブロガーコンテスト

実はこれまで全く知らなかった。
エキサイトブログには「プラチナブロガー」という皆さんがいる。
ハイクオリティな記事を書いている、読者が多くいるなど、一定の
条件を満たした中から編集部が厳選、認定したブロガーのことだ。

現在でも該当する方は何名かいるようだが、昨年末から自薦募集の
企画としてコンテストを行っているという。内容から察するとまず
間違いなく選ばれないと思うのだが、これに選ばれた際の特典で、
オリジナル名刺がもらえるのが気になった。これは面白いと思う。
いつか、有料でもいいから作ってもらえるようになるといいけど。

というわけで、部門を考える必要がある。
ひとまず写真だと思っていたのだが、どうやら制約があるようだ。
子ども、家族、風景、カメラ女子、カメラ機材、モノクロ、アート、
レトロ写真に関連しないとダメらしい。あ、カメラ機材は該当する。
たまに中古の話を載せて、機材テストのことを記事にしているぞ。
レトロ写真も、ちょっと変化球で該当かな。メインで使っている、
3本のレンズはすべて30年モノだ。ううむ、でもやっぱり弱いな。

写真ではアウトなので、制約のない動物・ペット部門にしました。
かなり無謀だと思います。この部門、凄いのがたくさんありそう。
ここのブログが誇れることは、たった1つだけ。
2004年8月27日から毎日欠かさず更新していることです。
浮気することなく、エキサイト一筋ですよ。
もう12年以上になるわけですね。我ながら、よく続いたと思います。
それだけ暇だった、ということかもしれないけど。
ちゃんと毎日写真載せてたら良かったのに、それは崩れました。
しかし、動物園で撮った写真をテーマにしているブログではおそらく、
エキサイト以外の全てを考えても、最長のほうに入ると思っています。
あと・・・そうだ、使っている機材にはオリジナリティがありますね(笑)

そんなわけで、長く続けているといいことがあるかも ! に期待しよう。
b0016600_2122736.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-01-24 21:22 | 多摩動物公園 | Comments(0)

よく変わるパンフレット

クラブツーリズムの写真ツアーパンフレットが送られてきた。
発行日は1月10日である。旅行設定期期間は2月〜8月だ。
もうそんな先までツアーの日程が組まれていることにも驚く。

そして、さらに目を引いたのはパンフレットのタイトルだった。
「カメラを持って旅しよう 写真びより」
え、ちょっと待てよ。また変わったのか ? が第一印象だった。
このパンフ、これまでにも何度か名前が変わっているのである。
確か数年前、講師を始めた頃は各営業所別に案内が作られていた。
横浜営業所の担当だったので、冊子名は「ぱちり」だった。
それが2008年頃に、各営業所をすべて一カ所に統括してツアーを
作成することになった。ここで「写真撮影の旅」になったと思う。

その後、ひょっとしたら間にいくつかあったかもしれないけれど、
「写真、撮ろうよ」から「カメラを持って出かけよう」に変わった。
それほど長くない期間だったように思う。次から次へと変更され、
初心者向けツアーのタイトルも、変わっていったと記憶している。
意図があってのことだろうとは思うのだけど、これは逆になんだか
コンセプトが解りにくいと感じてしまうケースもあるのではないか。
というのが率直な感想だった。有料ではないし、中身は同じだけど。

印旛沼・暮れなずむ水辺風景
冬毛もふもふの宮城蔵王キツネ村 ネコの別天地・東北の猫島「田代島」
遠州路の桜と富士の競演 富士川かりがね堤と清水船越堤の桜
爽やかな緑織り成す水風景の養老渓谷 広がる棚田風景 春の大山千枚田
花と新緑が彩る奥日光の滝 トウゴクミツバツツジを撮ろう
岩手滝沢の風物詩・チャグチャグ馬コ

6月までに予定されているツアーは6つ。印旛沼と田代島は決定している。
このうちあといくつ催行になるだろう。岩手のツアーには盛岡市動物公園も
行程に含まれているので、決まるといいのだけど。去年が少なかったので、
今年はもうちょっとツアーが増えるといい。さてさて、どうなることやら。
b0016600_20535617.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-01-22 20:54 | 多摩動物公園 | Comments(0)

験担ぎ

多摩動物公園のオランウータン舎前に、今年も特設ブースが設置された。
これは数年前から毎年置かれているものだ。木にしっかりつかまって、
落ちることのないオランウータンにあやかり、「試験に落ちない」など、
験担ぎができる場所として知られるようになった。ただ単に合格祈願と
いうだけではなく、家族の健康など様々な願かけが行われるという。

設置されるのは2月21日まで。特製用紙に願い事を書き込み、ブースに
結びつける。訪問したのは1月10日だから、設置されてから8日しか
経過していないタイミングだった。にも関わらず、もうすでにかなりの
願い事が結ばれている。毎年6000通もの願いを受け止めているのだ。
ちょうど取材のクルーも来ていた。たまたま書いて結んでいた女性に、
「何をお願いしたんですか」などと質問していた。なんとも不躾だなと
感じたので、もし聞かれたら「くだらないTV番組がなくなるように」
と答えるつもりでいたのだが、アラフィフ、いかにも写真を撮りに来た
という風貌のおっさんである。やはり声を掛けられることはなかった。

オランウータンは、見ているお客さんがユキヒョウより多い。そして、
動きがあると喜んでシャッターを押したり、嬉しそうに眺めているのは
明らかに年配のかたが多かった。ユキヒョウのところが連写の戦場なら、
こちらはちょっとのんびりしている。何頭かが広いスペースで見られて、
楽しめるのだ。写真は大きな運動場で見られたワンシーン。いったん口に
入れた実を、そのまま下唇を突き出して眺めていた。これは、同じことを
やった記憶がある。子どもの頃だったか、大人になったあとだったか。
おやおや、お口に合わなかったかな ? そんなイメージが膨らんできた。

昨年12月、ズーラシアから2頭のオランウータンがやってきたことも、
注目を集めている理由の1つ。子育てのできないお母さんとその子ども。
多摩で迎えたオランウータンは、代理母の役割をしっかりこなしている。
ここでのシーンから学ぶもの、考えなければいけないことがあると思う。
b0016600_7154587.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-01-22 07:16 | 多摩動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama