カテゴリ:羽村市動物公園( 123 )

羽村密着

ちょっと遅くなってしまいましたが、羽村のデータ密着です。
こうして書き出すと、園内をぐるぐる回っていたのが解ります。

サーバル(7)
シベリアオオヤマネコ(4)
ミーアキャット(1)
ワオキツネザル(6)
シマウマ(9)
インドタテガミヤマアラシ(3)
シマハイエナ(2)
ワオキツネザル(5)
シベリアオオヤマネコ(4)
サーバル(7)
シベリアオオヤマネコ(11)
プレーリードッグ(4)
サーバル(22)
ワオキツネザル(5)
シマハイエナ(2)
フンボルトペンギン(10)
アメリカビーバー(3)
サーバル(41)
シマハイエナ(3)
シマウマ(20)
インドタテガミヤマアラシ(14)
シマハイエナ(4)
ワオキツネザル(7)
サーバル(3)
ワオキツネザル(10)
アミメキリン(5)
マントヒヒ(33)
インドタテガミヤマアラシ(1)
ミーアキャット(33)
サーバル(33)

春休み中ということもあって、小学生くらいまでのお子さんを連れた
グループがとても多く、園内はけっこうな賑わいでした。さして広い
場所でもないので、撮っていて誰か人がきたら別の場所に移動する、
というパターンが多かったですね。ヤマアラシとマントヒヒは何とか
面白いカットを撮りたかったのですが、思うようにはいかないです。
b0016600_233666.jpg

(OM-D E-M1/シグマAPO 120-300mm F2.8 EX HSM )
by keiji_takayama | 2017-04-10 07:30 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

あっかんべ

羽村市動物公園のワオキツネザルは、けっこうな穴場だと思う。
とにかく距離が近い、というのがその理由だ。開放感で言うなら
上野動物園とか千葉市動物公園に敵わないが、直線距離で間近に
ワオキツネザルが見られるというのは、そうそう経験できない。
来園者の多くがここで立ち止まって、顔を近づけるのも頷ける。

しかし、檻はなかなか手強いのである。目が細かいことに加え、
縦横に張り巡らされている。クロススクリーンフィルターを装着
してそのまま撮るとソフトになるのだが、まさにそんな感じだ。
それなりに距離を置くこともできるので、撮影するのはそんなに
難しくはない。むしろ、集まってしまうほうが悩みの種だった。
単独で座ってくれるタイミングを、時間をずらして待ってみる。
子どもたちが多いので、それなりに気も使う。大声を出されると
それまでの状況が一変することがある。忍耐力が必要であった。

ようやくチャンスが訪れたのは、5回目に立ち寄った時だった。
それが、ワオキツネザルを撮影したラスト。しかもこのカット、
その最後に撮影したものである。なんとも絶妙な表情を見せた。
まさかそんなつもりはないと思うが、苦戦ぶりをからかうように
取ってしまいそうだ。あっかんべ〜をしているようにも感じる。

「檻が抜けている」という観点なら、もっとクリアーなカットも
あるのだが、表情の面白さがあって、こちらを選ぶことにした。
にしても、苦戦したものである。こうして見てみると、ソフトな
雰囲気もいい。茶目っ気たっぷりな性格も、垣間見えるようだ。

またそのうち、ゆっくり撮ってみたくなる。羽村はそういう所。
b0016600_933441.jpg

(OM-D E-M1/シグマAPO 120-300mm F2.8 EX HSM )
by keiji_takayama | 2017-04-07 09:34 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

モーツァルトのあくび

マントヒヒを飼育している動物園は、そうそう多くないだろう。
不思議な感じもするけれど、なぜか羽村市動物公園で見られる。
珍しさもあって、どうしても何か撮って帰りたかった。そこで、
時間を見計らって何度か立ち寄ってみたのだが、話にならない。

さして広くない檻の中にいるのに加えて、手前の方に台があり、
そこで座っていることが多かった。これはダメだな、そう感じて
そのまま踵を返すことが大半だった。ただ、あまりに悔しいので
あるタイミングで、試しにレンズを通して覗いてみた。すると、
意外にも絵になりそうな雰囲気である。陽が当たっているので、
ちょうど体や顔に檻の影が入ってしまう。しかし、マントヒヒの
存在感、プラス内容によっては帳消しにできるだろうと考えた。

そこで、しばらく狙ってみることにした。マントヒヒは、そんな
ことは歯牙にも掛けない様子。ど〜んと座って外を眺めていた。
開始直後は、とにかくカットを増やそうと試みた。正面を向いた
タイミングとか、親分のような風貌からイメージされる、すこし
コワモテのところとか。だが、キャッチライトが全く入らない。
これがないと弱い、そう感じていた。やがて、それらしい写真が
なかなか撮れないこともあり、また出直そうかと考えていると。
いきなり大あくびを始めた。ファインダーから目を離さなかった
ことが幸いし、これを押さえることができた。檻の黒い影は顔の
中心近くに配置していたので、さほど目立たない。それにしても
面白い表情だと思う。パッと見だけは、モーツァルトのようだ。

マントヒヒは2004年だったかに、羽村で撮影したことがある。
載せるのはおそらくそれ以来だ。これはさすがに嬉しくなる 。
b0016600_7452442.jpg

(OM-D E-M1/シグマAPO 120-300mm F2.8 EX HSM )
by keiji_takayama | 2017-04-06 07:45 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

久々の羽村

羽村市動物公園に行ってきたのですが、かなり久々の感じでした。
帰ってきてから、では前回はいつだったのかを調べてみたところ、
2012年6月28日だったようです。ちょうど、キリンの赤ちゃんが
公開になる直前というタイミング 。「また行かなくちゃ」みたいな
ことを書いていましたが、それから4年半以上も経過しています。
そんなつもりはなかったのだけど、いい加減なものです。これだけ
ブランクが開いたので、園内の風景もいろいろ変わっていました。

ここに来ると必ず撮っていたカラカルを筆頭に、フェネックなども
姿が見えなくなりました。シベリアオオヤマネコは元気そうです。
サーバルは何度か繁殖していました。とりあえず撮影できる動物を
撮っていこうと考えていたのですが、レンズの選択を誤りました。
サーバルを撮っていて、どうしても背景が気になります。木目調の
色になるのですが、継ぎ目というか境目が黒いので、これが目線を
惹いてしまうのです。もともと羽村では700mm程度の画角で撮る
ことが多かったし、中間リングを使って最短撮影距離を縮めるのが
セオリーでした。今回は初めてオリンパスを使い、レンズは試しに
使用してみたシグマ120-300mmでした。画角上は600mmですが
深度は深くなります。この結果、悪いほうに転がったわけですね。

ボケのコントロールがうまくできなくて、思い描いていたようには
撮れなかったということです。あと、画角が足りないこともそう。
とりあえず形にはしましたが、かなり不完全燃焼な感じ。結局は、
閉園まで滞在することもなく、早々に終了することになりました。

トータル撮影カットはそれでも312です。けっこう撮りましたが、
撮ったというよりも、同じ場所を回ってシャッターを切った感じ。
データ密着は別の記事で書きます。写真は凜々しかったサーバル。
b0016600_8101240.jpg

(OM-D E-M1/シグマAPO 120-300mm F2.8 EX HSM )
by keiji_takayama | 2017-03-30 08:10 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

査定の差

お客さんから預かった機材の査定を終わらせて、金額を提示。ご納得いただいて、
精算に入る。とここまではいつものパターン。だが、ときどきそのあとで、他店で
査定してもらったという控えをお客さんが見せてくれることがある。こうなるのは
つまり、その店よりウチのほうが高い評価をしたことになるわけだ。これがとても
興味深い。けっこう差が大きいこともある。程度が新品から遠くなればなるほど、
この差も大きくなるようである。訳あり品専門の店舗を持っているので、オールド
レンズの査定はそこそこ他店より高く取れると思う。店舗でだいたいいくらで販売
しているかを知っているので、ほぼ相場に近い査定が可能だ。ところが、そういう
店をもたない某チェーン店などでは、信じられないくらいの低評価だったりする。

加えてさらに驚いたのは、デジタル一眼レフのバッテリーグリップが付属品扱いに
なっている、ということだ。見せてもらった伝票には機種が書いてあるその横に、
「付属品あり」と書かれていた。ここに、バッテリーグリップも含まれるという。
そんなバカな話はあるかと思い、ここでは売らずウチに寄ってくださったらしい。
その結果、トータルでもけっこう高く買わせていただくことができた。当然だが、
喜んで帰ってもらうことができたのだ。あとは査定がヘボでないことを祈るのみ。
b0016600_23362369.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-08-12 23:37 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

悩みの種

ああ、もうこんな時間か。

最近の悩みの種がブログになっている。書くネタがある時は言葉が出てくるが、
写真も撮りに行っていないし記事にできるような話も乏しい。正直困っている。
b0016600_02364.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-08-08 23:57 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

また消えた

またしても、書いていた文章が途中で消えてしまった。なので写真のみ。
b0016600_051714.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-08-04 23:57 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

アクセス大爆発

何が理由かさっぱりわからないが、ここの訪問者数が最近爆発的に増加している。
最初は先月29日だったか、いきなりそれまでの3倍近く増えた。大きなサイトに
載せられでもしたのかと思ってやり過ごしたのだが、その翌日もほぼ同数だった。

かなり前になるが、ニュース関連でヤフーのページにリンクを貼られたことがあり
その時は1万人近くが押し寄せたことがあった。しかしこれはたった1日だけで、
次の日には完全に沈静化した記憶がある。ところが今回はというと、3日目が最も
多くて4ケタになった。これには本当に驚いたものだ。コメント欄に書き込みでも
あれば解るかもしれないが、なんと皆無である。エキサイトのレポートから調べて
みようかと思ったが、何の役にも立たなかった。で、一昨日にガクッと落ちてきて
今日はいつもの2倍くらいに落ち着いてきた。まさに夏の珍事である。不思議だ。
b0016600_054696.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-08-02 23:53 | 羽村市動物公園 | Comments(2)

いい買い物

この土日は店がとても忙しかった。ボーナスが支給されたことも理由だと思うが、
カメラはもちろんのこと、比較的高額なレンズの販売を担当することが多かった。
新品のレンズを買ったのは、タムロン18-270mmが久しぶりで、その前になると
もう全く思い出せない、キヤノンのLを新品で購入できるなんて、羨ましい限り。

そんな慌ただしい店内だったが、不調の身にはとても堪えた。しんどい日が続く。
b0016600_23564430.jpg

AB (7D/NewFD500mmf4.5L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-08 23:52 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

不覚にも

咳が止まらないので病院に行ってきました。やはり風邪ではなく、今回も吸入薬を
処方してもらうことに。もうすっかり慣れてしまいました。では、写真のみ更新。
b0016600_23354683.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-06 23:36 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー