カテゴリ:八木山動物公園( 68 )

てんやわんや

昨日の話になるが、店は大いに混み合っていた。お客さんがとても多くて、久々に
てんやわんやの状態になっていた。新製品発表が相次いで、CP+も大盛況。大きな
うねりというか、カメラに対する興味の膨らみを感じる。来月にはそれがいよいよ
爆発するのであろう。ニコン、キヤノン、オリンパスなどの新型が次々発売になる。

これが結果的にはどういうことになるのか、そちらが興味深い。D800はツアーに
参加してくださるお客さんにも人気の高いカメラだ。ここ最近はキヤノンのほうが
やや所有率が多いようなので、それがどう変わってくるだろう。面白そうなのだ。
b0016600_5393860.jpg

B (7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2012-02-12 05:39 | 八木山動物公園 | Comments(0)

旅の友

ツアー講師をしている旅行会社が発行している「旅の友」という冊子がある。先日、
担当したコースに取材が入った。写真ツアーの内容を2ページにわたって記事にする
というものだった。お客さんと会話しているその後ろからカメラを向けられたりと、
なかなか貴重な体験をしたのだが、それが今日届いていた。自分の姿を客観的に見る
というのはかなり久々である。10代の頃はいろいろな雑誌に顔出しで登場していた
こともあり、依頼が来ればそう躊躇することなく引き受けるけど、さすがにこの年に
なってくると、なんともいたたまれないものがある。いつも思うのは、太ったなぁと
いうことと、すっかりオッサンになったなということ。そういえば、今月はもう1つ
「フォトテクニックデジタル」という雑誌にも載っている。こちらはたまたま取材を
受ける立場になったのだが、とてつもなく顔がでかいのだ。まるで岩のようである。

今回のようなことがきっかけになり、お客さんが1人でも増えてくれれば有り難い。
b0016600_22162683.jpg

AB− (1D MarkⅡN/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2012-02-11 22:15 | 八木山動物公園 | Comments(2)

大盛況

CP+が大盛況のようだ。今年は様々な理由もあるのだろうが、話題になっている
新製品がほぼ同時にこのイベントで初お披露目となった。前評判の高さもあって
ユーザーの興味がまさに凝縮した感がある。入口の行列が200mくらい繋がって
いたそうだ。ミラーレス勢の台頭も著しいものがあるが、一番人気はやっぱり、
D800に奪われたらしい。触ることができるまで最大90分待ち。少し我慢すれば
カメラ店でいくらでも試せると思うのだが、とにかく見てみたいという気持ちが
先に立つのかもしれない。次に待ち時間が長かったのはオリンパスのOM-Dだ。
こちらが60分待ちである。これだけでも相当な盛り上がりだと思う。ちょうど
この日は、新聞で国内製造業の業績が軒並みダウンしているという報道があり、
世界的に見た最後の砦がカメラであるという考えから、TVなどの取材が多く入り
例年とは全く違った光景が繰り広げられたそうだ。日程的に行くのは難しいが、
こうした話を聞いていると、ちよっとだけ行けないのが残念になる。12日まで。
b0016600_0253060.jpg

AB (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-02-10 23:48 | 八木山動物公園 | Comments(0)

NEX-7。販売雑感

予想通りというか、同じ立場ならたぶんそうしていただろう。開店から、NEX-7の
引き取りなどで店は混雑していた。待ちに待ったカメラだし 、購入するお客さんも
嬉しそうだったのが印象的だ。それまでのNEXシリーズからの買い替えも目立つが
思っていたより新規購入のケースが多かった。で、展示品を触ったりしたのだが、
とてもいいカメラであった。とにかく操作性が抜群に気に入ったのだ。手にすると
そのホールディングの良さをすぐ感じることができた。カメラは小さいのだけど、
大きなシステムカメラを持っているような安心感。シャッターボタンの位置が良く
自然と人差し指の腹の部分でカメラを固定できる。まさに、絶妙な味付けである。

操作部にある2つのダイヤルは、かつて携帯電話に採用していたジョグダイヤルを
彷彿とさせるもの。これが実に操作しやすい。例えば絞り優先AEの場合では、左が
設定した絞り値、右が露出補正である。これは素速い操作が可能 。慣れたらかなり
使いやすいだろう。真っ黒なボディは高級感があり、古いレンズを装着してみると
なかなか渋いスタイルになりそうである。こうした硬派な一面があるかと思うと、
内蔵ストロボはスイッチを押すと、からくり箱のようにバビューン!と出てくる。
これがなんだかとても面白くて、ついついボタンを押してしまう。かなり楽しめる
カメラだった。ここまでかなり好印象。ズバリ欲しい。実写も気になるところだ。

価格はボディが11万6800円 、レンズキットは12万9800円 。キットが人気だ。
b0016600_21211058.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-01-27 21:19 | 八木山動物公園 | Comments(0)

富士山

昨年、動物園以外で最も多く写真を撮りに行った場所。これは富士山である。遊びに
行くことはあっても撮影で向かうことはないと思っていた。被写体として魅力があり
ハマッてしまうだろうと考えていたからである。魅力に取り憑かれ、富士山の近くに
引っ越してしまったという人も多いと聞く。時間と余裕があったら、じっくりと挑戦
してみたい、という程度だったので、優先順位は低かったのだ。ところが、昨年から
ツアーでいろいろな被写体を担当するようになり、やはり人気ということで富士山に
行く機会が大きく増えた。時には全く見えなくて残念なこともあったけれど、朝から
姿が見えるとそれだけでワクワクしてしまう。お客様も同じで、行きのバスから姿を
確認できると、それだけで車内の空気が一変するほどなのだ。現地でお客様と一緒に
写真を撮ることも多い。その結果思ったことは、富士山はフィルムで撮りたいという
ことである。理由はハッキリしないけど、じっくり狙ってみたい。作品という縛りも
なくて、とにかく姿をいろいろ撮ってみたいのだ。そして、35mmではなく中判で。
6×7とか6×6あたりで撮りたいと思う。といっても、かなり先の話になりそうだ。
b0016600_1228977.jpg

AB (7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2012-01-14 12:27 | 八木山動物公園 | Comments(2)

チラシ

マンションのような集合ポストはどこも同じだと思うのだが、チラシが多すぎる。
まず、部屋を売ってくれというのが毎日と言っていいほど入るのだ。住友不動産、
センチュリー21など、とても熱心である 。有名塾講師がこの近辺で探している、
受験のために何とかこのエリアに住ませたいなど、理由もなかなか面白いものだ。
そういう目的で部屋を探すようなタイプは、まず間違いなくこのマンションを選ぶ
ことはないだろう。昭和の香りたっぷりで、老朽化が激しい。トラブルだらけだ。
風呂の排水が1階の部屋に漏れている、と年末から騒ぎになっている。これの原因
特定のために、住民に緊急アンケートが回ってくるほどだ。ここにわざわざ住もう
というのはかなりの物好きである。でも、この古い雰囲気は嫌いではないけれど。

で、次に多いのが食事系。ピザは定番だが、寿司、釜飯、中華まである。チラシが
あれば何でも頼める状態だ。宅配ピザは昔からよく頼んでいる。以前はLサイズを
1人で食べていたが、さすがにここ数年は厳しくなり、たいていMサイズである。
寿司もかつて頼んだことがあった。だが結局安くはないので、あまり利用しない。
さて、興味があるのは中華宅配だ。メニューがとても多くてかなり魅力的だった。
ランチもやっているので、これならば休日に頼んでもいいかと思った。ところが、
小さく「デリバリーは1200円以上より」と書いてある。それなら近くで済ませた
ほうがいいわけで、結局必要なかった。となるとチラシはそのままゴミ箱に直行。
なんだか、とても勿体ないと思うのだ。何か良い活用の方法がないものだろうか。
b0016600_7245478.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-01-08 07:24 | 八木山動物公園 | Comments(0)

反射避け

これまでに何度か載せた、八木山動物園のスマトラトラ。ここは全面ガラス張りだ。
撮影は100-400mmのズームを使って前のほうから、レンズをガラスにくっつけて
反射を遮りながら行った。これであらかた撮れるのだが、日曜でお客さんが多いので
ずっとそのままというわけにもいかなかった。そういう時は、後ろから500mmにて
狙うことにした。この場合は、状況によっては映り込みを覚悟する必要がある。だが
うまくすれば、言葉は悪いが誤魔化すことも可能になるのだ。そんな撮影であった。

ちょうど光が一部にだけ当たっているので、明るいところの目元にピントを合わせ、
同時にここで露出を決定する。最近のカメラでは分割測光が一般的だが、基本的には
ピント合わせを行った場所を中心に露出値を算出する。従って、明るいほうの目元で
露出を決定してマイナス補正すれば、画面の暗いところはより強調されるのである。

ここで、画面右側には僅かな映り込みがあった。もともとそれが少なくなるシーンで
撮影をしようと試みるのだが、どうしても映るものがある。しかし、補正して暗めに
落としてしまうと、これが目立たなくなる。これも反射避けの1つ。意外に使える。
b0016600_802829.jpg

AB (1D MarkⅡN/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2012-01-06 07:59 | 八木山動物公園 | Comments(6)

禁句

31日は仕事納めだった。咳が出ていたので通常通りとはいかなかったが、なんとか
閉店の18時まで勤務し、ひとまず一度も休まずにシフトを守ることはできた。実は
これが最も難関だったのだが、けっこう忙しくしていた割には元気だったなと思う。
しかし、最後の最後で風邪を引いたのは情けなかった。けっこう悔しいものである。

その後夜から、これまた大晦日の恒例なのだが、以前働いていた事務所で別の仕事。
気付いたら年が変わっていた、というのも毎年のことだ。かつて住んでいた町だが、
以前よく夜食を食べていたファミレスに行こうと思ったら、そこにはマンションが。
見慣れないコンビニなどもあり、たった数年で随分変わったのだなと感じた。元旦の
始発で帰宅。途中の秋葉原駅で、東京方面から降りてくる人の多さにビックリした。
多くがなぜか風船を持っている。どこかのイベントの帰りなのだろう。咳が止まらず
かなり困ったことになって、昼までずっと寝ていることになった。とにかく、これを
治さないと新年がどうこうの話ではない。というわけで、全くめでたくない正月に。

今年の目標その1「おめでとう」とは決して口にしない。ここ数年では最悪である。
b0016600_1434638.jpg

(1D MarkⅡN/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2012-01-01 14:03 | 八木山動物公園 | Comments(0)

ラストツアー

2011年を振り返るとき、ベスト3に入るのがツアーのこと。それまでは動物園しか
担当していませんでしたが、4月から風景など他ジャンルの撮影も行うようになり、
仕事の休日の半分以上がツアーで埋まっている、なんてこともありました。たくさん
お客様と言葉を交わし、講師という立場の難しさや悔しさも経験しました。すべてが
新しい勉強だし、それに伴い宿題や課題も増えています。とても充実していました。

ラストとなった22日は、富士山の夕景を撮ろう 、という内容 。8時50分に平塚、
9時30分本厚木の2か所でお客様をお迎えしました。一昨日とは異なり天気がやや
心配な状況です。空は真っ白。晴れていると、本厚木に向かう途中から富士山が姿を
見せるのですが、全く確認できず。ただ、現地に近付くとハッキリ目視できるように
なってきたので一安心。まずは道の駅・朝霧高原で30分ほど散策しながらの撮影。
そして田貫湖へ向かいます。ここではたっぷり1時間確保できたので、ちょっとした
ハイキングのような雰囲気になりました。逆さ富士を撮ることもできて、お客様にも
ご満足いただけたようです。「12月にしては雪が少ない」という声もありましたが、
冠雪の富士山は見事なもの。それだけで絵になる存在でした。とても寒かったけど。

その後バスに揺られ、着いた先はさった峠展望台。ここで富士山と、東名高速を走る
クルマの光跡を狙います。まず三脚のポジションを決め、構図とピントをあらかじめ
決定しておきます。その後時間の経過とともに変わっていく露出を試しながら、いざ
暗くなるまで待つことに。たいへん寒い状況でしたが、お客様のカメラにトラブルは
なくて、無事に撮影を終えました。クルマの光跡がだんだん長くなっていくにつれ、
撮影に対する意気込みがどんどん上がっていきました。そんな雰囲気をストレートに
感じることができて、とても感慨深いものがありました。来年は宿泊のツアーが2つ
決定しています。今年より充実した楽しい撮影の時間になるよう、努めていきます。
b0016600_7513243.jpg

AB (7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2011-12-23 07:50 | 八木山動物公園 | Comments(0)

復興のシンボル

仙台市立八木山動物公園に出掛けてきました。2月にも一度行きましたが、その後に
震災の被害を受けて一時閉園となり、4月に再開しています。前回のときにはトラが
亡くなっていましたが、その後復興のシンボルとして新たに2頭がやってきました。
このトラを見たかったのが最大の理由です。朝早くの新幹線に乗り、向かいました。
10時前には到着し、その後16時近くまで撮影。動物たちの様子はこんな感じです。

・ライオン→陽の当たる場所でのんびり昼寝。15時半頃になってようやく動き出す。
・スマトラトラ→午前と午後の交代制。どちらもサービス精神旺盛で堂々としていた。
・ホッキョクグマ→2頭いて片方はプールに入るなどそこそこ動く。お客さん釘付け。
・レッサーパンダ→日中は寝ていてほとんど動かず。14時半頃から運動会が始まる。
・ゴリラ→起きていたが奥の方にいてほとんど位置を変えず。写真も撮れなかった。
・アフリカゾウ→クリスマスが近いからか、仲良しのところを見せつけられる。
・カバ→3頭のうち1頭が微動だにせず。置物みたいだという声あり。
・サイ→遠くのほうでウロウロ。後ろにある岩と、ほとんど同化していた。

一番人気はなんといってもスマトラトラ。運動場の中央にあるお立ち台に座っていて
やってくるお客さんを逆観察。子供さんや女性から「カッコいい!!」という言葉を
たくさんもらっていたっけ。そして、そんなの当然だとばかりに堂々としてました。

それにしても、とてつもなく寒い撮影でした。東京にいる立場としてそこそこ寒さに
強いと思っていたけれど、見事にアウト。空気の冷たさレベルが段違いでした。手が
かじかんでしまい、シャッターを押すタイミングがズレてしまう始末。それに加えて
1コマしか撮るつもりがないのに連写してしまうケースが続出。想像以上に苦戦した
冬の動物園撮影になりました。しかし、動物たちが元気そうで何より。また行こう。
b0016600_959288.jpg

AB (7D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2011-12-19 09:57 | 八木山動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama