カテゴリ:浜松市動物園( 124 )

医療費のお知らせ

毎年のことなのだが、「医療費のお知らせ」が届いた。
会社が所属している健康保険組合が、医療費の総計を教えてくれる。
昨年は187,820円かかっていた。毎月1度、行かなければならない
病院があり、そこでの診療・薬代がとても大きい。とはいえ、これは
助成金が出るので実質はタダである。実際、払っていない。
認定されたことがとても大きいのだが、これも確か来年からだったか、
月6000円までは患者負担になるようだ。個人で払った額にもちゃんと
記載はあるが、実際はかなり少ない額になる。これは助かっている。

忙しさにかまけて行かなくなってしまった眼科と内科は、次行ったら
確実に怒られそうだ。肘の痛みは悪化する一方だし、あちこちにガタが
出始めているようである。そんなことに負けてる暇はないのだけど。

そして、現在はこんな状態です。さっさと寝よう。
b0016600_22471747.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-24 22:47 | 浜松市動物園 | Comments(0)

早寝

早寝という時間でもないけれど、明日は遅番なのでちょっと時間稼げそう。
たっぷり寝たいので、さっさと更新しておきます。
b0016600_23282832.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-19 23:28 | 浜松市動物園 | Comments(0)

ないない

さて困ったぞ。
写真もなくなってきて、記事のストックはとっくに切れている。
何か考えようと思っていたけど、頭に浮かんでこない。

というわけで、今日はひとまず写真だけ載せておきます。
b0016600_2325293.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-18 23:03 | 浜松市動物園 | Comments(0)

インストール

先日の撮影勉強会で撮った飛行機写真。やはり数が多すぎたようだ。
セレクトがなかなか進まない。ボツが多いし、苦笑しながら眺めている。
講師の指導により、メモリーカードを2枚カメラに入れて撮影した。
片方はRAW、もう1つはJpegである。ただ、画像サイズが小さかった。
これはつまり、デジタルで撮り始めて初のRAWだったわけだ。

すっかりそのことを忘れて、シャッターをたくさん切ってしまった。
結局はRAWで撮った写真を使うことになりそうなので、仕方なく
オリンパスのソフトをダウンロードした。だったらついでなので、
キヤノンのそれもパソコンに入れることにする。初めて購入した際は
EOS 10Dに付属していたCDをインストールしたのだが、メーカーの
ソフトをパソコンに入れるのはそれ以来になる。かといって、今後は
そういうパターンになるかと言えば、おそらくそうではないと思う。

いずれ何らかの形で写真は公開することになる。興味を持ったところが
伝わればいいのだけど、バリエーションはやや乏しくなりそうである。

そうそう、先日応募したオリンパスのキャッシュバックキャンペーン。
JCBギフト券で届くことになっていたが、これが到着した。
だいたい1か月くらいで手元に来るようだ。
店頭のお客様には「忘れた頃に届きます」とご案内しているのだが、
まさにそんなところであった。エキサイトからも、先日ラッキーな展開で
旅行ギフト券が1万円分プレゼントされた。来月早々、ツアーの下見で
盛岡に行くことにしているので、この時に活用できたらと考えている。

9月にまた田代島のツアーがあるので、今から楽しみにしているのだ。
b0016600_1071422.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-15 10:07 | 浜松市動物園 | Comments(0)

唯一の撮影記録

カメラ小僧を引退してしばらく経ってから、所有していたアイドル写真のネガを
すべて処分してしまった。まさか今のような写真の時代が来ると思っておらず、
写真の趣味をやめるつもりで、掲載された数多くの雑誌と一緒に存在を消した。
このことは人生最大の後悔と言っても過言ではない。そのことを痛感している。

ただ、唯一の救いは菊池桃子の撮影記録だけが残っていたこと。ただ、これも、
もう残しておく手立てが少ない。なので、ここに記録しておこうと思っている。
1984年から87年まで、何度もカメラを向ける機会があった。とても懐かしい。

■1984年
5.03  渋谷東急東横店屋上 資生堂イベント
5.26  町田大丸屋上 LF公録
8.03  神宮絵画館前 CXふりーばる'84
8.19  東武動物公園 桃太郎軍団結団式
8.27  TXおはようスタジオ リハーサル
9.15  町田大丸屋上 LF公録
9.29  川崎岡田屋モアーズ LF公録
10.12  NHKレッツゴーヤング
10.13  後楽園ゆうえんち野外劇場 LF公録
10.   TXおはようスタジオ
11.03  八千代台ユアエルム屋上

■1985年
1.16  名古屋ボーリング場 公録
2.    日本武道館 
3.19  筑波万博 NTV EXPOスクランブル
4.12  筑波万博 NTV EXPOスクランブル
5.22  板橋区文化会館 TX レッツGOアイドル
5.26  よみうりランドグリーンステージ 公録
8.03  三浦海岸フェスティバル RF公録
10.22  文化放送 公録

■1986年
1.15  軽井沢スケートセンター
5.03  八千代台ユアエルム屋上
5.10  金沢・ジャスコ野々市店屋上
5.18  日本橋東急屋上
9.04  NTV ロッテ歌のアルバム 公録
9.18  日本テレビ音楽祭
10.12  東武動物公園
11.30  軽井沢スケートセンター


■1987年
3.03  銀座三越 一日郵便局長
3.25  MOMOKO TRAIN 宇都宮・田原屋デパート屋上
4.11  渋谷松竹 「アイドルを探せ」舞台挨拶
4.12  錦糸町キンゲキ 「アイドルを探せ」舞台挨拶
4.12  上野松竹 「アイドルを探せ」舞台挨拶
4.13  新宿松竹 「アイドルを探せ」舞台挨拶
9.23  NTVまつり 原宿・東郷神社

1992年 「パテオ」舞台挨拶
1986年秋 日出女子学園通学、授業風景

写真のネタも、記事のネタも尽きてきたのでこんなものを。さて、困ったぞ。
b0016600_9243499.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-13 09:24 | 浜松市動物園 | Comments(0)

遅いメモリーカード

必要に刈られて、というか研修に必要なのでSDカードを購入した。
32GBを2 枚。EXCERIA PROという銘柄だ。黒基調のシンプルな
スタイルである。速度の表示があって、95MB/sと書かれている。

写真を撮る身なので、もちろんカードはいくつか所有している。
フィルムと同様の使い方をしたかったので、以前は512MBのCFを
使っていた。ところが、カメラの進化に伴い撮れる枚数がどんどん
減ってきてしまったので、仕方なく容量の大きいものに変えてきた。
そんなわけで、手元にあるカードと比較するとなかなか興味深い。
もともと連写をあまりせず、ドライブモードは1コマ撮りにしている。
動画は撮らないので、4K対応にする必要性はゼロなのだった。
そんな事情で、なかなかカードは買わない。買ったとしても別店舗で
販売している1000円以下のものばかりだ。これの速度を見てみると、
SDカードが48MB/s、45MB/s、30MB/s。CFカードになるとさらに
遅くて、15MB/s、20MB/s、45MB/sだった。これでよくやってると
直感的に感じてしまったのだが、昔からどうも物持ちが良くて、1度
購入するとずっと使い続けるという習性があるらしい。スペックだけ
見てしまうと「え、まだそれ使ってるの ? 」ということになるが、
まだどころか現役バリバリである。なので、大容量カードも少ない。

今回買うまでは、32GBなんてカードは1枚しか持っていなかった。
16GBが3枚、8GBと4GBがそれぞれ5枚。これはSDカードだが、
CFのほうは貰った64GBが1枚あるだけで、あとは8GBが5枚、
2GBが6枚。こうやって調べたのは初めてだが、可笑しな結果だ。

というわけで、そのうちCFカードは同じタイプが必要になるかも
しれないのだが、今の使い方を続けている限り、重要ではない。
カメラ、レンズがあって、メモリーカードもそれなりのものを使う
必要があって、だったらパソコンもということになる。写真を撮る
その瞬間を最高点としているので、あとからどうこうもしないし、
時代に逆行した感がある。しかし、実はそれが一番満足なのだ。
b0016600_6551153.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-11 06:55 | 浜松市動物園 | Comments(0)

残念な下見

ツアーの下見で千葉県に行ってきました。
新緑の風景がテーマで、場所は養老渓谷と大山千枚田です。
せっかくなので、当日と同じタイムスケジュールで回りました。

アクアラインはいつも通り、気持ちよくスイスイ流れています。
それなりに時間はかかっているのですが、そうとは感じないほど
ドライブを楽しむことができました。養老渓谷は数年前、紅葉の
タイミングで撮影ツアーに同行したことがあります。今回は新緑と
いうことで、楽しみにしていました。ところが、養老川を俯瞰して
眺めたときから違和感がありました。水量がとても少ないのです。
遊歩道を撮り歩いたのですが、あちこちで川底が見えていました。
たくさんの水と新緑、というカットが撮れると思っていたので、
これはかなり困ったことになりました。ツアーのイメージカットも
そんな雰囲気の写真が使われています。加えて、人気スポットの
粟又の滝も同じでした。水がないのです。枯れていると思われても
仕方のないような状況。ガッカリするお客様の姿が浮かびました。

大山千枚田はとても素晴らしいところで、日本はいいなぁと実感
できる場所でした。ただ、こちらもちょっと早かったらしく、まだ
田植えは完全には終わっていないようでした。これは困ったぞ。
まだ当日まで日があるので、なんとかなってくれないかなぁ。。。

帰りにどうしてもゆで落花生が食べたくなったので、海ほたるPAに
寄って3袋買ってきましたが、帰ってあっという間に食べてしまい、
だったらもっとたくさん買ってくればよかったと、後悔しています。
b0016600_9581413.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-10 09:58 | 浜松市動物園 | Comments(0)

納税

そろそろ来る頃だと思っていた。それはGWが終わる8日だと。
ところが、昨日帰宅してポストを見たら、入っていたのだ。
自動車納税通知書である。予想より少しだけ早かった。
そのまま開封し、近くのセブンイレブンで支払いを済ませてきた。
今月の末には車検が控えているので、さっさと終わらせたかった。

今年も当然割増である。51,700円だった。
ただ、ここ数年で自動車税は支払いの方法が増えて便利になった。
クレジットカードで払える、そのことをかなり声高に告げている。
支払わない人が多いからだろう。
事実、もうかなり前だがクルマを複数所有していたことがあって、
税金の支払いもギリギリまで延ばしていたことがあった。
ただ、車検を間近に控えている身としては、支払った証明が手元に
ないと困るのである。なので、早急に支払わないと落ち着かない。

セブンイレブンはnanacoで支払いができるので、便利である。
公共料金なのにポイントが付くからだ。何となく得した気分になる。
これでまずは一件落着なのだが、次は車検。
ホンダのディーラーやオートバックスから、車検についてのハガキ、
電話が何度か届いているのだが、これはもう依頼先が決まっている。

車検が終われば次はエンジンの修理。出費が嵩むけど、せっかくだし
いい状態をキープしたいのでやむを得ない。写真撮りに行けないなぁ。

次の休みはツアーの下見に出掛ける予定。ついでにテストできるかな。
b0016600_7233045.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-07 07:24 | 浜松市動物園 | Comments(0)

GWと中森明菜の思い出

去年のGWに何をしていたか、と聞かれて即座には答えが出ない。
ちょっと考え、結局何も思い出せずに「仕事してた」と答えるだろう。
しかし、実際は1日かもしれないが、休日があったはずである。
ここのブログを遡れば、その答えが書いてあるかもしれない。
去年のことさえそんな感じなので、これが数年先だと完全にアウト。
何をしていたか全く覚えていない。「記憶にございません」である。

だが、ハッキリ覚えているのが1日だけある。昭和60年5月3日だ。
この日、埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園で、「明菜ランド」の公演が
開催された。「明菜ランド」は、中森明菜の野外イベント。年に数回だが、
日頃テレビの中でしか見られない「明菜」が歌うところを撮影できた。

カメラ小僧デビューしたのは昭和59年1月。当時は高校生だった。
その前、中学3年の頃だが、明菜のファンだった。「セカンド・ラブ」の
頃である。LPレコードを4枚、「気になる視線」だったか、本も買った。
そんな経緯があるので、いつか撮る機会があるといい、そう思っていた。
とはいえ、もうその頃には日本を代表するアーティストになっていた。
写真など撮れるはずもない。「レッツゴーヤング」や「歌のトップ10」で
姿を見る程度である。カメラ小僧のキャリアを積むに従って、なんとか
撮る機会がないだろうかと伺っていた。その大きなチャンスだった。

当時の機材はペンタックスLXと400mmだったが、この撮影のために、
500mmF4.5を買った。レンズ名はすごいが、EDなどの低分散ガラスは
使われておらず、当時の定価でも12万で買える。最短撮影距離はなんと
10mだった。まさに子供だましのようなレンズだが、これで大きく撮れる
とワクワクしたものだ。多くの友人に恵まれたおかげで、ポジションも
そこそこの位置を用意してもらえた。ステージが始まり、明菜が歌う姿を
ファインダー上で大きく捉えられたときは、とても感動したものだ。
他のタレントではこうはいかない。「中森明菜」とはそういう存在である。

このことだけが、今も記憶に残っている。ここでどういうことがあった、
どの曲を歌った、何を話した、そんなことは覚えていないのだが、この日
明菜を撮ったということ、それだけが記憶に残るGWの思い出である。
b0016600_895678.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-03 08:10 | 浜松市動物園 | Comments(0)

ヒグマのアトラクション

浜松市動物園のエゾヒグマは、ちょっと地味な場所で暮らしている。
初めて訪問した時は、そちらに向かう道が解らなくて迷ったものだ。
ともすれば暗いと感じるような道をてくてく歩くと、視界が広がる。
その脇のスペースで見ることができるのだ。地味と言ったら怒られて
しまいそうだが、写真はとても撮りやすい。関東圏だけではないが、
動物園においてのエゾヒグマというと、たいていは檻の中にいるので
どうしても負のイメージが強くなってしまう。ただ、ここは違った。

これまでにも何度か撮らせてもらったことがある。いい表情を見せて
くれるので助かるのだ。久々に来た今回はどうだろう、そんなことを
考えながら近付いて行った。すると、スイッチが入ったかのように、
動き出す2頭のヒグマが目に付いた。変わらず元気そうである。上の
スペースと下のスペースでそれぞれが違うことをしていたが、まるで
それがヒグマのアトラクションのように、タイミングが合っていた。

そうした姿を追っていたのだけど、ヒグマは意外と目が小さいので、
ピントを合わせるのに気を使う。これまではあまり感じなかったが、
今回は殊更に厳しいと思った。動体視力が衰えているのに違いない。
この2頭、「ゴローくん」「ピリカさん」と名付けられている。活発な
ゴローくんと、ややおとなしいピリカさん、そんなイメージがある。

アトラクションはかなり長いこと続いていて、かなり楽しめた。この
写真はゴローくんだと思うのだが、こうして写真だけを見ていると、
手を上げて(肉球を見せて )「は〜い」とポーズを取っているようにも
感じるから不思議なものだ。止まることがなく絶えず動いていたので
タイミングが合うかどうかの勝負だったが、面白いところが撮れた。

というわけで、今回も助けられてしまった。ありがたいことである。
b0016600_6182446.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-19 06:18 | 浜松市動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー