カテゴリ:大森山動物園( 100 )

相場変動

先日の白川郷で使ってみて、かなり気に入ったEOS KissX4。買う気満々でいたが、
タムロン18-270mmを先に購入したので、ちょっと後回しになっていた。店には
そこそこの中古在庫があるし、すぐには売り切れないだろうという考えもあった。
2月初旬の価格は並品で36000円ほど。手元にあるkissデジタルXを手放すか、
でも買い取り価格は相当に安くなってしまったのでこのまま使うか、をなんとなく
検討していたのである。そうこうしていたら、ここ数日でなんと相場が下落した。

5千円近くも値落ちが進み、同じ並品が31,500円になっている 。これは嬉しい。
さすがにこれだけ落ちると回転も早くなるから、うかうかしてるとウィンドウから
すっかり姿を消してしまった、なんてことにもなりかねないのだ。性能を考えると
3万円で買えるのはコストパフォーマンスがとても高いと思う。動画もイケるし、
1800万画素もある。高感度にも強く、しかも軽い。文句の付けようがないのだ。

これ以外にも安くなったカメラがある。新品と知勇湖の価格差がほとんどなかった
NEX-7は2万円近く安くなった。中古だと新品同様が84,000円。これまた悩む
ことになりそうだが 、手元にやってきたNEX-5に活躍の場を与えたいので待ち。

いよいよ3月。新製品の発売もあるし、クルマと同じように春は大需要期である。
新しい機種が出てくれば、下取りでいろいろなカメラが入ってくる。それに伴う、
相場の変化のほうに興味がある。どのカメラがどのくらいの水準まで落ちるのか。
ということは即ち、常に財布と相談しなければならなくなる。それもまた楽しい。
b0016600_0471824.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-29 23:10 | 大森山動物園 | Comments(0)

ボーリング

27日はツアーが中止になってしまったので、のんびり過ごすことにした。夕方から
予定があったので横浜に出掛け、久々にボーリングをやることに 。最初に寄った、
横浜駅西口に近いところでは1時間待ちということだった。ボーリングといえば、
さほど待たずすぐできると思い込んでいたので、これは大いに意外である。見ると
中学生くらいと思われるグループがいくつか来ていた。卒業シーズンでもあるし、
皆で遊びに来ているのだろう。ちょうどこの年頃から高校にかけて、ボーリングを
よくやっていた。友人とサシで勝負し、連日投げていたことを思い出した。ただ、
さすがにそこまで待てないので関内まで移動することに。こちらはまだマシかなと
思っていたら、こちらも1時間待ちだった。仕方ないので、同じビルに入っている
カラオケ店でちょっと歌い、いよいよプレイ開始である。久々ではあるが、少しは
体が覚えていたようで、楽しく遊ぶことができた。2ゲームやってスコアは124と
128である。まぁこんなもんか。手軽にできるスポーツだし、またやってみたい。
b0016600_132733.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-28 23:55 | 大森山動物園 | Comments(0)

雑記

この土日、店はたいそうな賑わいであった。25日が土曜だったので、給料日となる
会社は前日の24日、金曜日に支給されている。このパターンは混雑を見せるのだ。
その中の1人というわけで、先日購入したレンズは24日の夜に届くよう指定した。
こんなふうに浪費ばかりしているので、いつまでたっても独身なのだろう。職場では
今年の目標を「結婚だ!」などと冗談半分に語ったのだが、これはたぶん冗談のまま
終わってしまう可能性が高い。買い取りも多く、スタッフの半分以上が査定してる、
なんていう光景もしばしばであった。さて、明日から連休だ。しかし夜から予定が。

午前中だけ写真撮りに行こうかとも思うが、きっと疲弊するので後ろ向きに検討中。
b0016600_2258681.jpg

AB− (kissD X/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2012-02-26 22:57 | 大森山動物園 | Comments(0)
今年4回目のツアー「山中湖からのダイヤモンド富士」を担当しました。平塚発が
午前10時20分。いつもよりやや遅めのスタートです。本厚木でお客様を乗せて、
東名高速から富士山に向かいました。車窓から時々見える富士山が、次第に大きく
なってきます。うっすらと傘雲がかかり、少し陰ってはいるものの美しい姿を確認
することができました。道路はさほど混雑もなく、ほぼ予定通りに最初の撮影地、
忍野八海に到着。雪の量が少なく、残念ながら忍野からの富士は雪景色というには
ちよっと厳しい状態です。それでも、雪を被った富士山は絵になるもの。ご参加の
皆さんは真剣にファインダーを覗き、シャッターを切っていました。ここで2時間
取れたので、忍野八海を眺めつつ富士山と絡めたりして撮影タイム。その後は再び
バスに揺られ、山中湖交流プラザきららへ。山中湖は一部が凍っていて、いつもの
風景とは全く違った雰囲気になっています。逆さ富士も狙うことができ、寒さなど
なんのその。ここが最も盛り上がったように思います。そして最終地はここから約
10分ほど離れた旅館、撫岳荘前の湖畔からダイヤモンド富士を狙います。これまで
比較的順調に撮影できていましたが、予報通り雲が出てきて光芒が撮れず。ちょっと
残念な結果に終わりました。別の出発地からも同じ会社のツアーが来ていたために、
湖畔からは一時100人ほどが富士山を狙っていましたさすがに人気の被写体です。
これで行程はすべて終了。バスで高速を走り、本厚木→平塚と回って終了しました。

今回は初参加というお客様が想像していたよりも多く、たいへん有り難かったです。
少しずつですが、平塚のツアーが浸透してきたことを感じました。次回は花鳥園!!
b0016600_2238527.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-21 22:38 | 大森山動物園 | Comments(0)

価格差40万円

シグマといえば、まず思い浮かぶのがレンズメーカーとしての存在だ。かつては、
安く買えるがさほど評判は良くなかった。お年玉を抱えてヨドバシカメラに行き、
28mmf2.8を購入したことを思い出す。雑誌には、手でレンズを持った広告がよく
載っていて、イオタとかカッパーとかのネーミングが冠せられていた。ここ数年は
解像度の高さなどにより、大きな人気を集めているのは知られるところだと思う。

で、このシグマはデジタルカメラも製造している。フラッグシップとなるSD1は、
なんと4000万画素を誇る。発売当初は70万円近くもしたのだが、外観からでは
その高さをイメージさせるようなオーラが皆無であり、つまり残念な感じだった。
しばらく時間が経過すると、さすがにコンスタントに売れるというわけではない。
価格も次第に下がってきて、現在の新品価格は56万8000円である。ところが、
これが中古になるとどうなるか。新品同様で16万8000円という驚きの水準だ。
価格差は実に40万円だ。ここまで値落ち率が高いカメラは、なかなか例がない。
つまり中古で買う方が断然お買い得ということだ。ただ、流通量は極端に少ない。

こんなことを知るとさすがに悩みそうだ。相場は面白いが、時にとても酷である。
b0016600_2359487.jpg

(kissD X/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2012-02-09 22:24 | 大森山動物園 | Comments(2)

CP+前夜

明日からCP+が始まる。もともとは日本カメラショーというイベントで、開催地は
日本橋高島屋だった。用品ショーは、科学技術館での開催 。カメラと用品が別々の
場所で開かれていたのである。それがいつしか統合され、今年は横浜で行われる。
モーターショーもそうだが、こうした「お祭り」の直前には新商品の発表がある。
今年は昨年出せなかったモデルも含まれるため、まさにラッシュ状態。各メーカー
自慢の機種が、「高画質」というキーワードを軒並み下げて、登場してくるのだ。

ニコンはD4に加え、D800とD800Eが揃ってお披露目となりそう。インパクトの
ある3630万画素というスペックはさすがといえるものだ。EOS1DXのデビューを
控えるキヤノンからは、コンパクトタイプのG1Xが登場。何だか意味深な名前だ。
レンズでは24-70mmf2.8Lの後継型が発表された。これまた素晴らしい性能だが
個人的にはこれで従来モデルの中古がさらに安くなる、ことのほうが嬉しく思う。
オリンパスはOMのコンセプトを受け継いだというOM-D E-M5を発表。ここまで
意識するのなら、いっそのことマウントも潔くOMにすれば良かったのに、という
ナンセンスな感想を抱いた。5という数字を使ったのは心憎いのだが、スタイルを
見た第一印象はペンタックスMZ-3であった。正直なところ好みではない。残念。
しかし、もっとすごいのはペンタックスK-01である。これを見て最初にイメージ
したのは、かつて日産が出していたNXクーペというクルマだった。ちょっと先取り
し過ぎたのではないかと思う、良い言い方をすれば。というわけで、話題になるが
どうも興味をソソられるものもがない。新製品のリリースが目に入ると、カメラに
対する興味がどんどん薄くなっていくような気がしてならないのだ。なぜだろう。
b0016600_2330145.jpg

(kissD X/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2012-02-08 23:29 | 大森山動物園 | Comments(0)

小さな発見

ふと売場を眺めたら、EF100-400mmf4.5-5.6L IS USMの新品同様中古が並んで
いるのに気付いた。このレンズはかなり市場に出回っているはずなのだが、意外と
中古の出物が少ないように思う。発売から13年が経過しているが、根強い人気を
誇っているし、実際所有している。購入したときは5段階評価で4程度の中古品を
選んだ。この頃の新品同様品は126,000円だったと記憶している。で、現在では
これが115,500円になっていた。つまり10,500円値落ちしているのだ。現行の
レンズでは新品と中古の価格差が大きい1本であり、つまりは買い得なのである。
だがその裏では、買い取り価格の相場も落ちている。売り手からすれば残念かも。

これとは別に、100-400mmの前モデル、100-300mmf5.6Lのほうは、なんと
5段階評価で3くらいのものが12,600円→19,950円になっていた。つまりは、
7,350円も値上がりしたことになる。これは即ち、買い取り価格も上がっている。
数年前に中古でこのレンズの美品を買っていれば、評価が変わらなければ購入した
金額に近い価格で売ることが可能になる。相場は様々な理由で動くものだが、時に
こういう逆転現象が起きることがある。たまに見つけると興味深く、実に面白い。
b0016600_232439100.jpg

(kissD X/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-07 23:23 | 大森山動物園 | Comments(0)

有り難いミラーレス

ミラーレスカメラで撮影して最も便利だったのは、肉眼で撮影できることである。

もともと視力がとても弱い。ここ数年でかなり落ちてしまい、0.1あるかないか、
というレベルである。当然ながら、眼鏡を使用しないと世界はすべてピンボケだ。
ところが、このメガネがなかなか厄介。長時間使っていると頭が痛くなってくる。
かなり前からこの症状が出るので、仕事で使うわけにはいかない。クルマに乗る、
誰かと待ち合わせをする、映像を見る、こんな時くらいしか使わないことになる。
写真を撮る際も裸眼である。だがそれだと見えないので、視度補正レンズが頼り。
カメラに内臓されている度に加え、マイナス4を使うことになる。こんな状態でも
マニュアルでピント合わせをするほうが正確だと考えているのだから、物好きだ。

手元にあるE-P1はファインダー対応していない。従って、ピント合わせはすべて
モニターで行うことになる。この場合は距離が近いので、視度補正などを使わずに
見た目で判断することが可能なのだ。使い始めた頃は気にも留めていなかったが、
実はこれ、かなり有り難いことだろう。ちょっぴり切ない話、だとは思うけれど。
b0016600_0204079.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-06 23:22 | 大森山動物園 | Comments(0)

仮更新

帰宅が遅くなりそうなので、取り急ぎ携帯から。

帰ってきました。とりあえず写真を載せます。ちょっといいことがありました。
b0016600_051459.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-05 22:16 | 大森山動物園 | Comments(0)

氷河ペンギン

ペンギンである。いつも出掛けている動物園で普通に見られるし、優先順位はかなり
低いつもりだったのだが、シチュエーションを見て考えが変わった。水の中を泳ぐ、
これを見られるのは同じだが、大きく異なる点がある。なんと水が凍っていたのだ。
ぷかぷかペンギンが浮かんで(=泳いで)いると 、水位が少し上まで上がってくる。
これが氷になっていた。お客さんのイメージでは「氷河の中を泳いでいる」である。
これは他の動物園ではまず出会えない状況だ。とても面白かった。数人で並びつつ、
カメラを向けてみる。識別リングを画面に入れずに撮るのはなかなか難しかったが、
意外性のあるカットになったように思う。お客さんも満足そうだった。時間を変えて
再び同じ場所に来てみたら、気温の上昇とともに氷は溶け、ただの水になっていた。

先日の東京タワーで使った5Dには、オートニッコールやズイコーといった、かなり
古いMFレンズを装着してみた。これがとても好みに合っていて、実に満足だった。
もともと50mmという画角が好きなこともあるが、使っていてとても楽しいのだ。
いつもは超望遠ばかり使っているが 、たまに広い視野で世界を見ると新鮮である。
b0016600_2322377.jpg

(kissD X/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2012-02-04 23:21 | 大森山動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31