カテゴリ:上野動物園( 682 )

発売即遅れ

発売日が決まり、盛り上がってきたニコンD850。
前評判も良く、ユーザーの期待も高まっている。
まだ発売される前だが、問い合わせも多くなってきた。

ところが、ニコンのHPには「注文が予想を超えている」というアナウンスが出た。
今から予約しても、発売日に手に入れられる可能性が低くなっているようだ。
どうも最近は、カメラに限らずこういう展開が多いような気がする。
安い買い物ではないのだし、そういうワクワクはきちんと体験できるようにしてほしい。
b0016600_21275980.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-08-30 21:28 | 上野動物園 | Comments(0)

ドック入り

人間ドックを受けてきました。
毎年行っているクリニックなので、勝手はもう解っています。
受付を済ませて着替えて、様々な検査が進んでいきます。
腹回りがなんと、4cmも下がりました。ただ、身長もです。
去年あたりから感じているのですが、どうも縮んでいるようで。

視力も僅かではありますが、やや回復しました。
といってもこれは、たぶん偶然に「当たった」ようなものだけど。
エコーではまだ腎臓に石があると言われました。これも毎年のこと。
尿管結石を3度やっていて、前回から割と年数が経過しているので、
そろそろではないかと思っています。で、こちらから聞くんですね。
そうすると、明確に答えてもらえます。小さいまま自然と出て行けば
問題はないので、水分を多めに摂る習慣はまだまだ続きそうです。

と。ここまでは良かったのですが。
内科の先生の触診で、受付時に提出した検査の結果が出ていました。
これが。。。悪い。芳しくない数値でした。結局はまたしても病院です。
昨年末から通い始めましたが、バタバタしていて行くに行けなくなり、
そのままになっています。とはいえ、行きづらいなぁ。。。
その後はレントゲンとバリウムで終了しました。

すぐに帰ればいいのに、それから等々力渓谷に行って撮影。
当然、腹痛との戦いになってしまいました。
まぁとりあえず、目的は達成できたのでよしとしましょう。
b0016600_2039338.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-08-28 20:39 | 上野動物園 | Comments(0)

ゲジゲジしっぽ

これまで、小さな動物でも大きく撮ろうと思っていた。
そのため、マクロレンズを使ってガラスにぴったり寄せたことも
あった。割と近距離から中望遠ズームを使用したこともある。
だが今回は、なぜかまず引いてみようと考えた。
すると、いつものは見えていなかったところが目に入ってきた。

メガネザルの特徴は、まずはその大きな瞳だろう。
とても美しく、愛嬌がある。
これは今までにも何度か狙ったことがあるので、やはり強調したい。
しかし、それ以上に興味深かったのは尻尾であった。

思っていたより長かったのである。しかも、その形状が面白い。
まるでゲジケジのようである。
この尻尾が単独で生きているかのような、そんな印象があった。
そんなことをこちらが考えているとは思っていなかったようで、
メガネザルはちょっと警戒しているような、でもなかなか愛らしい
瞳でこちらをずっと眺めていた。新しい発見がある、楽しい時間だ。
b0016600_0182198.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-08-18 23:44 | 上野動物園 | Comments(0)

クリクリヨザル

毎年行ってるし、「今年はちょっと違う行動をしよう。」と思うけど、
結局はここに寄り、そしてそのまま出られなくなる場所がある。
上野動物園西園、小獣館である。
夜間開園の日は、いつもは真っ暗な闇の世界に明かりが点る。
午後7時になると、館内だけでなく展示施設も明るくなるのだ。
通い始めた2004年あたりでは、これが殆ど知られていなかった。
同じく知らなかったのだが、暗闇の世界が明るくなっていたので、
とても驚いた。ふだんなら絶対撮れない、姿すら見ることのない動物が
目の前にいて、しかも写真も撮れる。これは実に感動的だった。

それから長いこと年月が経過して、いまではこの「明るくなる暗闇」が
もう大人気の様相なのである。一時は人がいっぱいで、通路が塞がった。
人気のあるメガネザルやマヌルネコのところは、なかなか近寄れない。
そんな時でも、姿をなかなか見せてくれないのが「ヨザル」である。
これまで何度か撮影したことはあるのだが、けっこう動いているので
なかなか捉えることが難しい。そして、はっきり見えないことが災いし、
立ち止まってじっくり眺めているお客さんも少なめなのだった。

よく見ると、実に愛嬌のある表情をしているのだけど。
クリクリの大きな瞳は、とても魅力的だ。

なんとか形にしたいと思っていたので、しばらく様子を見ていた。
すると、岩場の影からちょっとだけ顔を覗かせてくれたのである。
ううむ。何かに似ていると思うのだけど、さっぱり思い浮かばない。
でも、今年は昨日のアメリカバクなど、けっこういいシーンがあった。
雨は降っていたけど、それなり以上にラッキーな時間だった。
b0016600_22502884.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-08-17 22:50 | 上野動物園 | Comments(0)

バク、喜ぶ。

上野動物園のバードケージから外に出てみたら、雨が降っていた。
けっこう雨粒も大きいし、これは確実に濡れてしまうだろう。
雨はそうでもないが、傘は嫌いなので当然持ってきていない。
さてどうするかと考えていたら、元気な声が聞こえてきた。

「雨が降っていますが、バクは喜んでいます ! ! 」

なんと、アメリカバクが泳いでいた。声の主は飼育係さん。
以前カピバラやラマと同居していた頃は、とても地味な印象だった。
写真を撮るとなかなか面白い表情を見せてくれるのだが、小さなプールは
カピバラが入っていることが多く、泳ぐところなど見たことがなかった。
それが、目の前で泳いでいる。これはもうビックリだった。
場所が移動してスペースは広くなったけど、見る機会は減っていた。
それがとても申し訳なく感じるほど、楽しそうにしていたのである。
やがて、もう1頭も入ってきた。とても貴重な、初めて見るシーン。
我を忘れてシャッターを押していた。

やっぱり雨の動物園は何かある。それをあらためて知る機会だった。
b0016600_2236712.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-08-16 22:36 | 上野動物園 | Comments(0)

ストロボ直撃

毎年行っている上野動物園の夏イベント。今年も出掛けてきました。
真夏の夜の動物園2017。開園時間が20時まで伸びます。
時折雨が強く降るなど、真夏とはちょっと異なる感じでしたが、
けっこうな蒸し暑さでしたね。撮影仲間と楽しく過ごしてきました。

曇り空の影響もあり、午後4時の時点で空はかなり暗かったですね。
トラは3年連続で、訪れた時間帯に水の中に入りました。
これはなかなか興味深いものがあります。生活リズムなんでしょうか。
今回もタムロン18-400mmを使いました。とても便利なので、いつもは
撮らないようなものにもカメラを向ける気になります。肩の力が抜けて、
気楽に撮れるのもいいですね。午後7時から明かりの入った小獣館は、
とんでもない混雑になりまして、道がふさがってしまうほどでした。

マヌルネコはとても人気が高く、地下には新しく公開になった1頭がいて
たくさんのカメラ、スマホが向けられていました。突然2回フラッシュが
瞬いて、マヌルネコに光が当たり、そのあとにはAF補助光が目元に照射
されてしまいました。これをファインダー越しに見ることになりまして、
直後に見せた不快そうな表情が印象に残っています。このあと、客席側に
背を向けてしまいました。スタッフらしき人がフラッシュを使わないよう
声を出していましたが、さすがに気の毒なシーンでした。困ったものです。
b0016600_944274.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-08-14 23:57 | 上野動物園 | Comments(0)

今日もペンギン

まだまだ続くペンギンシリーズ。
しかし、ここまでペンギンばかりというのも珍しい。

どうも腰の調子が悪いので、湿布貼って寝ることにします。
b0016600_21444915.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mm F4.5L)
by keiji_takayama | 2017-06-03 21:44 | 上野動物園 | Comments(0)

連日ペンギン

さて、本日もペンギンの写真である。
先日の上野で撮った写真がいくつかあるので、なんとか助かった。
といっても、そのほとんどはペンギンだったのである。

お客さんはみなさん立ってペンギンを眺めていたのだが、その横で
立ち上がったりしゃがんだりしていた。すべて背景を決めるため。
そのまま撮ると人の姿がボケとなって写り込んでしまう。
服の色によって、全く意味がなくなってしまうので要注意なのだ。
こういうところにはとても神経を使う。とにかく緑にしたかった。
通り過ぎる人が一瞬途絶えるタイミング、ペンギンが何かしている、
この2つが揃うところで狙いを定めていた。そして、識別タグだ。
これは絶対に入れたくないので、角度にも注意する必要がある。
こんなことに拘っているので、そうそうカットも増やせない。

そして、ストック切れがまたすぐそこまで迫っている。
結局のところは今年も、暑くなるとこれの繰り返しになるようだ。
b0016600_23365864.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mm F4.5L)
by keiji_takayama | 2017-06-02 23:37 | 上野動物園 | Comments(0)

ゆで落花生ブーム

先日、海ほたるで買ってきた千葉土産のゆで落花生。
3袋買ってきたのに、食べ始めたら止まらなくなってしまった。
その日のうちになくなってしまい、1週間後に再び訪れたときには
6袋買おうと準備していた。しかし、なんと売り切れていた。
こんなことは全く想定していなかったので、どこの会社のなんという
商品だったか、まるで覚えていなかった。しかし、現代はネットで
どうにでもなる。そう思ったので、いろいろ調べてみることにした。

ところが、どうしても見つからない。なんとなくパッケージには
記憶があったのだが、同じものがまるで見つからなかった。
ただし、そこまで拘らないのであれば、探し出すのは難しくない。
別の会社の「千葉のかほり」がイメージに近かったので、ひとまず
5袋注文した。それが届いたのである。丁寧に梱包してあり、加えて
ゆで落花生の作り方が書かれているチラシも入っていた。それを
眺めながらまず1袋。これがいけなかった。止まらなくなりそうだ。
なんとかここは歯止めをかけたものの、出掛けるわけもなく部屋で
過ごしていたから、何かのきっかけがあるとすぐに食べたくなった。

結局、なんとか3袋に留めたのだが、残り2つもすぐになくなりそう。
とにかく美味しい。袋を切ったときに広がる香りがたまらないのだ。

このパターンだと、しばらくハマりそうである。健康にもいいというが
食べ過ぎは禁物らしい。仕事帰りのささやかな楽しみになりそうである。
b0016600_23312142.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mm F4.5L)
by keiji_takayama | 2017-06-01 23:31 | 上野動物園 | Comments(0)

無事車検完了

29日に依頼していた車検が完了しました。
今回で3度目。いつもは特に必要がない限り、整備は行いません。
ディーラーでは、先日指摘されたエンジン修理の必要があります。
以前書きましたが、これがなんと18万円なので、とてもじゃないけど
頼むような状況ではありませんでした。これも様々なケースがあり、
そこまで厳しくしなくても、普通は通るようです。ディーラーでは
そういうわけにもいかないので、ということでした。そんなわけで、
仲良くしたいので点検はすべてお願いしていますが、車検は別です。

しかし、ハイビームのバルブ切れとブレーキオイルの汚れがあり、
それを交換することになりまして、いつもより少し高くなりました。
それでも、かなり安いことには変わりありません。ホッと一安心です。
ついでに、先日の見積もりを精査してもらい、ほぼ的確な見積もりと
いう答えを得ました。これはディーラーに頼むことにしています。

これでまた2年、頑張って走ってくれるでしょう。
クルマの状態は悪くないそうで、まだまだ活躍してくれそうです。

で、車検というと他のクルマがそこそこ気になることもあります。
乗っているのが98年式なので、それでもいくらかは進むのですが、
BMW6シリーズとアウディA5の、ともに初期モデルがほぼ同じ相場
だということを知り、ちょっとグラグラしました。とはいえ、もとは
高額なクルマが安いのには当然理由があります。すんなり諦めました。

そして帰り道。
気のせいでしょうが、クルマが元気になったような気がしました。
今年はATオイルも交換しているので、それも理由だと思います。
でも、そう感じられるようになって、ますます愛着が増しました。
b0016600_22551428.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mm F4.5L)
by keiji_takayama | 2017-05-31 22:55 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama