カテゴリ:天王寺動物園( 142 )

残念でした

そんなわけでツアーでした。阿寺渓谷と赤沢自然休養林で紅葉風景などを撮ろう、
という内容です。とはいえ、ちょっと距離が遠くてバスに乗っている時間が長く、
実際に撮影できた時間がとても短くなってしまいました。紅葉はそこそこ進んで、
探せば撮れる状況ではありましたが、撮影ツアーと呼ぶには物足りなさもあって、
課題を残す結果になりました。どちらか1つにして滞在時間を長くしたほうが良い
というご意見もいただきまして、来年もこのコースを企画するなら検討する必要が
あると感じています。現地の紅葉がとても見事だっただけに、残念な結果でした。

先日の尾瀬もそうだけど、ゆっくり滞在してじっくり撮りたい場所の1つですね。
b0016600_231933.jpg

(30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2012-10-26 23:19 | 天王寺動物園 | Comments(2)

久々の撮影会

多摩動物公園で撮影会でした。現地集合タイプは久しぶりです。前日の天気予報は
雨でして、またしても雨男伝説ず続いたわけです。途中ちょこちょこ降ったものの
全体の工程で考えるとさほど大きな影響はなく、3時間という短い時間だった割に
撮れたシーンも多かったように感じます。聞いた話ですが、秋の遠足などで団体が
40も来ることになっていたそうです 。これとかち合うのは得策ではないと思い、
まずは全員でシャトルバスに乗ってユキヒョウのところに行き、そこから撮りつつ
戻ってくるという内容にしました。いつもの大きな望遠ではなくて、ツアーで使う
タムロン18-270mmを使用。いつものようにはいかないけれど、思っていたより
楽しんで撮ることができました。お客様も熱心に撮影し、様々なご質問が飛び交い
活発な場になったのではないかと思います。来月には講評会も予定していますし、
どんな写真が出てくるのか楽しみなのです。ここのところバスツアーばかりですが
こういう現地タイプも設定の機会を増やしたいですね。定期的に開催できるよう、
プッシュしていきたいです。そうすれば、動物園に行く機会も増えるかな・・・。

ちなみに今回の写真は、ツアーですので「おさんぽ写真館」に掲載する予定です。
b0016600_17132119.jpg

(30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2012-10-23 17:14 | 天王寺動物園 | Comments(0)

1度も行かず

9月も下旬になってしまった。実は今月、まだ1度も動物園には出掛けていない。
次の休みは予定しているのだが、どうも天気予報が良くない。雨らしいのである。
まぁ強行突破して撮影に行くのは簡単なんだけど、雨用の機材が以前ほど充実して
いないこともあり、やや二の足を踏んでいるところがある。明日には決めないと。

キヤノンEOSのミラーレスがいよいよ発売になる 。まずはWズームキットから。
さほど盛り上がらないのではないかという予想をしているのだが、どうなるかな。
b0016600_024834.jpg

by keiji_takayama | 2012-09-28 23:56 | 天王寺動物園 | Comments(0)

水害とニコン

タイの大水害による、日本企業の打撃が伝えられている。これは当然、工場をもつ
カメラメーカーも該当する。聞いた話によれば、ソニーとニコンの被害が大きい。

ソニーは発売されたばかりのα77がタイ生産なので、年内の出荷にかなり影響が
出そうだ。ニコンは先日メーカーがリリースを出している。それによれば、工場の
すべての建物において、1階部分が浸水しているという。これで10月6日から、
操業を停止しているそうだ。現在は被害の詳細を確認している段階であり、復旧の
時期も未定らしい。つまりは年末にかけて、製品の供給が滞る可能性が高まった。

ではタイ製はどれか 。これは量販店などで展示品の製造国を見ればすぐわかる。
ボディがD300S、D7000、D5100など 。レンズではDXの16-85 、18-200 、
そして24-120、28-300、70-300あたりがこれに該当した。いずれも中心的
役割を果たす人気のレンズであり、これはユーザーにとっても厳しくなりそうだ。
b0016600_23112970.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-17 23:09 | 天王寺動物園 | Comments(0)

手作りレンズフード

長野・八千穂高原に行って来ました。午前8時に神奈川県平塚市を出発、中央高速も
ほぼ順調に流れていたので昼前には到着です。バスの中では今回のシリーズテーマと
現地での撮影についてレクチャーを行いました。まずは白駒池。このコースは6月も
担当したのですが、池に向かうまでの道が苔むした木々の林になっていて、かなりの
好印象を持っていた場所。またしても、その素晴らしさを楽しむことができました。
紅葉のピークは過ぎているという話を聞いていたのですが、それでも、池の周囲では
色付きの風景を堪能することができ、今年初の紅葉を眺めて撮ることができました。
ここを出発したら、少し離れた八千穂高原自然園にて撮影。こちらでも素敵な紅葉を
撮影することができました。前回のときは雨が降っていて、それはそれで風情があり
楽しめたのですが、紅葉となると鮮やかさが違います。想像以上に圧倒されました。

途中、お客様から手作りレンズフードをいただきました。キルティングの端をゴムで
丸くしたもので、雨よけとしても使えます。持っていた30Dとタムロンレンズに装着
してみたら、なんとジャストフィット。そのまますっぽり隠れてしまいます 。これは
今後もツアーで大活躍しそう。とても有り難い機材となりました。ちなみに、16日も
このコースに同行する予定です。あと3日、なんとかこのまま保ってほしいですね。
b0016600_23494078.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-13 23:48 | 天王寺動物園 | Comments(2)

60倍

先日、ツアーの帰りに中古カメラ店に寄ってみた。高校生の頃から、中古のカメラを
店で眺めるのが好きなのだ。じっと目を凝らして掘り出し物を探す。ああだこうだ、
持ちもしないのに想像を膨らますのである。そこで、ちょっと妙な値札を目にした。
一昔前の、黒いレンズケースである。一時期は各メーカー揃ってこれだったのだが、
とにかくでかくて嵩張るので、次第にレンズポーチへと変わっていった。レンズには
こういうケースが標準で付いている場合があり、中古店によってはこれだけを別個に
販売している。ちなみにウチの店もそう。¥30にて店頭に並べている。この安さだし
通りがかりのお客さんがレンズケースとは別の目的で購入していくことも多いのだ。

以前からこの価格は凄いと思っていた。「これ間違ってないよね」「いいのこれ」と
問い合わせながら購入していくお客さんもいるし、あればあるだけまとめ買いされる
こともしばしばである。カメラ店で¥30で物が買えるとは思いにくいこともあるが。
で、立ち寄った店で付いていたプライスには¥1,800の数字が書かれていた。ウチと
大きく異なるのは、きちんとプライスタグが付けられていたことだ。この手間賃が、
加算されているのではないかと思った。なんと60倍の価格だったのだ。高い安いは
買う人の判断だけど、ここで買ったお客さんがもしウチで同じ商品を見たとしたら、
きっと仰天して驚くだろう。電車賃を差し引いても十分にお釣りが来る。店によって
中古品の評価が大きく異なるために、こういう現象が生まれるのだ。興味深かった。
b0016600_10173985.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-09 10:03 | 天王寺動物園 | Comments(0)

谷中写真市場

先日ここでもちらっと書きましたが、谷中芸工展がスタート。それに参加した写真の
フリーマーケットに出展するため、朝から出掛けました。写真を入れる袋をなかなか
揃えることができず、浅草橋の大きな文房具店で購入。寄り道したのでちよい遅れで
スタートすることになりました。あれもこれもと欲張ったので、とてつもない重さに
なってしまう始末。到着するまでにヘトヘトになりましたが、シートに多くの写真を
並べてみると、なかなかの風景になりますね。これらの写真は、以前写真展を行った
残りをそのまま出しています。従って、汚れたりキズが付いたりしています。いわば
写真の中古品。そんな理由から、格安での値付けになりました。通りすがりに寄って
そのまま購入してくださったお客さんがいらしたり、ここのブログに書かれた記事を
ご覧になったという皆さまも。開催場所もロクに書いていないというかなり情けない
展開でしたが、多数連れ帰ってくださり嬉しかったです。ありがとうございました。

この写真市場は数年前から谷中で開催しておりまして、ちょくちょく出展してます。
今年は3月にも予定しておりましたが、震災で中止となり、その後は日程が合わず。
ようやくの機会となりました。それにしても、写真は重いですね。いろんな意味で。
そんなことを実感して帰ってきました。今後の参加は未定ですが、このような時間を
持てることはとても有意義だし楽しいので、また方法を考えて続けていく予定です。

持ち帰った写真は、部屋にいくつか飾ることにしました。ここでも写真展できそう。
b0016600_10154222.jpg

AB+ (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-08 20:50 | 天王寺動物園 | Comments(0)

スマホ

スマートフォンがバカ売れという話をよく聞く。電車の中を眺めてみると、確かに
画面をビュンビュン指でなぞっている人が増えたように思う。実は7月に購入して
持ってはいるのだが、どうもうまく使いこなせていない。というか使っていない。
もともと、あの大きな端末を持って話をする、というイメージが全く掴めなくて、
電話回線の契約はしなかった。要は持ち歩きのできるミニパソコンとして使おう、
そんな考えから購入したのだった。管理しているブログとか入っているサイトを、
大きな画面で見られるのは便利だと思った。ところが、だったのだ。電池の持ちが
とにかくすこぶる悪い。何もしなくても、1日で半分以上なくなってしまうのだ。
そして意外と見づらい。で、結局は操作性の良いこれまでの携帯を使ってしまう。

そう、つまりは完全なるムダに終わっている。このままだとさすがにマズイので、
有効な使い道を見つけないといけない。このパターン、けっこう多い気がするな。

10月に入って、写真のストックがいよいよ減ってきた 。お茶濁しまで残り僅か。
b0016600_759722.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-10-01 07:58 | 天王寺動物園 | Comments(0)

噂話

中古カメラ店で働いていると、お客さんから様々な質問を受ける。販売・買取価格は
もちろんだが、カメラの操作方法やサービスセンターの場所を聞かれることもある。
そのなかで多いのが「D700の後継はいつ出るのか」というものだ。ネットなどでは
かなり噂になっているようで、それを持ち出しつつ問い合わせを受けることも多い。
とはいえ、販売店のスタッフがネットの噂を肯定するわけにはいかない。もし誰かが
これを認めたなら、「どこそこの店の○○がこう言っていたぞ」ということになる。
この情報がタレ流されて一人歩きをすると、もう収拾がつかなくなる。ここ最近では
残念ながらそういう世の中になってしまった。不確定なことは何一つ口に出せない。

カメラが常に進化している以上、後継機がいずれ出るのは当たり前の話だと考える。
それがいつか、を議論しても意味がない。例えばD700だって、発売からそこそこの
時間が経過しているが、性能的には十分なものを持っている。新しいモデルとの差が
あるとして、そこを絶対的に必要としなければいけない理由があるならまだいいが、
そんなに明確には持ち合わせていないユーザーのほうが、多いのではないだろうか。

まぁこんな話はともかくとして、確かにD700は以前と比べると買いやすくなった。
新品は16万1800円、中古の新品同様品は14万1750円だ。新品と中古との差が
そこそこ開いてきた。使用感が大きいと10万5000円で買える。キヤノンEOS5Dと
大差がなくなってきたのだ。ここまで落ちてくると、それはそれなりに悩みの種だ。
b0016600_7441046.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-09-30 07:42 | 天王寺動物園 | Comments(0)

第2弾

昨日は撮影ツアーでした。「初秋の風物詩を上手に撮ろう!!」の第2弾。横浜から
出発のコースです。彼岸花・滝・ススキの撮影は前回と変わりませんが、台風により
彼岸花の状況が芳しくなかったため、滝を1つ追加した内容になりました。富士山は
相変わらず姿を見せてくれません。ドライバーさんの話だと、先日の台風以来、まだ
クリアーには見えていないそうです。途中でちょっと雲が取れそうな雰囲気もあり、
期待できる?なシーンもありましたが、結局は見えずに終わってしまい残念でした。

滝のほうも22日と基本的に状態は同じ。滝見橋に降りることはできませんでした。
一方、音止めの滝は澄んだ水に戻っていて、ひんやりとした雰囲気も感じ取れます。
今回はこれに加えて、田貫湖の近くにある陣馬の滝にも寄ってみました。実はここが
ベストスポットだったように思います。滝との距離が近いし、水も澄んでいて写真を
撮りやすかったです。紅葉の時期には素晴らしい風景を見せてくれそうです。そして
十里木高原へ。ススキが揺れるなか、逆光を利用して初秋の雰囲気を撮影しました。

連休最後ということで、上り高速道路は渋滞していました。しかし予想していたほど
ひどくはなかったので、意外とスンナリ到着。明日またこのコースに乗ってきます。
b0016600_109555.jpg

AB (7D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2011-09-26 10:08 | 天王寺動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31