2017年 11月 10日 ( 1 )

戦略練り中

頸椎椎間板ヘルニアのその後。

10月31日に診察を受け、ステロイド剤を飲み始めた。
当たり前の話だが、医者の見立てはやはり正確であり、効果が現れた。
首をちょっと回すだけで腕に痺れが出たのだが、そうでもなくなった。
基本的な日常生活では、あまり気にすることがなくなったのである。
といっても、単にステロイドで押さえているだけ、ということだけど。
強制的に首を捻ると、ああやっぱり、という感想しか生まれてこない。
それでも、かなり楽になった。

しかし、体勢によってはじわりじわりと腕が痺れてくる。
これはもう、クスリではどうにもならないらしい。
これから長い付き合いになりそうだ。喘息と同じで、困ったものである。

とまあここまではいいのだが、ちょっと別な不具合が生じてきた。
それは、両腕の肘。どういうわけか、とても調子が悪いのである。
こちらは左の方が悪い。プロ野球選手の「肘痛」は、これをもっと悪く
したものなんだろうなと、妙に納得できるほどである。とりあえずは
湿布をして寝ているのだけど、改善しているのかそうでないのか、
その判断さえ出来ない状況である。次の診察日に相談してみるか。

あまりこれが続くと、重いレンズが持てなくなる。さすがに厳しい。

頭を付けてじっとしているように見えて、実はこのあとどう動くかと
戦略を練っている感じ。大相撲でもこういうシーン、ありますよね。
b0016600_23531052.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-11-10 23:53 | 山古志闘牛場 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama