2017年 06月 08日 ( 1 )

大きな忘れもの

お恥ずかしい話を1つ。
今回の盛岡行きは、荷物が大きく分けて4つあった。
キャリアカート、カメラバッグ、レンズケース、小型バッグである。
子供の頃から、こういう時には「いち、に、さん、よん」と覚えて、
注意して確認しなさい、と教わってきた。それを未だに行っている。
で、いつものようにやっていたので、まさかと思っていたのだが。

盛岡までは新幹線、現地での移動はカーシェアリングを利用した。
まず向かったのは盛岡市動物公園。割とすぐに到着して、レンズと
カメラバッグを取り出そうとしたら、なんとレンズがない。
荷物は3つしか載っていなかったのである。
これはえらいことになったと思い、おそらくはカーシェアリングの
パーキングに置きっ放しにしていると思われた。すぐに戻ることに。
ところが、運転しながらそれは違うのではないかという疑惑が出てきた。
なぜなら、そこまで持って歩いた記憶が全く出てこなかったからだ。
そして、必死にそれまでの行動を辿ってみる。
すると、新幹線の改札を出たあと、確認のためにその場に荷物を置いて
プリントを見たことを思い出した。なんと、盛岡駅改札脇に忘れたのだ。

カーシェアのパーキングに着いて確認した。予想通り、そこにはない。
続いて電話をした。JRの忘れ物センターである。
こちらにはまだ報告が届いていないという返答だったが、時間が比較的
短いので、まだ連絡が来ていない可能性があるという。そこで盛岡駅の
担当番号を教えてもらうことができた。結果的にはこれで助かった。
すぐに連絡してみると、「届いていない」という。
ほぼ確信があったので、場所を伝えて見てもらえないかと依頼したところ、
しばらくして発見、確保という連絡が入った。約1時間も、そのまま放置
されていたことになる。これで一安心。しかし、レンズを忘れるとは。
手放しでは喜べない事態だった。
そこから再び動物公園に戻って撮影開始。
しかし、今回このレンズはほとんど活躍してくれなかった。当たり前か。
b0016600_6551253.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mm F4.5L)
by keiji_takayama | 2017-06-08 06:55 | 盛岡市動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama