2017年 05月 08日 ( 1 )

肘痛

最初に感じたのは、2月だったと思う。
600mmなどキヤノン一式を持って、多摩動物公園に出掛けた。
レンズ単体で6kg。ほかにカメラ2台、ズーム1本を持ち歩いた。
これがいつものスタイルなので、特に気にしていたわけではない。
ところが、右の肘に違和感があった。要は痛んだのである。
といっても、寝れば治ると思っていた。これもいつものことだ。
それなりに重量のある機材を持って歩くのだし、加齢によって体力も
落ちているだろうから、ガタがくるのは仕方ないと感じていた。

そのうち元通りになるだろう。そう思って3か月が過ぎたのだが、
どうにもこうにも、戻らないのである。何かの拍子にズキッと痛む。
手で触るとあからさまに痛む。ふとしたはずみで肘を何かに当てると、
もうそれはそれは大変なことになってしまう。気を使わざるを得ない。
一時は痛みがそこそこ引いたこともあったのだが、ここ数日でまた
悪い意味で戻った感じである。こんなことは初めてなので、さすがに
ちょっと困ったことになった。ひとまず帰って湿布を貼っている。

機材運びの体力にはそこそこ自信がある。
というか、使いたいレンズの重量があるのだから仕方がない。
それをリスクとして考えても、それで撮るという考えが優先する。
重いということを理由にはしたくないのだが、激痛に負けて落とす、
なんてことになったらシャレにはならないので、しばし様子見か。

オリンパスの300mmを購入したのは、間違いではなかったようだ。
ちょっと皮肉にも感じるけど。
b0016600_7344574.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO)
by keiji_takayama | 2017-05-08 07:35 | 王子動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama