2017年 05月 05日 ( 1 )

一昨年の3月、店のFacebookページで始まった機材レビュー記事。
これを担当し、いろいろなレンズを使った記事を書いてきましたが、
なんと連載50回になりました。魅力のある製品が続々と登場する、
そんな市場の影響もありますね。すべてを網羅することができずに、
ちょっと残念な面もあります。失敗もあるわけで、ここまで続くとは
正直なところ思っていなかったのでビックリ。50回目はこれでした。

シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

超望遠400mmまでをカバーします。今年のCP+でも展示されたので、
実際に触れたという方もいらっしゃるでしょう。Contemporaryらしく、
小型軽量、使いやすさをウリにしています 。三脚座のない、シンプルな
スタイルもポイントでしょう。当初あまり良いイメージを持っていません
でしたが、使っていくうちに良さを実感しました。なんといっても価格が
とても魅力的です。新品8万円台前半、という価格設定は嬉しいですね。

中古では、キヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMがほぼ同水準です。
旧型感がさすがに大きくなったキヤノンよりも、新しいという点で選ぶ、
それだけでも意味があると思います。写りも十分に満足できるレベルで、
動物園撮影でも活躍してくれそうです。このクラスの望遠があるけれど、
とんでもなく高いソニーなどでは、MC-11を併用してこれを使うという
ユーザーも増えそうです。使い方によって、大きな満足感も得られます。

ここ最近のレンズはどれもこれもよく写ります。好みという点で、未だに
古いレンズを多用していますが、こうした機会で新しいレンズを使って、
尚且つそのフィールドが動物園だった場合、思うところはあるわけです。
「良い」と「好き」のどちらを取るか、目的意識がしっかり必要ですね。

ちなみに、撮影はかみね動物園で行いました。次の目標は100回です ! !
と、ここまで書いていますが。写真は王子動物園のシタツンガでした。
b0016600_7232611.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO)
by keiji_takayama | 2017-05-05 07:23 | 王子動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama