2017年 03月 05日 ( 1 )

撞木鳥

上野動物園の東園で、ひっそりと暮らしているシュモクドリ。
名前を聞いても、あまりピンと来ない。「シュモク」ってなんだ ?
というのが、最初の感想だと思う。漢字で書くと「撞木」である。

撞木とは、梵鐘を撞(つ)き鳴らす際に用いる撥のことなのだが、
シュモクドリの頭部がこの「撞木」に見えることが、不思議な名の
由来だという。これを知ると、なんだか神々しく感じられるのだ。

東園の鳥たちを撮ろうと思う際には、シュモクドリは欠かせない。
それほど広くはないケージにいるのだけど、割とじっとしている。
ちょこまか動いたりすることも少ないので、けっこう撮りやすい。
そんなわけで、この日も立ち寄ってみた。ところが、最初に撮った
写真を後で見返して愕然とした。数コマ撮っているのだが、まさに
間違いが起きてしまった。すべてピントが合っていなかったのだ。
それも、ちょっとズレたというレベルではない。なぜこんなことに
なったのか、検証が必要なくらいだった。全部ボツにして削除して
しまったけれど、悲惨極まりない。ただ、そのことはわかっていた
らしくて、別の時間にまた訪問して撮っていた。それでなんとか、
載せられたようなものである。そして、頭の形をなるべく見せたい
と考えているので、どうしても横顔を撮りたくなる。檻がなかなか
厳しいというか、距離が近いのでコントラストも低めになるけど、
シュモクドリの風貌はなかなか面白い。成功率は意外と低いけど、
撮っておくと意外なストックとして役立ってくれる。助かる存在。

そんなわけで、そろそろ写真のストックが少なくなってきました。
もうちょっと頑張れるけど、このまま撮りに行けないとマズイぞ。
そんなことを思っています。好きな写真ばかり撮っているわけには
いかないし、なかなか両立は難しいですね。別館はまだ安泰です。
b0016600_737397.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-03-05 07:37 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama