2017年 03月 04日 ( 1 )

西陽とダルマワシ

さて、パンダを撮って帰ろうか。そんなことを思い、西園から再び
戻ってきた。上野動物園でのこと。レンズを担いでふらふら歩き、
なんとなく猛禽舎の前を通りかかった。ダルマワシに目が留まる。
西陽を浴びていて、とても凜々しい姿を見せていた。光が良くて、
これはいいシチュエーションだと感じた。しかし、檻の真正面には
ニコンのカメラを持った女性がいて、写真を撮っていた。隙間から
大きなレンズを入れるのはちょっと忍びない、でもファインダーで
このシーンを見てみたい、そんなことを感じつつ最初は見ていた。

15時59分から撮影開始。女性はずっとカメラを向けていたけど、
小柄だった。その後ろからレンズを入れ、抜いて撮ることにした。
やっぱり凜々しく、カッコいい。そう思いながらシャッターを数回
切ってみた。檻の影が体に出ているが、これは露出補正を使ったら
そこそこ目立たなくすることもできる。そんなことを考えていた。

最初はヨコ位置で撮っていたのだが、やはりタテのほうがしっくり
来ると思い、4コマ目から変えてそのまま10カット撮影してみた。
最後のコマは16時5分に撮っている。ちなみにこれは16時1分。
きりっと遠くを見据えている目線がとても良かった。嬉しくなる。

これですっかり気分を良くしてパンダのところに向かったのだが、
こちらのほうは800mmの画角では全く合わなかった。一番後ろに
下がっても、顔だけしかフレームに入らない。それでもなんとか、
形にしようとあれこれ試してみた。まぁそれはそれでいいけれど、
さすがにここには載せられない。というわけで全ボツにしたのだ。

これを撮ったのは2月17日だから、もう2週間前になる。早くて
とても困ってしまう。撮影活動も、なかなか楽ではないのである。
b0016600_7234083.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-03-04 07:24 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama