夢と現実

威厳のある姿を見せてくれたシベリアオオヤマネコ。かなり好きだけど、飼育している
動物園が少ないことに加え、やや小さめのスペースであることが多いので、イメージの
通りに撮影できることは殆どありません。ガラスや檻のない環境で見てみたい動物の、
上位に位置しています。王子動物園ではガラス越し。しかし、いいところに座っていて
くれたので、押さえることができました。フレーミングでカットしてしまいましたが、
耳の上にも毛が生えています。これをちゃんと全部入れて、こう撮りたいという考えは
あるのですが、実現するのは厳しそう。どこかで何とか、ならないものかなぁ・・・。
b0016600_12382170.jpg

AB (30D/EF300mmf2.8L)
Commented by MrsW-garden at 2007-03-11 12:52
耳の上の毛束があるのとないのとでは大違いの見た目ですね。
この写真だとミュージカル「CATS」のメイクみたいですけど、全部入るといろんな疑問やら感情やらが一気に噴出してきます。
Commented by はるか at 2007-03-11 14:44 x
こんにちわ。
Lynxlynxですね(*^-^)。
このピョコッ!とアンテナ(笑)のように立った黒い毛が
すっごく特徴的ですよね!
以前お友達に写真を見せていただいたときに
思わず耳に釘付けになっちゃいました。
あと、瞳の周りの白い縁取りも・・・(o^-^o)

この精悍そうな面構えがなんとも言えずいいですよね。
部分で見るのと全体で見るのとでは大きくイメージが
変わるようで、『見る楽しみ』のある種ですね☆
Commented by keiji_takayama at 2007-03-11 18:51
☆MrsW-gardenさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんですよ、これがあるのとないのとではかなり異なります。
ミュージカル「CATS」のメイク、ホントにその通りです。そういう
発想が出てこなかったのですが、こうして教えてもらうとそのもの。
頭の上の毛もきっちり入れて、背景を工夫したら面白いのになぁ。
Commented by keiji_takayama at 2007-03-11 18:51
☆はるかさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうそう、リンクスです。この黒い毛が特徴なんですよね。
写真を撮る点では欠かせないけれど、構図を考えるとどうも
気になってしまうんですね。なかなかうまくいかなくて・・・。
瞳の周りの白い縁取りと、ちょっともこもこした毛の雰囲気、
これがミュージカル「CATS」のメイクを彷彿とさせるのです。
こうしてアップで見ると顔立ちのきりっとしたところが目立つ
けれど、全体を見るとすごく神秘的なイメージになります。
これをそのままいかした絵をイメージしてるのですが・・・。
by keiji_takayama | 2007-03-11 12:38 | 王子動物園 | Comments(4)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama