α900が欲しい

どうもここ最近、機材に対する物欲がなくなっている。
で、すっかり忘れていたけど、ふと気付いたらソニーα900の価格が
また随分と下がっていて、すっかり買いやすくなっていた。
もともとこのカメラはスタイルがとても好きで、かつファインダーが
とても見やすいため、いつか1度使ってみたいと思っていたのである。
店頭でちらりと見たのだけど、良品ランクで59,400円だった。
これはたいへんに興味がある。ついつい買ってしまいそうなレベルだ。

この当時のフルサイズ機だと、EOS5DとかニコンD700がライバルだ。
2つとも大きな人気があり、かつ流通量も比較的豊富なので、さすがに
新鮮味には欠けるところもある。しかしα900はその点で差別化できる。
性能とは全く違うところでやや地味な印象は否めなかったし、どこかの
撮影地に行っても、とんでもなく少数派だった。それが逆に良いのだ。

で、レンズ。これはもう、絶対にこれと決めているものがある。
それは、プラナーT*50mmF1.4 ZA SSM。大きくてカッコいい。
これをα900に装着すると、あら不思議。どこからどう見ても、80年代
フィルムカメラのようなスタイルになる。見飽きない。見とれてしまう。
とはいえ、レンズはさすがに安くはない。良品だと83,160円もする。

これでちょっと引っかかるが、とても魅力的なことに変わりはない。
何かを売って買うというまでにはいかないし、困りものなのである。
b0016600_0301992.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 )
by keiji_takayama | 2017-12-06 23:31 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama