遅いメモリーカード

必要に刈られて、というか研修に必要なのでSDカードを購入した。
32GBを2 枚。EXCERIA PROという銘柄だ。黒基調のシンプルな
スタイルである。速度の表示があって、95MB/sと書かれている。

写真を撮る身なので、もちろんカードはいくつか所有している。
フィルムと同様の使い方をしたかったので、以前は512MBのCFを
使っていた。ところが、カメラの進化に伴い撮れる枚数がどんどん
減ってきてしまったので、仕方なく容量の大きいものに変えてきた。
そんなわけで、手元にあるカードと比較するとなかなか興味深い。
もともと連写をあまりせず、ドライブモードは1コマ撮りにしている。
動画は撮らないので、4K対応にする必要性はゼロなのだった。
そんな事情で、なかなかカードは買わない。買ったとしても別店舗で
販売している1000円以下のものばかりだ。これの速度を見てみると、
SDカードが48MB/s、45MB/s、30MB/s。CFカードになるとさらに
遅くて、15MB/s、20MB/s、45MB/sだった。これでよくやってると
直感的に感じてしまったのだが、昔からどうも物持ちが良くて、1度
購入するとずっと使い続けるという習性があるらしい。スペックだけ
見てしまうと「え、まだそれ使ってるの ? 」ということになるが、
まだどころか現役バリバリである。なので、大容量カードも少ない。

今回買うまでは、32GBなんてカードは1枚しか持っていなかった。
16GBが3枚、8GBと4GBがそれぞれ5枚。これはSDカードだが、
CFのほうは貰った64GBが1枚あるだけで、あとは8GBが5枚、
2GBが6枚。こうやって調べたのは初めてだが、可笑しな結果だ。

というわけで、そのうちCFカードは同じタイプが必要になるかも
しれないのだが、今の使い方を続けている限り、重要ではない。
カメラ、レンズがあって、メモリーカードもそれなりのものを使う
必要があって、だったらパソコンもということになる。写真を撮る
その瞬間を最高点としているので、あとからどうこうもしないし、
時代に逆行した感がある。しかし、実はそれが一番満足なのだ。
b0016600_6551153.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-11 06:55 | 浜松市動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama