GWと中森明菜の思い出

去年のGWに何をしていたか、と聞かれて即座には答えが出ない。
ちょっと考え、結局何も思い出せずに「仕事してた」と答えるだろう。
しかし、実際は1日かもしれないが、休日があったはずである。
ここのブログを遡れば、その答えが書いてあるかもしれない。
去年のことさえそんな感じなので、これが数年先だと完全にアウト。
何をしていたか全く覚えていない。「記憶にございません」である。

だが、ハッキリ覚えているのが1日だけある。昭和60年5月3日だ。
この日、埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園で、「明菜ランド」の公演が
開催された。「明菜ランド」は、中森明菜の野外イベント。年に数回だが、
日頃テレビの中でしか見られない「明菜」が歌うところを撮影できた。

カメラ小僧デビューしたのは昭和59年1月。当時は高校生だった。
その前、中学3年の頃だが、明菜のファンだった。「セカンド・ラブ」の
頃である。LPレコードを4枚、「気になる視線」だったか、本も買った。
そんな経緯があるので、いつか撮る機会があるといい、そう思っていた。
とはいえ、もうその頃には日本を代表するアーティストになっていた。
写真など撮れるはずもない。「レッツゴーヤング」や「歌のトップ10」で
姿を見る程度である。カメラ小僧のキャリアを積むに従って、なんとか
撮る機会がないだろうかと伺っていた。その大きなチャンスだった。

当時の機材はペンタックスLXと400mmだったが、この撮影のために、
500mmF4.5を買った。レンズ名はすごいが、EDなどの低分散ガラスは
使われておらず、当時の定価でも12万で買える。最短撮影距離はなんと
10mだった。まさに子供だましのようなレンズだが、これで大きく撮れる
とワクワクしたものだ。多くの友人に恵まれたおかげで、ポジションも
そこそこの位置を用意してもらえた。ステージが始まり、明菜が歌う姿を
ファインダー上で大きく捉えられたときは、とても感動したものだ。
他のタレントではこうはいかない。「中森明菜」とはそういう存在である。

このことだけが、今も記憶に残っている。ここでどういうことがあった、
どの曲を歌った、何を話した、そんなことは覚えていないのだが、この日
明菜を撮ったということ、それだけが記憶に残るGWの思い出である。
b0016600_895678.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-05-03 08:10 | 浜松市動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama