まるで初夏のかみね動物園

19日の話ですが、かみね動物園に出掛けてきました。今年2回目です。
ちょっと出るのが遅くなりましたが、なんとか9時半に到着しました。
とてもいい天気と言いたいところだけど、カンカン照りになりまして。
これはしんどくなるのではないかと予想していました。朝からどうも、
いつもと違うと感じていましたが、それの正体が掴めないまま時間だけ
進んでいくという感じ。結果的に、かみね史上最大の悪い結果でした。

ピーカンで苦しんでいたところに、昼過ぎには突然天候が悪くなって、
落雷を伴う雨が降ってきました。仕方ないので休憩所に寄ってみたら、
団体さんが来ていて超満員です。席が取れないので、そのまましばらく
雨宿りしていました。やがて雨が上がり、再び写真を撮り始めたものの
どういうわけか、全く手応えが掴めません。チャンスも少なくて、全く
波に乗れない感じでした。それがすべてだったような気がしています。

そして、悪いことは重なるもの。かみね動物園ではこれまで何度も撮影
したことのある、オスライオンの「きぼう」が全く撮れませんでした。
午後から外の運動場に出てきたのですが、どうにも落ち着きがなくて、
出入り口付近をずっとウロウロ歩き回っていました。暑かったのが理由
かもしれないのですが、いつものようにお立ち台に上って、鋭い目線を
周囲に向けるなんてことは皆無でした。これはとても残念です。なんと
1 コマもシャッターを切りませんでした。こういうこともある、それは
確かにそうなんですが。それと合わせて、写真の出来が全体的にとても
悪かったですね。ボツと言っても過言ではないくらい、イマイチです。

それでも拾う神ありです。閉園近くになったらカバが泳ぎ始めました。
こっち向いてくれるだろうか、なんてことを思いながらレンズを構えて
しばらく待っていたら、こちらに向かってきてくれたので、のんびりと
寛いでいるところを。こういうシーン、目が開いている、閉めているの
どちらを選ぶかによってイメージが随分と変わります。手前と背景には
散った桜の花びらがあり、風情があります。それを踏まえ、瞑っている
ほうがいいと考えました。それにしても暑かった。まるで初夏でした。
b0016600_831254.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-20 08:31 | かみね動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31