凛々しいバユさん

八木山動物公園のトラたち。最後のお出ましとなるのはバユさんです。
子供たちがまず順番にやってきて、最後に母さん登場 ! というわけですね。

案内板によると、岩の上で寛ぐ凛々しい姿には威厳があり、親しみの感情を
あまり表には出さないものの、優しい目でそっと見つめてくれるそうです。
初日は夕方にちょろっと滞在しただけでしたが、ちょっと暑そうだったけど
岩の上にいるところは見ることができました。そして翌日。この日は朝から
日差しが強くてまさに真夏の様相。子供たちは岩の上に登りませんでした。

なんどか足を運んで様子を見ていましたが、バユさんが出てきた時間帯では
ヒトの子供たちが画用紙を持って、トラの前に座り込んでいます。写生会が
催されているようで、親御さんとともに、熱心にスケッチをしていました。
というわけで、前のほうからガラスにレンズをくっつけて撮ることはできず。
しかしここは後ろから狙うほうが好みです。そのまましばらく待つことに。

少ししたら、茂みのところにいたバユさんが立ち上がり、左の方に移動して
視界から消えてしまいました。そのうち戻ってくるかと待機していましたが、
一向に帰ってくる気配がありません。写生している親子はいつしか1組に。
これは何かあるぞと思って、向かった場所に移動してみました。そうしたら、
草むらのところで寛いでいるところを発見。運良くこの場所からは素通しで
狙うことができます。ちょっと遠いけど、迷った末に超望遠を持って来たのが
正解でした。こちらはなかなか過ごしやすい様子で、しばし独占できました。

やがて、気配を察したのかさきほどの親子がやってきたので、バトンタッチ。
凛々しいところが描けたのではないでしようか。作品を見てみたいですね。
b0016600_7494512.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-08-27 07:50 | 八木山動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama