中古で楽しむ ! MF300mmf2.8

さて、いよいよ300mmf2.8である。サンニッパなどと呼ばれて、いつの時代でも
変わらず憧れの存在だ。アイドル写真の世界では、のめり込んだ奴はだいたいまず
これを購入したものだ。それまでとは完全に違った写真が撮れるからである。だが
それを使っていくうちに、300mmでは足りなくなってくる。たいていの現場では
テレコンを装着することになるからだ。そして500mmとか600mmに移行する。
実はまさにこのパターンだった。ペンタックス300mmからキヤノン500mmへ。
でも不思議なもので、ウィンドウにこのテのレンズがあるとなぜかワクワクする。

・ペンタックスSMCペンタックスA☆300mmf2.8ED ¥147,000
・オリンパス ズイコー350mmf2.8 ¥304,500(数が圧倒的に少ない)
・キヤノンNewFD300mmf2.8L ¥84,000(ブームを作った大人気レンズ)
・キヤノンFD300mmf2.8S.S.C.フローライト ¥126,000(緑ライン)
・キヤノンFL300mmf2.8 ¥68,250
・コンタックス テレアポテッサー300mmf2.8AE G ¥315,000(定価200万)
・ニコンAi-Sニッコール300mmf2.8ED ¥94,500(キヤノンと人気を2分)
・ニコンAiニッコール 300mmf2.8ED ¥84,000
・タムロン300mmf2.8LD ¥57,750(純正以外では初。白かった)
・タムロン300mmf2.8LD 60B ¥68,250(テレコン付きで人気があった)
・タムロン300mmf2.8LD 360B ¥78,750
・シグマ300mmf2.8APO ZEN ¥63,000(小型軽量がウリ)
・トキナーAT-X 300mmf2.8 ¥36,750(長いフードが自慢)

レンズメーカーも黙っていたわけではなく、タムロンが最初に製品化した。しかし
お世辞にも戦力と呼べる代物ではなかった。とにかく操作性が悪かったのである。
2代目の60Bは1.4倍のテレコンを標準装備したこともあり、アイドルのイベント
に行くとキヤノン、ニコンの次に多かったレンズである。当時シグマは人気がなく、
トキナーが頑張っていた。AT-Xシリーズだった300/2.8は使ったことがあるが、
思っていたよりしっかりしていた印象がある。今なら最安値レベルで買えるから、
ちょっと遊びでサンニッパの世界を覗き見するには最適だ。まずは開放で使おう。
b0016600_1024075.jpg

AB (E-P1/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-02-25 10:03 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31