中古で楽しむ ! MF400mmレンズ

ここ最近は300mmという画角を標準ズームでもカバーするようになった。これは
ある意味とてもすごいことなのだ。カメラを買ったその日から 、300mmを持つ。
マニュアル全盛の頃にはちよっと考えられなかったことである。実際、この画角を
知るのは写真を撮り始めてそこそこの年月が経過してからだった。鉄道を撮るため
購入した300mmが、アイドル写真では完全に足らなくなったのだ。そこで、次の
ステップと考えたのが400mm。ここで初めて超望遠を知ることに。昭和60年の
ちょうど今頃だったと思う。トキナー400mmf5.6。中古を2万円で購入、これが
けっこう活躍してくれた。そんな思い出のある400mmだが、これもアダプターで
楽しめるレンズの1つである。マイクロフォーサーズで使えばなんと800mmだ。
このf5.6クラスの400mmは各社が競って発売していた。中古価格を比べてみる。

・ペンタックス SMCタクマー400mmf5.6 ¥28,350
・ペンタックス SMCペンタックスM400mmf5.6 ¥10,500
・ペンタックス SMCペンタックスA400mmf5.6  ¥31,500
・オリンパス ズイコー400mmf6.3 ¥42,000
・キヤノンFD400mmf4.5S.S.C. ¥42,000
・キヤノンNewFD400mmf4.5 ¥21,000
・ニコン Aiニッコール400mmf5.6ED ¥33,600
・ニコン Ai-Sニッコール400mmf5.6ED ¥47,250
・ミノルタMDロッコール400mmf5.6APO ¥89,250
・ミノルタNewMDロッコール400mmf5.6APO ¥73,500
・コニカAR400mmf5.6 ¥47,250
・シグマAPOマクロ400mmf5.6 ¥8,400
・トキナーSL400mmf5.6N ¥8,400
・トキナー400mmf5.6SD ¥11,550

これらのレンズは総じてフィルム時代のものであり、かなり古いのだが、まだまだ
相場がちゃんと成り立っているのが驚きだ。もともと定価が高かったこともある。
ミノルタは27万円もした。それに加えて、市場に流通している数も少ないので、
30年近くたった今でも9万円近い値で並ぶことがある。ペンタックスMタイプは
かなり安い。かつてはMXのカタログにカッコ良く載っていたものだが、さすがに
見る影もなくなってしまった。トキナーやシグマは、入門用として最適だと思う。
b0016600_21592131.jpg

AB (1D MarkⅢ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-04 21:59 | 宇都宮動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama