NEX-7。販売雑感

予想通りというか、同じ立場ならたぶんそうしていただろう。開店から、NEX-7の
引き取りなどで店は混雑していた。待ちに待ったカメラだし 、購入するお客さんも
嬉しそうだったのが印象的だ。それまでのNEXシリーズからの買い替えも目立つが
思っていたより新規購入のケースが多かった。で、展示品を触ったりしたのだが、
とてもいいカメラであった。とにかく操作性が抜群に気に入ったのだ。手にすると
そのホールディングの良さをすぐ感じることができた。カメラは小さいのだけど、
大きなシステムカメラを持っているような安心感。シャッターボタンの位置が良く
自然と人差し指の腹の部分でカメラを固定できる。まさに、絶妙な味付けである。

操作部にある2つのダイヤルは、かつて携帯電話に採用していたジョグダイヤルを
彷彿とさせるもの。これが実に操作しやすい。例えば絞り優先AEの場合では、左が
設定した絞り値、右が露出補正である。これは素速い操作が可能 。慣れたらかなり
使いやすいだろう。真っ黒なボディは高級感があり、古いレンズを装着してみると
なかなか渋いスタイルになりそうである。こうした硬派な一面があるかと思うと、
内蔵ストロボはスイッチを押すと、からくり箱のようにバビューン!と出てくる。
これがなんだかとても面白くて、ついついボタンを押してしまう。かなり楽しめる
カメラだった。ここまでかなり好印象。ズバリ欲しい。実写も気になるところだ。

価格はボディが11万6800円 、レンズキットは12万9800円 。キットが人気だ。
b0016600_21211058.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-01-27 21:19 | 八木山動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama