富士山

昨年、動物園以外で最も多く写真を撮りに行った場所。これは富士山である。遊びに
行くことはあっても撮影で向かうことはないと思っていた。被写体として魅力があり
ハマッてしまうだろうと考えていたからである。魅力に取り憑かれ、富士山の近くに
引っ越してしまったという人も多いと聞く。時間と余裕があったら、じっくりと挑戦
してみたい、という程度だったので、優先順位は低かったのだ。ところが、昨年から
ツアーでいろいろな被写体を担当するようになり、やはり人気ということで富士山に
行く機会が大きく増えた。時には全く見えなくて残念なこともあったけれど、朝から
姿が見えるとそれだけでワクワクしてしまう。お客様も同じで、行きのバスから姿を
確認できると、それだけで車内の空気が一変するほどなのだ。現地でお客様と一緒に
写真を撮ることも多い。その結果思ったことは、富士山はフィルムで撮りたいという
ことである。理由はハッキリしないけど、じっくり狙ってみたい。作品という縛りも
なくて、とにかく姿をいろいろ撮ってみたいのだ。そして、35mmではなく中判で。
6×7とか6×6あたりで撮りたいと思う。といっても、かなり先の話になりそうだ。
b0016600_1228977.jpg

AB (7D/NewFD500mmf4.5L)
Commented by 蓮見 at 2012-01-22 15:37 x
箱根写真美術館の館長が長時間露光で素晴らしい富士山の写真を撮っています。
強羅駅からすぐで、2階建ての小ぢんまりとした美術館とカフェを併設しています。
1階は富士山の写真が展示替えしますが常設されていて、2階は企画展示です。

写歴が短いというのもありますが、今まで見たことのない雰囲気の写真に魅了されてしまい、ますますフィルムを撮りたくなりました。
館長も素敵な方です。
Commented by keiji_takayama at 2012-01-26 23:16
☆蓮見さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
箱根にも写真美術館があるんですね、これは知りませんでした(笑)
富士山はもうあちこちで写真展が開かれていたり、写真集が出たり、
被写体としての人気も日本一だと思います。そして、これほどまでに
フィルムとデジタルの差が残る被写体も、唯一の存在と言っていいと
思っています。フィルムの圧倒的な描写が、デジタルになると驚くほど
薄っぺらくなってしまうんですね。この点が最も大きな理由なのです。
フィルムで撮ってみたい、そう思えるのは今のところ富士山だけです。

箱根に行く機会があって近くを通ったら、立ち寄ってみたいですね。
by keiji_takayama | 2012-01-14 12:27 | 八木山動物公園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama