視力低下

どうにも視力の低下が著しい。というよりも注意力が散漫なだけかもしれないが。
レジを打とうとして、何回か大きなミスをする直前で回避した。500円の硬貨を、
100円玉と見間違えたり、2300円+税金の書籍を、3300円+税金で打ったり。
確かな決定をもってそういう判断をしたわけで、よくよく見直してみると両方とも
間違えていた。これはかなりマズいことである。見えているのに認識していない、
ということになる。どうもここ最近もの覚えが悪いと自覚しているのだが、それと
何か関係があるのだろうか。職場でいよいよ、メガネを使う必要に迫られている。

以前は毎日クルマを運転していたので、日常生活でもメガネを使っていた。ただ、
長時間かけていると頭が痛くなる。イライラするのだ。なので、ここ数年はたとえ
支障があっても使用を避けていた。それで困ることがなかったから、という理由も
あるのだが、もうそんなことは言ってられない。で、写真を撮るときは視度補正の
レンズ−4を使い、内蔵の視度調整もフルマイナスにしている。換算すると−7と
いうことになり、これがないと写真どころではないのだ。肉眼では完全にピントが
ボケている世界は、ファインダーを通すとピントが合う。そんなイメージなのだ。
b0016600_23491689.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2011-05-18 23:48 | 王子動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama