大関陥落

数日前から気にしていた大相撲の話。新聞にも大きく載っていた。

カド番だった大関琴奨菊が8敗目を喫した。次の春場所での転落が
決定してしまったのだ。大関は2場所連続して負け越すと、関脇に
落ちてしまう。ただ 、次の場所で10勝すれば大関に復帰できる。

ここで驚くのは、去年初場所の優勝力士が琴奨菊だということだ。
14勝1敗という堂々の成績で、日本出身力士としては10年振りの
優勝を成し遂げた。その後も、見ていないけどいくつかのテレビに
出演したりして、いきなり時の人になったのである。思い出すのは
次の春場所が近いというタイミング。ニッポン放送のラジオ番組で
相撲の展望を予測する内容のコーナーがあった。ゲストで来ていた
やくみつる氏がここで、琴奨菊の優勝は絶対にない、綱取りもダメ
というなかなか衝撃的な予想をしていた。理由は稽古ができてない
ということだった。優勝の祝賀会やイベント、テレビの出演に追わ
れて準備が整っていない。という点を指摘していたのである。蓋を
開けたらその通りで、8勝7敗だった。もともとそんなに大勝ちを
する大関ではないという印象だったが、それにしても。これは些か
残念だった。そこからこの1年は、ケガが増えていたようである。

大関在位は32場所で、4年も務めていた。紙面には敗れる瞬間の、
悔しそうなというよりは無念の表情をした琴奨菊の姿が載っていた。
両ヒザにぐるぐる巻かれたテーピングが痛々しい。これだとさすがに
「土俵際で踏ん張り、馬力を出してがぶり寄る」という持ち味が影を
潜めるのも致し方ない。なんとか奮起してまた上がってほしいけど、
このテーピングを見てしまうと、厳しい。と感じざるを得なくなる。

「負けて終わりじゃない。やめたら 、終わり。」という談話が記事に
なっていた。これは響くものがある。続けることの方が難しいのだ。
ちなみに。小さい扱いだったが、大関の照ノ富士は来場所がカド番。

写真は東武のヘビクイワシ。そういえば、千葉では撮ってないなぁ。
b0016600_9155211.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
# by keiji_takayama | 2017-01-21 09:16 | 東武動物公園 | Trackback | Comments(0)
カメラのキタムラといえば、知名度が最も高いカメラ店だろう。
写真を趣味にしているなら、1度は必ずその名前を聞くと思う。
地方などをクルマで走っていると、赤い看板がよく目に付く。
それぞれの地域に根ざしたチェーン店、という印象が大きい。

Yahooのトップページにも掲載されていたが、写真界では比較的
大きなニュースという位置付けだった。「カメラのキタムラ」が、
今年の2月末をメドに、22店舗を閉店するという。2016年9月の
時点で、カメラのキタムラは全国に850店もあった。これだけでも
かなりビックリする。今の店の前に働いていた「セキカメラ」は、
神奈川県の鶴見、大船などに数店舗あるだけだった。比べるまでも
ないレベルではあるが、こういう話を聞くとどうしても思い出す。

カメラの売上は毎年どんどん下がっている。写真を撮るのに苦労が
なくなったわけだし、裾野もすっかり広がった。ある意味でこれは
自業自得といえるのかもしれないが、新しいカメラやスタイルなど、
製品の進化とは反比例しているように感じる。ニュースによれば、
閉店の理由として挙げられているのが、スマホ販売の落ち込みだ。
カメラ販売が伸び悩み、スマホの販売に力を入れていたところに、
総務省による「実質0円」とする値引きを規制する指導が入った。
これがスマホの売れ行きに大きな影響を与え、閉店に追い込まれた
というのだ。理由はこれだけではなく、プリントの減少などもあり、
もともと採算が取れなかった店舗から、ということかもしれない。

とはいえ、ここは国内最大のカメラ店である。これでそのまま転落、
なんてことにはならないだろう。中古の分野にこれまで以上の力を
注ぎ込んでくるかもしれないし、そうなれば無関心ではいられない。
キタムラの強いところは、クラブツーリズムと組んでいることだ。
写真ツアーと絡めれば、ちょっと考えるだけでも複数のアイディアが
浮かんでくる。お客さんの囲い込みが、今まで以上に進みそうである。

写真は東武で撮影したカット。どこかの外人さんみたいな雰囲気です。
口元を見ると、「ニヤリ」としてそう。いや、「ふっ。」という感じかな。
b0016600_9381155.jpg

(1D X /EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM)
# by keiji_takayama | 2017-01-20 09:38 | 東武動物公園 | Trackback | Comments(0)

不完全燃焼

本日は、よこはま動物園ズーラシアに行ってきました。
先日、多摩に行く際は松屋に寄り、朝定食を食べると書いたのですが、
ズーラシアの場合はすき家になります。今回も無事に食べられました。
到着は11時ちょっと前くらい。スタンプはこれで3つになりました。

さて、順番に回って行きましたが、ちょっと雲行きが怪しい感じです。
最初のゾウは迎えてくれましたが、オランウータンは姿が見えません。
トラはそっぽを向いていて、ウンピョウは見つけたけれど爆睡中です。
フランソワルトンでようやく少し撮ったけど、ゴールデンターキンは、
またしても姿がありません。レッサーパンダはなんとか。でもちょっと
写真そのものがダメ。カワウソとホッキョクグマは引きだけ。なかなか
波に乗れないなあと思っていたら、結局流れは変わらず。そのままただ
のんびりと、10kg以上ある機材を担いで園内を散歩していた感じです。
体を鍛えるという意味では収穫はあったかもしれないけど、なかなかに
厳しい展開となりました。使ったのはキヤノン。1DXと7DMarkIIの、
ダブルメイン体制でした。結果的には100-400mmのズームを装着した、
1DXのほうが使用頻度は高かったですね。7DMarkIIは120コマでした。

サバンナエリアでも大きな収穫はなし。いつものように、閉園時間が近く
なるタイミングでトラのところに戻ってはみたけれど、こちらもアウト。
なんとなく不完全燃焼な1日でした。次は戻らず、ずっとサバンナかな。

写真はアカカンガルー。寝たくて寝たくて、横になったりもしていたのに
虫がブンブン飛んでいて、気になってしまう様子。とても気の毒でした。
b0016600_214477.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
# by keiji_takayama | 2017-01-19 21:04 | ズーラシア | Trackback | Comments(0)

久しぶりの姿

アメリカプロングホーンは、金沢動物園を代表する動物の1つだ。
国内では唯一の個体となる。名前は「ブッチ」さんである。
ここしばらく、なかなかその姿を撮影する機会に恵まれなかった。
過去の記事を見てみると、最後に掲載したのは2014年12月。
しかも、ネタがなくて全身の写真を苦し紛れに載せていた。
ここから2年以上。何回か金沢動物園には出かけているのだが、
屋外と室内の出入りを自由にさせていることもあり、運動場での
様子を見られないでいた。そして今回も、そうだと思っていた。

プロングホーンのいる「アメリカ区」には、坂道を上っていく。
これの中腹くらいにスペースが開けていて、そこで見られるのだ。
とはいえ、これまでのこともあるので「今日もダメだろう」と、
半分以上は諦めていた。それが長く続いていることもあるのだが、
姿を拝むことができればラッキー、くらいに考えていたのである。
そして、視界に入ったプロングホーンのところ。おや。。。あれ。。。!
まさにそんな感じだった。なんと、以前見たままのように、静かに
佇んでいたのだった。元気に動いていたり、走ったりはしないけど、
そこにいてくれたことがなんだか嬉しかったのである。もうかなりの
長生きだし、そこそこ弱ってきてもいるようだけど、いつものように
そこで姿を見られることが有り難く感じた。特に何かをしたわけでは
ないのだけど、こうして撮れて良かった。目線もしっかりしている。
のんびりしていたが、1度あくびをした。それだけでもう満足だった。

撮らせてもらったお礼を伝え、ぐるっと回ってオオツノヒツジを見に
移動した。俯瞰するとプロングホーンの運動場が見える。少しして、
ふと目を向けると姿が消え、室内のほうに移動している最中だった。

今回はとてもいいタイミングだったようだ。早く行くといいことがある。
b0016600_8132646.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
# by keiji_takayama | 2017-01-19 08:13 | 金沢動物園 | Trackback | Comments(0)

もうすぐCP+

年が変わって10日ほどしか経っていない頃、CP+のチラシが届いた。
毎年2月の終わりに開かれる、大きなカメラ・写真イベントである。
もともとは「日本カメラショー」「写真用品ショー」という別々の名前で
開催されていたのだが、これがいつしか1つになり、横浜で開かれる。
しばらく行ってなかったのだが、数年前に再び出かけるようになった。

さて、今年のCP+は2月23日から26日までの日程だ。
案内を眺めていると、去年と大きく変わったところがある。
無料で開催されていた、エンジョイフォトセミナーが消えているのだ。
そうかと思えば、学生限定の「公募から就職までを考える」セミナーが
開催される。しかもこれ、日本広告写真協会が主催する。かなり本気だ。

毎年ここのブログでも記事にしている、エンジニアのディスカッションは
今年も開催されるようだ。25日には画像処理のセミナーがある。最近は、
メーカーのブースを回るよりも、こうしたセミナーのほうに興味があるが、
今年は話題の新製品が去年と比べるとやや薄い印象なので、いくらか静かな
イベントになりそうだ。近年どんどん増えている、メーカーブースでの
セミナーは今回もあちこちで開催されるだろう。それを聴いてみたい。

とまあ書いてみたけど、実際はそうそう休めない。初日だけ行く予定。

写真はかみね動物園のきぼうくん。かみねの写真、今回は意外と不作で
載せられるカットが思っていたより少ないのが発覚。また行かないと。
b0016600_7384690.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM)
# by keiji_takayama | 2017-01-18 07:39 | かみね動物園 | Trackback | Comments(0)

金沢の撮影メモ

金沢動物園で撮った写真を見返してみました。サブとして使っていた
E-M5には、12-40mm、35-100mm、100-300mmの3本を、その場の
状況に応じ付け替えていましたが、メインのE-M1には400mmだけ。
ここ最近は、こういうスタイルが定着しています。軽いのは楽ですね。

さて、E-M1で撮影した写真の内訳は下記のようなものでした。

キリン(9)
アメリカプロングホーン(27)
シロイワヤギ(3)
アメリカバク(4)
インドガウル(121)
インドゾウ(6)
スーチョワンバーラル(60)
ホンシュウジカ(55)
オオカンガルー(50)

ガウルが圧倒的に多かったですね。まぁこれはいつものパターン。
イメージ通りにいかないことが多くて、ついついカットが増えます。
キリンはもうちょっとたくさん撮りたかったのだけど、最初に寄った時に
少し撮影しただけでした。サブ機でそこそこシャッターを押してるけど、
あとでまた来て撮ろうと思ったら、その「あと」がなかったわけです。
ホンシュウジカが意外というか、思っていたよりたくさん撮ってました。
最近はあまり撮ることもなかったのだけど、久々にカメラを向けてみたら
表情が面白かったですね。あそうそう、プロングホーンも久しぶりです。
カンガルーはとても見やすくなり、眺めてしまうことが増えました。
今回はけっこう、時間をかけて狙うことが多かったように感じています。

写真は最後に撮ったオオカンガルー。ここはとても楽しく変わりました。
夕方近くなると、カンガルーがスペースを飛び回ります。それを見ていた
ミニカンガルー。真似して「ぴょん、ぴょん」言いながら跳ねてました。
柔らかい表情ですが、口元に草を銜えてるところはおっさんのイメージ。
b0016600_7362763.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
# by keiji_takayama | 2017-01-17 07:36 | 金沢動物園 | Trackback | Comments(0)

スタンプ獲得大作戦

休日だったので、横浜市立金沢動物園に行ってきました。
とりあえず、会員証のスタンプを増やすことも目的の1つです。
ズーラシアにしようかと思ったのですが、そういえば日曜日。
混雑が予想できたので、それを避ける意味もあり金沢にしました。
天気予報では数年に1度の寒波が来ているらしく、さすがに朝から
寒さを感じました。でも、道路は大きな混雑もなく助かりました。

駐車場にクルマを停めると、隣にポルシェカイエンがやってきました。
中から出てきたのは家族4人。お子さんは2人とも女の子です。
小学生くらいでしょうか、動物園を楽しみにしている様子でした。
歩いている時にも一緒になったのですが、「広くていいね〜」とか、
「森の中にいるみたい ! 」と喜んでいる様子。ワクワクしている
気持ちがこちらにも伝わってきました。楽しんでもらえたかな。

園内は午後から家族連れで賑わいました。さすがは日曜日です。
子どもたちの発言に耳を傾けてみたら、いろいろと楽しめました。
「カンガルーはポッケがあるから、ドラエもんみたい」など、
女の子の観察が興味深かったですね。みんな元気いっぱいでした。

カメラはオリンパスと、今年初使用になったNewFD400mmです。
サブと合わせて500コマくらい撮りました。13時くらいから陽が
隠れてしまい、より寒さを感じることに。レンズの重さには一脚が
悲鳴を上げて、撮影時にズルズル下がってくる始末。何度も位置を
直さなければならず、ちょっと困った撮影でした。人気ナンバー1は
インドゾウです。よく動き、見事なパフォーマンスも見せてくれました。
横一列に並んで、たくさんのお客さんが釘付け。大盛り上がりです。

写真はそんなワンシーン。牙の下側と付け根を見たのは初めてでした。
b0016600_815715.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
# by keiji_takayama | 2017-01-16 08:15 | 金沢動物園 | Trackback | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama